• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【第18話】ものぐさ人間に捧げる英語上達法

2009年11月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ここに、ショッキングなデータがあります。次の表をご覧ください。

■ アジア24カ国の英語力ランキング(TOEFL:300点満点)

1位 シンガポール 255点
2位 パキスタン 238点
2位 フィリピン 238点
4位 インド 236点
5位 スリランカ 234点
9位 韓国 218点
13位 中国 216点
23位 北朝鮮 193点
24位 日本 192点

 具体的な調査機関名は失念してしまいましたが、2005年から2006年にかけて、ある調査機関がアジア24カ国を対象に英語力の調査を行ったそうです。結果はというと――日本は何となんと24カ国中24位! 一瞬目を疑い、次に目を覆いたくなるような結果です。

日本人が最も苦手なもの

 1位から4位までの国は英語を公用語にしていますから脇に置くとしても、お隣の韓国(218点)や中国(216点)にも、日本(192点)は1馬身か2馬身ほどリードされています。

 もちろん、この種の調査は誰を対象にどうやって調べたかという点を十分に吟味したうえでなければ、正しい評価はできないものです。しかし、その点を理解してもなお、「何たることよ!」という嘆息を禁じえません。

 その一方で、嘆いてばかりもいられない現実があります。これは大手の某人材斡旋会社の社長から聞いた話ですが、中途採用者を面接する時に必ず尋ねる質問が2つあるそうです。1つは「あなたはパソコンが使いこなせますか?」。そしてもう1つが、「英語はどのくらいできますか?」。そういえば、私もかつて社長職を務めていた時には、面接の際によくこの質問をしたものです。

 グローバル化の波がひたひたと押し寄せてくる中でビジネスキャリアを築こうと考えている人にとっては、英語力は不可欠のスキルといってよいでしょう。それなりに組織の階段を昇りたいという意欲のある人だったら、“ビジネス上の道具”としての英語能力は必須とも言えます。

日本人の英語力が伸びないワケ

 そもそも、日本人の英語がなかなか“使える英語”にならないのはなぜでしょうか? 私は、その理由は少なくとも4つあると考えています。

■理由1:学校教育に難あり!

 最近では義務教育でも英会話を重視した英語の授業を推進しているようですが、つい最近までは、学校で教える英語と言えば文法や読解力に偏ったものでした。英語の先生の多くが「英語を読んで書くことはできるが、話すのはちょっと…」という状況では、コミュニケーションの武器としての“使える実用英語”を身につけることは極めて困難です。

■ 理由2:「間違えたら恥ずかしい」という思いが上達を阻んでいる

 『菊と刀』で知られる米国の文化人類学者ルース・ベネディクトは、日本人の価値観を「恥の文化」という言葉で表しました。

コメント4件コメント/レビュー

確かに中国人の発音は“R"もきれいです。中国語にはその発音があるからです。フランス語も得意と思います。ある中国人の話を聞いていてフランス語かと思いましたから(私は中国語は苦手)。でも、一般の人は(高校卒でも)英語は日本人とどっこいどっこいか、それ以下です。中学英語が地域によっては必修でないところもあるそうです。ロシア語や韓国語、あるいは東南アジアに近い所ならその言語が選択されるのかもしれません。当然ながら、一流大学の学生たちは新入生合宿などでみっちり仕込まれ、それは素晴らしい英語の使い手です。CCTV で毎年おこなわれるスピーチコンテスト出場者たちは突出しています。ただし、私が教鞭を取る地方の大学は英語専攻生以外は日本と同じ。中国の教育は徹底した暗記主義。科挙の昔からそういう伝統で応用力のなさは呆れることがありますが、この暗記主義が語学学習にはぴったりなのかも。日本の英語下手は授業カリキュラムのせいにされたりしますが、語学には暗記がいずれにしてもつきもの。こつこつが必要なのです。中高の英語学習+語彙で十分話せます。ただし聞き取りは難しいです。これはもう訓練次第。自分も相手同様の速さの話し方ができるよう真似ることが大事です。実際にそのスピードで話せる必要はありませんが。いずれにしろ、語彙が豊かなら何とか聞き取れますし、相手に確かめることもできます。要するに、中国人の得意な暗記がものを言うわけです。(2009/11/30)

「リーダーのための“新”武士道 伝説の外資トップがあなたのメンターになる!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

確かに中国人の発音は“R"もきれいです。中国語にはその発音があるからです。フランス語も得意と思います。ある中国人の話を聞いていてフランス語かと思いましたから(私は中国語は苦手)。でも、一般の人は(高校卒でも)英語は日本人とどっこいどっこいか、それ以下です。中学英語が地域によっては必修でないところもあるそうです。ロシア語や韓国語、あるいは東南アジアに近い所ならその言語が選択されるのかもしれません。当然ながら、一流大学の学生たちは新入生合宿などでみっちり仕込まれ、それは素晴らしい英語の使い手です。CCTV で毎年おこなわれるスピーチコンテスト出場者たちは突出しています。ただし、私が教鞭を取る地方の大学は英語専攻生以外は日本と同じ。中国の教育は徹底した暗記主義。科挙の昔からそういう伝統で応用力のなさは呆れることがありますが、この暗記主義が語学学習にはぴったりなのかも。日本の英語下手は授業カリキュラムのせいにされたりしますが、語学には暗記がいずれにしてもつきもの。こつこつが必要なのです。中高の英語学習+語彙で十分話せます。ただし聞き取りは難しいです。これはもう訓練次第。自分も相手同様の速さの話し方ができるよう真似ることが大事です。実際にそのスピードで話せる必要はありませんが。いずれにしろ、語彙が豊かなら何とか聞き取れますし、相手に確かめることもできます。要するに、中国人の得意な暗記がものを言うわけです。(2009/11/30)

筆者がいみじくも「“ビジネス上の道具”としての英語能力」と書かれていますが、英語力を1つの“道具”として割り切って、総合的な「コミュニケーション力」を付ける訓練こそが、むしろ日本人には有益と感じます。私はエンジニアで海外の企業との共同開発を担当していますが、自分も相手も英語力はひどいレベルです。でもそれ以外にも、「図面」「仕様書」「技術用語」といった共通の“道具”を持っています。そういった“他の道具”を駆使する一方で、英語の表現自体は難しい言い回しを排除してシンプルで簡単な表現にした方が、「コミュニケーション(=意思疎通)」の質は高まると感じております。また、このやり方は、「英語が苦手」としているメンバーにも抵抗感が無く、積極的に参加すること可能という大きなメリットもあります。確かに、帰国子女が使うような「流暢な英語」が喋れれば便利かもしれません。でも、「“ビジネス上の道具”としての英語能力」の理想型はもっと別の場所にあるのでは無いか、と個人的には感じます。(2009/11/26)

やはり英語は、難しいです、特に中高年には。英語を使って仕事をしてる者がそんなことを言うとちょっとだめなんですが。USでもう10年ですが、やはり子供の方がはるかに上手です。また、映画やテレビなんかでも私は60-70%くらいしか判らずですが、ちょっとあそこではどう言ったのかといったことを子供に聞いて笑われる始末です。日本語の中にもいろいろなカタカナ表示があるのですが、あれがどうも良くないようです。一度あれに慣れてしまうと所謂Janglishになってしまい、どうしようもないですね。しかし、やっぱ日本人は英語が下手ですね。成田のあの呼び出しとかを聞いていてももっとちょっとはましな英語でやって欲しいと思います。(2009/11/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長