• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

内藤vs興毅は選手だけでない、興行主の“戦い”

話題性と興行人気のビミョーな関係を探る

  • 菊地 眞弓,WITH三波 毒夫

バックナンバー

2009年11月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

人物紹介

菊地 眞弓:レースクイーンやミスコン荒らしなど「バブルでGO」を満喫した20代を経て、今や贅沢に飽きてほとんどモノを買わなくなったアラフォー女子

WITH三波 毒夫:流通の現場に出向き、同業者や取引先と情報交換するのが3度のメシよりも好きと言う謎の中年男。「WITH」は、「お客様とともに」を意味する

たまたま出会った2人が「世の中に、気づき・幸せ・役立ちを与える」で意気投合。今日も流通の最前線を歩きます。

WITH三波 毒夫(以下、三波) 今週日曜日、11月29日に、さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)でいよいよ世紀の対決が行われるね!

菊地 眞弓(以下、菊地) プロボクシング、内藤大助さんと亀田興毅さんのWBC世界フライ級タイトルマッチですよね。

画像のクリックで拡大表示

三波 おっ、知っていたの? 格闘技に興味なさそうだから知らないかと(笑)。

菊地 失礼な! 知っていますよ。いろいろなメディアで紹介されていますからね。内藤さんはWBC世界フライ級日本選手最年長防衛記録を更新中ですよね。わざわざ試合会場にまで行って観たいとは思いませんけれど、テレビでは観戦するつもりです。

三波 やっぱり・・・。そこがボクシング業界の課題なんだよね。世間的に盛り上がっても、チケットの実売には必ずしも結びついていない。

 2年前、2007年10月11日に行われた内藤選手vs亀田興毅の弟である大毅選手の対戦も、テレビとしては成功したと言える。平均視聴率は30%を超え、瞬間最大視聴率は40%近くだったから。けれども、チケット販売は苦戦していたらしいんだよね。

 今回の内藤選手vs興毅選手の一戦も「視聴率は40%を超えるのは確実。全番組の年間視聴率でナンバーワンになるかも」との評判なんだよね。テレビ出演などで知名度の高い2人だし、「弟の敵討ち」というストーリーもある。さらに、興毅選手は試合前から内藤選手を挑発、お互いにヒートアップしているからね。

世間の盛り上がりは実需なのか

菊地 格闘技ファンの注目を集めていますね。まさに世紀の“因縁”対決ですね。 そこまで賑わいをみせているのだったら、もっと大きな会場、例えば東京ドーム(東京都文京区)でも満員になりそうに思えますね。

三波 今はテレビ観戦が主流になりつつあって、規模の大きい東京ドームを満席にすることは難しいというのが正直なところだね。

菊地 えっ、では、もしかして当日でも試合会場で観戦できる可能性はまだあるのですか?

三波 格闘技好きの僕としては大変残念な話だけれど、なかなかチケット完売とはいかないらしい。意外に知られていないのだけれど。当日券もあるんだよね。

菊地 でも観客に強面の人が多そうで(汗)、会場は怖いな。

三波 確かに、そんなイメージは否めない。ただし、今回のタイトルマッチを主催する興行主(プロモーター)である宮田ジムは、昨年12月に行われた内藤選手のタイトルマッチで、暴力団全面排除の試みを実施している。試合観戦を安心して楽しめるように、と努力する人たちが出てきていることも知ってほしい。

コメント1件コメント/レビュー

半端者のスポーツ観戦者ですが、失礼ながらボクシングファンこそこの試合はテレビでも十分すぎる位だ(見に行く価値はない)、と思っているのではないでしょうか?単刀直入に言えば技術的、興行的に見に行くだけの価値が感じられない(はっきりいえばテレビで見る時間を割く価値さえあるかどうか自信が無い)、という理由からです。亀田選手が"日本のパッキャオになる"などと言う台詞などが報じられてはいます。正直、彼が正真正銘のパッキャオであれば万難を排してでもプレミアムなチケットを購入する気はありますが、彼は技術面でもスケール感でも間違いなくパッキャオではありません。興行面でも"2年越しの夢のタイトルマッチ"などと文中で記載されてはおりますが、ボクシングの勢力図においてしばしば2年は一昔二昔も前と言って相違がない位過去の事になります。その中で亀田選手のここ二年を見れば疑いなく落ち目の(意地悪い見方をすれば相応の)戦歴としか称しようがない(ライトフライからの転向後OPBFやローカルタイトルどころか主要団体のランカーとの対戦成績すら皆無に近い)訳で、一方の内藤選手にせよキャリアの晩年といって良いトウが立った選手ではある訳ですし、2年前に比べて筆者の言う期待値ほど商品価値が高まっているとはとても思えません。(同程度の価値としても一口目はともかく二口目は食傷傾向に感じる向きが強いでしょう)とはいえ長らく東洋王者だった佐竹政一が主に興行的理由からついに世界挑戦を果たしえなかったように、客と金とがつかなくてはスポーツとして、興行としての質を高めづらいのも事実でしょうからこういった興行面での客寄せパンダも必要かとは思いますし、記事の意図もわからなくはありません。が、客寄せ興行とてその足下には純然たるスポーツ競技者として対戦する幾多のアンダーカードが組まれている訳で、そこら辺のスポットライト下やスポーツ関係者に対する配慮や敬意の有無、亀田や内藤など"メディア王者"に対する通り一遍の報道(ボクシングに限った話ではなく殊にTBSはスポーツ全般における浅薄な報道が目立ちますが)への巷間での食傷傾向や反感の理由を十二分に考慮し、今後はこういった幇間記事ではなく健全に見に行く気にさせる報道を期待したいと思います。(2009/11/27)

「「買わない」私が、気になる売り場」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

半端者のスポーツ観戦者ですが、失礼ながらボクシングファンこそこの試合はテレビでも十分すぎる位だ(見に行く価値はない)、と思っているのではないでしょうか?単刀直入に言えば技術的、興行的に見に行くだけの価値が感じられない(はっきりいえばテレビで見る時間を割く価値さえあるかどうか自信が無い)、という理由からです。亀田選手が"日本のパッキャオになる"などと言う台詞などが報じられてはいます。正直、彼が正真正銘のパッキャオであれば万難を排してでもプレミアムなチケットを購入する気はありますが、彼は技術面でもスケール感でも間違いなくパッキャオではありません。興行面でも"2年越しの夢のタイトルマッチ"などと文中で記載されてはおりますが、ボクシングの勢力図においてしばしば2年は一昔二昔も前と言って相違がない位過去の事になります。その中で亀田選手のここ二年を見れば疑いなく落ち目の(意地悪い見方をすれば相応の)戦歴としか称しようがない(ライトフライからの転向後OPBFやローカルタイトルどころか主要団体のランカーとの対戦成績すら皆無に近い)訳で、一方の内藤選手にせよキャリアの晩年といって良いトウが立った選手ではある訳ですし、2年前に比べて筆者の言う期待値ほど商品価値が高まっているとはとても思えません。(同程度の価値としても一口目はともかく二口目は食傷傾向に感じる向きが強いでしょう)とはいえ長らく東洋王者だった佐竹政一が主に興行的理由からついに世界挑戦を果たしえなかったように、客と金とがつかなくてはスポーツとして、興行としての質を高めづらいのも事実でしょうからこういった興行面での客寄せパンダも必要かとは思いますし、記事の意図もわからなくはありません。が、客寄せ興行とてその足下には純然たるスポーツ競技者として対戦する幾多のアンダーカードが組まれている訳で、そこら辺のスポットライト下やスポーツ関係者に対する配慮や敬意の有無、亀田や内藤など"メディア王者"に対する通り一遍の報道(ボクシングに限った話ではなく殊にTBSはスポーツ全般における浅薄な報道が目立ちますが)への巷間での食傷傾向や反感の理由を十二分に考慮し、今後はこういった幇間記事ではなく健全に見に行く気にさせる報道を期待したいと思います。(2009/11/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長