• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ディスカウントしか打つ手はないのか?

売り上げ3倍増を実現する5つの方法

  • 大久保 恒夫

バックナンバー

2009年11月16日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 不況で売り上げが苦戦する時代に、世の中はディスカウント合戦になっている。ディスカウントして一時的に売り上げが増えることもあったが、次第に売り上げが伸びなくなっている。

 以前にも説明したように、ディスカウントは需要の先食いや、他商品からの買い換えのスイッチ買いであることが多い。ディスカウントするということは、単価が下がっているということである。

 単価が下がった分を補うだけの数量をさばかないと売り上げは増えないし、長期的に売上数量を増やしていかないと売り上げは結局は落ちていく。ディスカウントをして他店舗の売り上げを奪っても、競争相手も対抗してディスカウントしてくるから奪い合いになり、泥沼のディスカウント合戦になるだけで、結果として売り上げは縮小していく。

分かっていてもやめられない?

 ディスカウントして売り上げが減ると、大変なことになる。ディスカウントすると粗利率が下がることが多いから、粗利額は減少する。単価が下がっていて売上数量は増えているから、数量に比例して投入する人件費はこれまでよりかかる。粗利額が減少し、人件費は増加しているのだから、営業利益は大幅に減少する。

 「それは分かっている、でもどうしようもないんだ」という声が聞こえてきそうだ。不況で価格志向が強くなっているから、ディスカウントしないと売り上げは落ちていく。「競争相手もディスカウントしているから、こっちも対抗上ディスカウントしないと生き残れないんだ」「耐えるしかない、コストを削減して何とか乗り切るんだ」と考え、決死の覚悟でディスカウントしているのだろう。

 本当にどうしようもないのだろうか。私は価格以外の魅力で売り上げにつなげる方法はあると考えている。理想論だとか机上の空論だとか言われると困るので、実際に経営者として取り組んできたことを説明してみたい。

 成城石井はディスカウントしていないが、売り上げは増えてきている。高額品が売れない時代である。高級志向の食品スーパーマーケットの売り上げは、百貨店なみに大幅に落ち込んでいるところが多い。その中でディスカウントしないで、どうやって売り上げを確保しているのか――。

ファン作りは、気持ちのいい挨拶から

 まず一番大切にしているのはお店のファンを増やすこと、つまり固定客を増やすことである。

 小売業の売り上げの大半は、固定客からである。固定客の売り上げを増やさないと、長期的な売り上げの増加にはならない。チラシで価格を下げると、価格の魅力でたまたま来店するお客様が増加する。が、そのお客様はほかの店舗にチラシで安い商品があると、その店舗に行ってしまい、短期的な売り上げ増にしかならない。

 ではどうやって固定客を増やすかである。固定客というと、小売業の会員カードを発行すれば、固定客は増えることを思いつく。九州にあるドラッグストアの社長をしていた時、150万枚という大量の会員カードを発行していたので、会員カードの拡大策を実施した。

 確かにカードの会員数は増加したが、固定客が増加したという感じではなかった。お客様は何枚もカードを持っているので、会員カードを持っていただいても、固定客とはならないのが実感であった。

 お客様はいつも行く店舗を決めていることが多い。そのいつも行く店舗を変更する大きな理由が、「店員の感じが悪かった」である。店舗に行かない理由として、「価格が高い」「品質が悪い」に勝るとも劣らない多さである。お店のファンを増やすために、感じのいい挨拶をすること、感じのいい接客をすることは非常に重要であると考えている。

画像のクリックで拡大表示

 成城石井では感じのいい挨拶は最重要課題となっている。「売り上げは気にしなくてもいいから、挨拶をしっかりするように」というのが経営方針である。小売業に関わり30年経ったが、ファンを増やし、固定客を増やすには、基本を徹底するしかないというのが私の信念である。

 基本の徹底で重要なのは、挨拶とクリンリネスと品切れ削減の3つである。だから成城石井では、この3つを最重要課題としているのである。

コメント6件コメント/レビュー

接客が大切というの、確かにその通り。ただ、ABC分析はあまり頼りにしてはまずいと思ってます。POSの問題点は、昔から言われていることですが、自社で扱っているものしかわからないこと。a,b,cという商品を求めてきたお客さんが、cが見つからなかった場合、aもbも買わないで全部そろう店で買うことにするなんて良くあることでしょう。▼ISMですか...、この手の調査でいつも思うことなんですが、日々実際に買物してればなんなくわかることに大金をかけて調査するのってどうなんでしょうね。周りの説得用ということでしょうか。(2009/11/17)

「小売業に夢を翔けて」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

接客が大切というの、確かにその通り。ただ、ABC分析はあまり頼りにしてはまずいと思ってます。POSの問題点は、昔から言われていることですが、自社で扱っているものしかわからないこと。a,b,cという商品を求めてきたお客さんが、cが見つからなかった場合、aもbも買わないで全部そろう店で買うことにするなんて良くあることでしょう。▼ISMですか...、この手の調査でいつも思うことなんですが、日々実際に買物してればなんなくわかることに大金をかけて調査するのってどうなんでしょうね。周りの説得用ということでしょうか。(2009/11/17)

>第3は在庫を多くし、積み上げることである。お客様は豊富感があると買いたくなるようだ。これは、どうなんでしょう?残り僅かのほうが売れるのでは、とは素人考えでしょうか。売り切れてると欲しくなるということはありますね。(2009/11/16)

 露骨に書く訳にはいかないが、戦後長く続いた中流国家の幻想が崩れ、上流と下流に二極分化してしまった日本市場において、下流のディスカウントの泥沼に沈むか、上流のプレミアムの果実を取りに行くかの岐路に立たされているのが日本の小売業界なのではないでしょうか?(2009/11/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長