• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

内なる魂の声を聴く自由を!

――常識の源流対論 イヴリー・ギトリス+木野雅之 (その2)

2009年11月17日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

その1から読む)

伊東 乾(以下、――) この座談は経済誌に掲載されるものですが、せっかくの大変貴重な機会ですし・・・木野さんもご一緒なので・・・ぜひバイオリン音楽に関するお話も伺いたいと思うんですが・・・・ええと、何から伺ったものか・・・・・・・。

イヴリー・ギトリス(以下、ギトリス) ずいぶん急き込んでいるね、ちょっと1回、深呼吸をしてごらんよ。はい、吸って・・。・

―― (吸う)。

ギトリス 吐いて・・・ねえ、みんなで深呼吸しよう。ちょっと照明の明かりが暑いなぁ。

―― (一同、深呼吸する)

ギトリス どうだい? 落ち着くでしょう?

木野 雅之(以下、木野) そうですね。

―― 本当に。僕は「呼吸が大事」なんてレッスンの本も書いているはずなのに、改めて教えていただいちゃいました・・・バイオリン固有の話題というのは、私が伺うには限界がありますから、考えていたのですが・・・木野さん、バイオリン的に、というか、バイオリニストの立場から、というか、こういう場で多くのリスナーや読者にどんな話が伝わるといいと思いますか?

木野 バイオリン的に、ですか・・・例えばエネスコとかフーベルマンとか・・・?

―― ああ、そうですね。イヴリー、あなたが師事された先生方のことで、今まで余りお話になったことのないことを伺えれば「ニュースソース」として日経ビジネスオンラインとしても意味があると思います。

ギトリス よし、分かった! じゃあ、こんな話はどうかな?

イヴリー・ギトリス氏
イスラエルのバイオリニスト。ロシア系ユダヤ人の両親のもと1922年にイスラエルのハイファで生まれる。ブラームスに愛された大バイオリニスト、ブロニスラフ・フーベルマンに才能を見いだされ、パリ音楽院に留学、ジョルジュ・エネスコとジャック・ティボーに師事。カール・フレッシュの下ではひと夏ジネット・ヌヴー、ヨーゼフ・ハシッドらと共に学んだ。第2次世界大戦中、ユダヤ人のギトリス少年はティボーの家に匿われ名前をイヴリーに変え、ナチス占領下のパリから脱出するが、ロンドンでも空爆に見舞われ、九死に一生を得る。軍需工場での労働や慰問演奏などで活動は制約されたが、第2次世界大戦後、19世紀以来の超絶技巧を伝えるトップ・ソリストとして活動を開始し、1950年代には現代曲の解釈で高い評価を受ける。並行してジャンルを超えたコラボレーションを展開。イアニス・クセナキス、ブルーノ・マデルナなど現代音楽前衛の世界初演から、アフリカの伝統音楽家たちとの即興演奏、1968~71年にかけてはジョン・レノン(ザ・ビートルズ)、エリック・クラプトン、ミッチ・ミッチェル(ジミ・ヘンドリクス・エクスペリエンス)、キース・リチャーズ(ザ・ローリング・ストーンズ)らとのユニットにも参加。フランスでヴァンス音楽祭を開催し、日本には1980年以来頻繁に来演し録音、音楽祭参加、公開レッスンを精力的に行う。1988年よりユネスコ親善大使に就任し「平和教育と文化と寛容さを支持する」と内外に宣言。87歳の現在もオリジナルな音楽活動を旺盛に続けている。(写真:大槻 純一、以下同、「コフィッシュ」「楽譜」の写真を除く)
木野 雅之(きの・まさゆき)氏
1963年東京都生まれ。日比野愛次、篠崎功子、西川重三にバイオリンを学ぶ。桐朋学園を経てロンドンのギルドホール音楽院でイフラ・ニーマン、卒業後はナタン・ミルシテイン、ルッジェロ・リッチ、イヴリー・ギトリスに師事。88年、ギトリスとの共演はフランス、スペインでテレビ放映された。ソリストとしてロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、ベルリン交響楽団、ポーランド国立放送交響楽団、モスクワ放送交響楽団、ロンドン・モーツァルト管弦楽団、エネスコ管弦楽団などと競演。現在はロンドンと東京を本拠地とし、日本国内では名古屋フィルハーモニー交響楽団コンサートマスターを経て日本フィルハーモニー交響楽団、ソロ・コンサートマスターも務める。後進の指導にも情熱を注ぎ、97年から毎夏、長野県白馬村(2007年まで)三重県志摩市合歓の郷(2008年から)にてマスター・クラスを開催、2009年8月には第3回球磨川音楽祭を主催。桐朋学園大学、武蔵野音楽大学でも教鞭を執る。

脈々と続くバイオリニストの系譜

ギトリス 僕が最初にバイオリンを習ったのは6歳の時で、先生はエリシェヴァ・ベリコフスキという人だった。

―― 1928年、イスラエル・ハイファでのことですね?

ギトリス うん。彼女はアドルフ・ブッシュ(1891~1951、ドイツのバイオリニスト。1912年にデビュー、1917年に26歳でベルリン高等音楽院の主任教授に就任し、多くの人材を育てる。1935年、ナチス政権下のドイツからスイスに亡命)の生徒だった。

木野 なるほど。

ギトリス それだけじゃなく、アウアー(レオポルド・アウアー、1845~1930、ハンガリー出身のユダヤ系バイオリン奏者、教育者、指揮者、作曲家。1868~1917年のロシア革命までペテルブルク音楽院で教鞭を執る。1918年にアメリカに渡り、フィラデルフィア・カーティス音楽院で後進を指導。門下からエフレム・ジンバリスト、ミッシャ・エルマン、ナタン・ミルシテイン、ヤッシャ・ハイフェッツなどを輩出)の生徒でもあったんだ。

―― それは大変に貴重なことですね。アウアーはチャイコフスキーからバイオリン協奏曲を献呈され(たのに最初は弾かなかっ)た本人ですから、イヴリー、あなたはまさに直伝で弾いておられることになる。

ギトリス 彼女の次にバイオリンを習ったのは、ミラ・ベン=アミという先生で、彼女はシゲティ(ヨゼフ・シゲティ、1892~1973、ハンガリーのバイオリニスト。ブダペスト音楽院でイェネー・フバイに師事、1904年にブラームスの盟友・ヨーゼフ・ヨアヒムのピアノ伴奏でベートーベンのバイオリン協奏曲を演奏して評価される。第1次世界大戦、ロシア革命の起きた1917年、25歳でスイス・ジュネーヴ音楽院教授。第2次世界大戦中の1940年アメリカに移住、やはり亡命した作曲家=ピアニスト、ベラ・バルトークを伴奏者に演奏活動、バルトークからは多くの作品を献呈されている)の生徒だった。

木野 先生の師匠というと、エネスコの名前が有名ですけれど・・・。

コメント4

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員