• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

科学とイノベーションの間にあるもの

  • 常盤 文克

バックナンバー

2009年10月27日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 近代社会の発展において、科学は重要な役割を果たしてきました。科学によって技術が進化し、新しいモノが生まれ、人々の生活は豊かになりました。現在の私たちの生活が、科学の力があってこそ成り立っているのは、まぎれもない事実でしょう。

 その一方で、弊害も生まれています。科学は要素還元的なアプローチで物事の解明に迫ります。結果として科学や技術自身が細分化され、物事を見る視点が細かい方へ小さい方へと偏ってしまうのです。

 「虫の目」「鳥の目」という言葉があります。これは、地を這う虫のように物事を近いところから複眼でよく見ること、また空を飛ぶ鳥のように物事の全体を高いところから俯瞰して見ることを指します。科学の視点に立つと、どうしても虫の目で物事の細部に迫るので、逆に物事を一歩引いて鳥の目で全体から見る視点が欠けてしまいがちです。

「虫の目」では全体像が見えてこない

 つまり、科学に傾きすぎると、部分は見えても物事の全体像は見えてこなくなります。物事の部分に焦点を当てて対処するやり方は、病気の対症療法に似ています。胃が痛い、頭が痛いといった一部の症状を見て、胃薬や鎮痛剤を飲むようなものでしょう。病気の原因は、身体のシステムの乱れからくるもので、決して1つの症状だけでは判断できません。一部の症状にだけ対処し続けると、かえって人間本来の自然治癒力を弱らせ、ときには身体全体のバランスを歪めてしまうことすらあります。

 世の中の事象すべてを科学で説明できるわけではありません。ましてや、人の集合体であり、生き物とも言える企業の活動を、完全に数値化することなど極めて困難です。仮に科学で説明または実証できる部分が全体の20~30%だとしても、だからといって残りの70~80%を「非科学的だ」という理由で排除することはできません。あまり科学にこだわると、その対極にあるもの(現時点では科学で説明できないもの)を認めようとしなくなります。これは怖いことです。

 科学で説明できることが全て正しいわけでもありません。いま科学的だと言われているものにも、怪しいものがたくさんあります。むしろ一見科学的に見える似非(えせ)科学を何の疑いもなく信じてしまうことの方が問題です。特に要注意だと感じているのは、最近の流行として「脳科学では」という切り出しで、いかにも科学的らしく物事を説明することです。

 科学、科学と言い過ぎると、科学が一人歩きするようになってしまいます。米国のサブプライム問題に端を発した金融危機も、元はと言えば金融工学という科学と密接な関係があります。人と人との関わりで成り立っている金融経済というものを、人から切り離して、科学(数学)の世界だけで利益を追求するシステムを作り上げたのです。このシステムの矛盾が一気に湧き出し、金融危機を招いたのです。これは結局、科学への過信が先行し、金融経済から人の要素を遠ざけてしまったことが問題だったのだと思います。

 ところで、「科学」の対義語は何でしょうか。「非科学」ではありません。私は「直感」または「直観」だと思っています。それは科学的には説明できなくても、物事を面白いとか怪しいとか、不思議だとか、物事の真相を感じ取る心の働き、作用と言ってもいいでしょう。

 直感と直観という言葉は重なり合うところがありますが、ここで強調したいのは、心で感じて頭で処理する「直観」――説明や証明を経ないで、物事の本質を精神が直接に知的に把握する働きまたは作用――です。この直観こそが、人間にとって、仕事にとって重要なのです。知的直観と言ってもいいでしょう。これは、豊富な知識と経験の蓄積によって裏打ちされた能力で、物事の深いところで瞬時に判断できる能力です。いわゆる動物的な勘とは違います。経営トップの重要事項に関する判断は、この直観であり、必ずしも科学的思考によるものではないと思います。

 そう考えると、これは我々の日常の仕事にも言えます。

コメント3

「常盤文克の「新・日本型経営を探る」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長