• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

需要予測に頼るな。裏切られる

『ザ・ゴール』ゴールドラット博士の教え(その2)

  • 大矢 昌浩

バックナンバー

2009年12月8日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回、紹介したように『ザ・ゴール』(ダイヤモンド社)の著者、エリヤフ・ゴールドラット博士が小売業向けにロジスティクスを解説した新刊『ザ・クリスタルボール』(ダイヤモンド社)を発表した。

 クリスタルボールとは文字通り、未来を映す魔法の水晶玉のことで、そんなものはこの世に存在しないということが、物語の出発点になっている。

 ゴールドラット博士によると、米国のスーパーマーケットの欠品率は20年前まで9%だったという。その後、米国では需要予測システムの開発が進み、流通業各社は多額の投資を断行した。

 ところが肝心の欠品率は、現在も9%のまま全く改善されていない。投資は全くムダだったということになる。

売れた分だけ調達しろ

 日本でも2000年代以降、「SCP(Supply Chain Planning=サプライ・チェーン計画システム)」と呼ばれる米国製の高価な需要予測システムを導入する企業が相次いだ。

 当初は大幅な在庫削減や欠品率の改善など、華々しい導入効果が喧伝されていた。しかし、当時導入されたシステムのほとんどが現在は使用されていない。廃棄されている。

 効果が上がっているように見えたのは、予測が当たるようになったからではなく、それまでおろそかにしてきた管理を一時的にやるようになったことが理由だった。

 そのためシステムの導入プロジェクトが終わってしばらくすると、また元の状態に戻ってしまった。システムは信頼を得られず、業務プロセスに定着しなかった。

 モノが売れるという現象は複雑系であり、偶発的でささいな出来事によって大きく結果が左右されてしまう。カオス力学が働く。

 売り上げに影響を及ぼすすべての条件を数値化して入力することは事実上不可能だ。従って、どんなに高度なアルゴリズムを駆使しても、システムで将来の需要を予測することはできないことになる。

 それならば需要予測システムの高度化にムダな投資を重ねるより、予測に頼らない商売の仕組みを作った方がいい。それがゴールドラット博士の提言だ。

 具体的には、予測に基づいて店舗に在庫を配分することをやめて、店頭で売れた分だけ小刻みに補充するようにする。

 つまりジャスト・イン・タイム(JIT)を小売業に適用することで、欠品率を改善する。それによって店舗の在庫量も減る。店舗には売れた商品が補充されるまでのリードタイム分の在庫を持つだけでいい。

コメント2

「すべては倉庫番が知っている」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員