• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「コールド」から脱する3つの仕分け作戦

【課題編】自惚自縛型コールド・ジャパン

  • 細山 和由,黒澤 俊介

バックナンバー

2009年12月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント48件コメント/レビュー

 『コールド・ジャパン』の原因はタダ一つだけです。ずばり「日本人の英語下手」。 言葉が話せなければ、世界進出など画餅でしかありません。『スラムドッグ・ミリオネア』は「英語の映画」だったからそのまま世界進出できたという要素を無視してはいけません。このコラムへの批判コメントのホンネは「英語勉強するのマンドクセ」なのです。(2009/12/21)

「COLD JAPAN(コールド・ジャパン)」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 『コールド・ジャパン』の原因はタダ一つだけです。ずばり「日本人の英語下手」。 言葉が話せなければ、世界進出など画餅でしかありません。『スラムドッグ・ミリオネア』は「英語の映画」だったからそのまま世界進出できたという要素を無視してはいけません。このコラムへの批判コメントのホンネは「英語勉強するのマンドクセ」なのです。(2009/12/21)

間違っていることは言ってないし、納得のできる記事だと思います。もっとも散々言い尽くされてきたことの繰り返しなので、またかと思う読者も多いでしょうし、コメントを見ると全く理解できてない人もいっぱいいますが。> F1とかスポーツとか、日本人が好成績を出すと、ルールが変わりますよね。勝てなくなるように。これ、勘違いしてる人が多いですが、日本人をターゲットにしてるわけじゃないですよ。突出するチームなり個人なりが出てきたら競技自体の面白みが減じますから、それをルールの修正でカバーするのは一つの方法です。サッカーのオフサイドルールがカウンター戦術へのカウンターであったように、ね。(2009/12/20)

日本の多くの会社が海外で仕事が出来ない大きな理由は、企業の経営陣に海外で仕事が出来るような人材がいないことが一番の理由です。その原因の中でも大きな比重を占めるのは、子供の時から異人種との接触がほとんど無く、また、外国語(英語)を話せないからです。こういう人たちは、頭では海外展開をしなくてはいけないとは考えるでしょうが、行動に移すことは積極的に出来ません。それは恐怖を感じてしまうからです。文化を商売にするなとの意見が見受けられますが、日本古来の日舞や生け花などは文化ではないのですか?充分に商売にしていると思いますが。 柔道にしても授業料を取って教えています。また放映権を売って設けているわけです。国内では良くて海外で同じような事をする事に対して反対する事自体理解できません。 (2009/12/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長