• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

会社はヒマつぶし?

“仮面夫婦”化させる、“白い嘘”だらけの求人広告

2009年12月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「出世したがらない」
 「常に受け身である」
 「二言目には、なぜ僕は評価してもらえないんですか? と言う」

 いずれも、私が幾度となく聞いた、若手社員の扱いに苦労する上司たちの悩みである。

 私たちの世代も「新人類」などと呼ばれていたので、「今どきの若者は…」などとは極力言いたくないのだが、ボヤかずにはいられないほど理解不能な言動を今の若手社員はする。

 つい先日も新人研修の講演会で、
 「私は、この会社にどうしても入りたかったとか、今の仕事を特にやりたかったわけじゃないんです。だから、この先どうしたらいいのか、不安に思っています」と、新人サポート役の先輩たちがいる前であからさまに語る今年度入社の女性社員や、
 「僕の上司は最低のヤツで、裁判でもおこしてやろうかと思うくらいストレスが溜まっています」と、その上司が誰なのか特定できるようなことを、平気で大勢の先輩や同僚の前で暴露する20代後半の男性社員に出会った。

 恐らく、本当に“たまたま”入社したのだろうし、本当にひどい上司なのだろうが、(社内ではあるが)公衆の面前、それも講演会という場で、臆することなくこのように語ることなど普通はしない。少なくとも、私にはできない。

 驚くべき彼らの言動は、それだけでは終わらない。

 「ウソ!」と、思わず耳を疑いたくなるような一言が飛び出した。それは、「なぜ、働くのか?」との私の質問に彼らが返した一言だった。

 「暇つぶしです」
  なんと彼らの多くは、働く理由を「暇つぶし」と言い切ったのだ。

 他にも、
 「仕事をしていないと、時間があまってしまうから」
 「働いていないと、変な人と思われてしまうから」
 「え? だって大学出たら働くのが普通なんじゃないですか?」

 「あっ、そ、そうですか…」。聞いた私が悪かったと思うような答えが相次いだのである。 

 念のため断わっておくが、これらは1つの企業に勤める社員から聞いたものでもないし、特定の会合に集まった社員から出てきたものでもない。今年に入って私が数回行ったインタビューや講義、あるいは講演会に参加した若手社員にランダムに聞いた中で返ってきた意見である。

“レベルが高い”と思われる若手社員が「暇つぶし」と答えた

 暇つぶし…。
 「お金のため」「生活のため」なら、まだわかる。百歩譲って、たとえ本当に「暇つぶし」と思っていたとしても、それを大勢の人がいる講演会場や、初対面の講師の前で、普通は言わないでしょう。 

 だいたい今の20代は、KY(もう古い!)とかなんだとかいって、周りと合わせたり、周りからどう見られているかを気にする世代だったんじゃなかったっけ? 

 ひょっとして、彼らは「暇つぶし」と答えることに対して、少しも恥ずかしさや、気まずさ、抵抗感を感じていないってことなのか。それとも、周りを一切気にせず、車内で化粧する時の心理に近いのだろうか。 

 いずれにしても、昭和世代の私にはどうやったって理解できない。彼らの上司でもなんでもない私ががっかりするのだから、彼らの上司たちが聞いたら、「まあ、そんなもんですよ」と表向きは取り繕いながらも、心の中で「本当かよ」とがっかりすることだろう。

 それに「暇つぶし」を筆頭とする回答はすべて、大手企業に勤める、はたから見れば“レベルが高い”と思われる若手社員の回答である。従って、「暇つぶし」などとぬかす若手社員は、ひょっとすると採用試験の時に「コイツは使えそうだ!」と、採用担当者が太鼓判をおした学生かもしれないわけだ。

コメント67件コメント/レビュー

出世欲がないのは何もゆとり世代だけではなく、30代、40代でも多くいます。理由は簡単、苦労が増えるだけで仕事の楽しみは減る割に、給料が大して上がるワケでもないからです。出世に魅力がないのです、日本の企業は。そこを変えない限り、自ら会社を背負って立つ若手などいつまでたっても現れません。あとは新卒一斉採用っていう今にいたっては非効率な採用方法を止めることです。新入社員に「実は大して入りたくもなかった」なんて言わせているのは、人生にたった一度しかない「新卒」の機会を逃すと正規採用される可能性は限りなくゼロに近い、という狂った現実です。学生側、社員側の質を問うていても問題は解決しませんよ。雇用側から仕事をもらってばかりで視点がおかしくなっていませんか?(2009/12/28)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「会社はヒマつぶし?」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

出世欲がないのは何もゆとり世代だけではなく、30代、40代でも多くいます。理由は簡単、苦労が増えるだけで仕事の楽しみは減る割に、給料が大して上がるワケでもないからです。出世に魅力がないのです、日本の企業は。そこを変えない限り、自ら会社を背負って立つ若手などいつまでたっても現れません。あとは新卒一斉採用っていう今にいたっては非効率な採用方法を止めることです。新入社員に「実は大して入りたくもなかった」なんて言わせているのは、人生にたった一度しかない「新卒」の機会を逃すと正規採用される可能性は限りなくゼロに近い、という狂った現実です。学生側、社員側の質を問うていても問題は解決しませんよ。雇用側から仕事をもらってばかりで視点がおかしくなっていませんか?(2009/12/28)

信じてもいない“社会貢献”だのを企業理念として持っているとお偉方たちに聞かされていると、露悪主義的に反発するのでは?それから、従業員の貢献(彼らのではなく)に対して報酬が少ないと感じた場合もこうなるような。(2009/12/17)

「キャリアレディネス」が高ければ高いほど、就職活動がうまくいかなかった時の落胆、入社後の期待と現実の差に対する落胆は激しいです。「就職することを最優先に考えた」と答える新卒社会人が、約7割もいたとのこと・・・自分は希望職種で内定が出ず、「気に入った会社や仕事に就け」ませんでした。それで就職することがそんなに悪いことでしょうか?結果として、自分は唯一内定が出た会社に就職しました。当初の希望とは違いましたけど、就職4年目の今、やっと仕事が面白くなってきました。昔の新卒は、入社後すぐに会社に適応したんでしょうか?(2009/12/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授