• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「松井MVP」はカネで買った?(上)

ヤンキース、札束攻勢で頂点へ

2009年11月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ニューヨーク・ヤンキースとフィラデルフィア・フィリーズとの間で戦われた米メジャーリーグ(MLB)のワールドシリーズは、4勝2敗でヤンキースがフィリーズを退け、9年ぶり27度目の全米チャンピオンに輝きました。優勝を決めた第6戦では、松井秀喜選手が先制の2点本塁打を含む6打点の大活躍で勝利に大きく貢献し(1試合6打点はワールドシリーズのタイ記録)、ワールドシリーズMVPに選出されました。この偉業に日本の野球ファンも大いに盛り上がったことでしょう。米国で観ていても、同じ日本人として誇らしい気持ちになりました。

 しかし、MLB球団で突出して年俸総額の高いヤンキースがプレーオフ進出を決め、MLB球団で唯一3ケタの勝ち星(103勝)を挙げてレギュラーシーズンを終えた前後から、米国では「勝利をカネで買った」「MLBの戦力均衡策は機能していない」という批判が再燃しています。果たしてこうした批判は的を射たものなのでしょうか?

勝利はカネで買える

 ヤンキースは、昨年オフにミルウォーキー・ブリュワーズのエース投手だったC・C・サバシア投手と7年総額1億6100万ドル(約144億円)、トロント・ブルージェイズのエースだったA.J.バーネット投手と5年総額8250万ドル(約75億円)の契約を結びました。総額2億ドルを超える投手補強は功を奏し、今シーズンはサバシア投手が19勝(8敗)、バーネット投手が13勝(9敗)と期待に違わぬ活躍を見せ、この2人だけで32勝の勝ち星をヤンキースにもたらしました。野球は守備が重要なスポーツですから、良い投手を獲得することが勝利への一番の近道になるわけです。

 この他にも、ヤンキースはロサンゼルス・エンゼルスのマーク・ティシェラ内野手と8年総額1億8000万ドル(約162億円)の契約を結ぶなど、結局2009年シーズンのチーム年俸総額がMLB全30球団中、唯一2億ドルを突破するほどの大型補強に踏み切りました。2009年のMLBのチーム平均年俸総額は約8834万ドル(約80億円)ですから、約2億145万ドル(約180億円)を注ぎ込んだヤンキースは、平均的なMLBチームの約2.3倍のカネを選手に注ぎ込んだことになります。

 このように、ヤンキースはMLBの中でも「カネ持ちチーム」の象徴的な存在です。特に今シーズンは、カネ持ち球団が多くの勝ち星を挙げました。以下は、今シーズンのMLB30球団の年俸総額をグラフにしたものですが、プレーオフに進出した8チーム(青)のうち、6チームが年俸総額で上位半分にランクインしているチームでした。リーグ優勝決定戦に進出した4チームはいずれも年俸総額が1億ドル以上のチーム(年俸上位9位以上)でした。逆に、各地区の最下位だった6チーム(赤)は、全て年俸総額が下位半分のチームです。

コメント3件コメント/レビュー

鈴木氏のHPで2007年のMLBのデータがあった。勝利数と年俸の相関はp=0.0022、r=0.530で、有意に正の単相関が見られた。強いとはいえないが、相関はあった。年俸1億ドル以上で分けると、1億ドル以上チームは12で、平均85勝、SD7.9、未満は19チームで平均78勝、SD9.4、t検定ではp=0.041だが、正規分布していなければ、ノンパラで見るので、M.W.のU検定ではp=0.062と有意ではない。有意ではないと見てよいが、年俸が高いチームのほうが勝率は高い傾向があると思われる。80勝以上のチームは16で、年俸の平均は107MDで、SD37、79勝以下は15チームで、平均77MD、SD21であり、p=0.011となり、有意に勝ち越すチームの年俸が高い。ノンパラでもp=0.0086で、有意差が出た。(2009/11/19)

オススメ情報

「鈴木友也の「米国スポーツビジネス最前線」」のバックナンバー

一覧

「「松井MVP」はカネで買った?(上)」の著者

鈴木 友也

鈴木 友也(すずき・ともや)

トランスインサイト代表

ニューヨークに拠点を置くスポーツマーケティング会社、「トランスインサイト」代表。一橋大学法学部卒、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)出身。スポーツ経営学修士。中央大学非常勤講師

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

鈴木氏のHPで2007年のMLBのデータがあった。勝利数と年俸の相関はp=0.0022、r=0.530で、有意に正の単相関が見られた。強いとはいえないが、相関はあった。年俸1億ドル以上で分けると、1億ドル以上チームは12で、平均85勝、SD7.9、未満は19チームで平均78勝、SD9.4、t検定ではp=0.041だが、正規分布していなければ、ノンパラで見るので、M.W.のU検定ではp=0.062と有意ではない。有意ではないと見てよいが、年俸が高いチームのほうが勝率は高い傾向があると思われる。80勝以上のチームは16で、年俸の平均は107MDで、SD37、79勝以下は15チームで、平均77MD、SD21であり、p=0.011となり、有意に勝ち越すチームの年俸が高い。ノンパラでもp=0.0086で、有意差が出た。(2009/11/19)

* 1億ドル~1億5000万ドル(8チーム) :平均勝利数86.6* 5000万ドル~1億ドル(18チーム) :平均勝利数78.3* 5000万ドル以下(3チーム) :平均勝利数74.7についても、ばらつき、標準偏差か誤差が出てないから、有意な差があるかないか、さっぱりわからない。このような印象操作で文章を書くべきではない。自分の結論を導くために、数字を恣意的に利用しているのではないかと言う疑問が出る。それよりも、勝利数80以下とそれより多い群で、年俸の額に有意差があるかを、2群間の比較をするほうがいい。勝ち越すためには、年俸を増やして優秀な選手を雇わなければいけないのか。統計処理をきちんとすべきである。この程度の統計処理を、日経はできないのであろうか?そんなことで経済専門誌と言えるのか?わざとごまかして、数字を出さないと疑われてもしょうがない。(2009/11/19)

毎回統計で文句を言うのだが、年俸と勝利数のグラフはNYYが飛び離れているので、それをはずずと、あまり相関が強くないように見える。できれば、有意なのかP値を出して欲しいし、どの程度の強い相関があるのか、r値を示して欲しい。もし計算していないのであれば、グラフは出さないほうがいい。アメリカ人は地元意識が強いのである。わたしが留学していたときは、隣の州にMLBがあり、それを応援に行ったが、回りのアメリカ人は隣の州はよその国であり、地元の3流の弱い1Aの野球や2軍のバスケ、4軍のアイスホッケーなどを応援していた。弱くても、地元のプロチームを応援するのである。日本とは意識がだいぶ違うのである。(2009/11/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

今は一等地に支店を持って、 給料の高い行員をたくさん配置していることが、 むしろマイナスにもなりかねない。

森 信親 金融庁長官