• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第7回 景気回復を遅らせている日本の「あうん」経営

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2009年11月16日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回の世界的不況からの脱出には、政府や日銀、多くの経済評論家の方々が予想していたよりも時間がかかりそうです。米国で長年蓄積、内在していた雇用格差と経済格差の問題が一気に噴き出したわけですが、日本も米国型経営を追随してしまったために、同じ問題を抱えてしまったのです。

 モノを買うのが大好きだったアメリカ人の多くが、雇用格差と経済格差によって購買力を失い、「買いたくても買えない」ためにモノが売れなくなった。日本でも「1億総中流」という言葉は死語となり、多くの人がかつての値段ではモノを買えなくなってしまった。では輸出すればと考えますが、米国発の不況が世界に蔓延しているために、海外でも売れない。

 格安ジーンズの価格競争は限界を超え、デパートまでもが野菜やスーツの安売り競争に参戦しています。ウォルマートのように事業戦略としてイチ抜けするためにやっているのではなく、しないと生き残れないから参戦しているのです。短期間でブランドを構築した優等生スターバックスが、低価格のインスタントコーヒーの販売に乗り出すなんて誰が想像したでしょう(関連記事)。

 中小の経営者の中には、報酬を全額返上したうえで、さらに資産まで持ち出して生き残りをかけている人も少なくないでしょうから、「経営者全員が」とは言いません。経営者の一部を含む巨額の報酬を得ている人たちに申し上げたいのは、「あなたが世の中にもたらした価値の分だけ儲けるのはいいですが、残りは頑張ったみんなで分かち合わないと、世の中はどんどん悪くなる一方ですよ」ということです。

 「経営者は従業員とともにあり、お客様や社会のために一生懸命汗を流して働き、儲かったらみんなと社会で分かち合う」。これがかつての日本企業の伝統でした。「自分さえ儲かっていればいい、従業員に払う賃金は少なければ少ないほどいい」と考える経営者も少なからずいたでしょうが、そんな経営者ばかりだったら日本に「1億総中流」は生まれなかったはずです。

老舗大国・日本の強さの秘訣

 帝国データバンク著の『百年続く企業の条件』(朝日新書)によれば、日本には100年以上続く“老舗”企業が、同社が把握しているだけで約2万社、200年以上の老舗も約1000社あるそうです。別の調査によれば、世界中で250年続いている企業の3社に2社は日本企業だとか。日本は世界一の「老舗大国」なのです。

 帝国データバンクの調査によると、老舗企業の77.6%、すなわち4社に3社が企業理念に当たる家訓・社是・社訓を持っていて、これらを大切にしてきたことが長生きの秘訣のようです。伝承共有の仕方は、「明文化している」と「口伝されている」が半々。明文がある会社にも、別に口伝されている内容もあることでしょう。

 「老舗企業として大事なことを漢字1字で表すと?」の質問に対し、圧倒的な支持を集めて1位だったのは「信」だそうです。2位以下は、「誠」「継」「心」「真」と続きます。各社はそれぞれの考え方や経験をもとに、独自に大切にしていくべきことを言葉にまとめ、社内に浸透、伝承してきました。

 経営者はこれらの言葉を、日々幹部と従業員に伝え、顧客や社会に向けて自ら率先して実践してきたのです。各社にほぼ共通しているのは、「経営者は従業員とともにあり、お客様や社会のために一生懸命汗を流して働き、儲かったらみんなと社会で分かち合う」という基本姿勢。だからこそ顧客や社会に認められ、従業員の雇用を守って長く生きながらえることができたのです。

 今回の不況は100年に1度と呼ばれていますが、100年続く企業にとっては、世界不況や2回の戦争など、もっと大変なことを乗り越えてきたわけで、驚くほどのことではないと言います。日本の老舗企業の強さが改めて注目を浴びているわけですが、今こそ私たちは彼らにならって、各社の理念のもとに経営者と従業員、顧客、社会が共に繁栄できる道を、見つめ直すべきではないでしょうか。

 老舗企業に学ぶべきことは学ぶとして、実は私自身は、今回の不況のタイミングと同じくして起こっているもう1つの問題が気になっています。それは、会社として大切にしていくべき考え方、企業理念が、顧客や社会はもちろん、社内にさえも伝わりにくくなってきていることです。

コメント6件コメント/レビュー

先月、弊社主催で取引先向けに行ったセミナーの内容が「100年企業」でした。とある出版関係の役員さんの講演でしたが、小さな店舗まで含めると、100年企業は10万に達するであろう、という話です。講演者は、自分の足で取材をなさったそうですが、年功序列を肯定していました。私も、若輩者でありながら日本型経営の信奉者です。世界で最も長い、2670年続く王朝で、世界唯一のエンペラーの国。日本進出を狙った海外資本の、貶めんが為の批判的な話を真に受け全てを「自虐史観」で語ってしまうマスコミの煽動。早くみんなで気付いて、本来の力を発揮したいですね。(2009/11/20)

「武田斉紀の「企業理念は会社のマニフェスト」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

先月、弊社主催で取引先向けに行ったセミナーの内容が「100年企業」でした。とある出版関係の役員さんの講演でしたが、小さな店舗まで含めると、100年企業は10万に達するであろう、という話です。講演者は、自分の足で取材をなさったそうですが、年功序列を肯定していました。私も、若輩者でありながら日本型経営の信奉者です。世界で最も長い、2670年続く王朝で、世界唯一のエンペラーの国。日本進出を狙った海外資本の、貶めんが為の批判的な話を真に受け全てを「自虐史観」で語ってしまうマスコミの煽動。早くみんなで気付いて、本来の力を発揮したいですね。(2009/11/20)

日経BO上で一時期、「腑に落ちる」という表現がブームになりました。企業理念で腑に落ちる書き方になっているものは少ないですね。「説得力を超えた納得力(思わず納得!の意)」という表現を雑誌で見たことがあるのですが、そのぐらいを目指さないと腑に落ちる表現にするのは難しいかもしれません。「試して合点」ぐらいのセンスが欲しいです。(2009/11/19)

先日知人の結婚式に参列した。自分は幼少期教会の日曜学校に通っていて、文語体の難しい文章を分けも分からず読まされていた。キリスト教式の結婚式なので、聖書の言葉の引用が随所に出てくる。しかしながらその言葉は口語体。いわゆる「決まり文句」までも口語体にしてしまっているので、最初は意味が分からなかった。内容は分かりやすいのだが、感動はできなかった。そう、言ってみれば、それは文章であって詩(うた)ではない。相手に動いてもらう為には、「感動させる術(すべ)」が必要なのだと痛感した。(2009/11/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長