• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アフガンで米国は戦争、中国は銅鉱山を取得

資源開発といつも隣り合わせの政治腐敗

  • 谷口 正次

バックナンバー

2009年12月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今、アフガニスタンは権益・公益・サービスなどに絡む政府高官の贈収賄が蔓延し、世界第2位の腐敗国とランク付けされている。第1位は内戦に明け暮れるソマリアである。第3位はミャンマー、第4位がスーダンそして第5位はイラクとなっている(腐敗や汚職の防止を目的に活動するNGO=非政府組織=であるトランスペアレンシー・インターナショナルのTransparency International's rankingによる)。

 ちなみに、最も腐敗が少ない国は、第1位ニュージーランド、第2位デンマーク、第3位シンガポール並びにスウェーデン、そして日本は第17位となっている。

 腐敗の状況が悪くなる一方のアフガニスタンでは、人々の間でささやかれている次のようなジョークがあるそうだ。

 「ある公務員のグループが、ハーミド・カルザイ大統領に面会を求めて次のような質問をした。『腐敗と戦うための大統領のプランを聞かせていただきたい』。すると、カルザイ氏は『私のプランを申し上げよう。しかし、その前にいくらか金をくれなきゃ』と答えた」(Ben Arnoldy: Staff writer of The Christian Science Monitor)

アフガンに世界最大級の銅鉱山

 2009年8月に行われた大統領選挙の不正行為も取り沙汰されたこともあり、米国はじめ西側諸国は、引き続きカルザイ政権をサポートするためには、カルザイ氏が腐敗問題に真剣に取り組まなければならないと警告を発した。

 このような国際社会の強いプレッシャーに対して、11月16日になって、新たに腐敗防止チームを発足させることが発表された。そのチームは米国とインターポール(Interpol=国際刑事警察機構)の助けを借りて活動するというものだ。

 ヒラリー・クリントン米国務長官は、11月15日にアフガン政府は米国の新たな要求を実行することによって、「腐敗した人間を決して野放しにしないことを証明しなければならない」と述べた。

 証明する1つの方法として、イシャク・アラカオ法務長官は、通常の司法手続きでは裁判できない政府高官を、憲法に基づいて裁く特別法廷を設置すると発表した。そして、「アフガニスタンは腐敗のピークにあることを皆が知っている。収賄が疑われている政府首脳陣のリストも持っている。6カ月以内に腐敗を止めることを約束する」と語った。

 さて、このような腐敗にまみれたアフガニスタンにおいて、11月17日のAFP通信(Agence France Pressee)は、2007年11月に中国の国営企業(MCC=China Metallurgical Group Corp)が8億ドルで落札した銅鉱山の探鉱・開発権益取得に当たって、3000万ドルの賄賂をアフガニスタン鉱山大臣(Minister of Mines)モハメッド・イブラヒム・アデル氏(Mohamed Ibrahim Adel)が受け取ったと報じた。その情報源は、米軍の情報部のレポートによるもので、「情報の確度は高い」ということだ。

 アイナク鉱山(Aynak mine)と呼ばれるこの銅鉱山は、首都カブールの南部、ロガール県アイナクにある。確認されている埋蔵量が6億9000万トンで、鉱石の品位が1.65%と高く(大規模露天掘り銅鉱山の一般的な品位は0.5%)、1130万トンの銅が取れるので300億ドルの価値があり、世界最大級と言われる。

 投資額は28億7000万ドルで、アフガニスタンの歴史上最大の外資による直接投資である。しかし、開発地域には電力を供給する発電所はなく、採掘した鉱石を運搬する鉄道もない。従って、投資額の中には400メガワットの石炭火力発電所と鉄道建設などインフラ整備も含まれている。

コメント7件コメント/レビュー

中国がアフガニスタンでやってることは、アフリカなどでやっていることと同じです。開発を掲げてインフラ整備も、というのはあくまでも中国側の都合で行われるもの。決して地元や相手国のためではないので、その整備も偏っています。しかも、それをプロパガンダに利用する際は人助けの装いです。本当に賢い。清濁併せ呑んでGO WEST !なのでしょう。中華の夢よ、再び、も戯言ではない気がします。海外から見ていると、はっきり言って日本は無策のアホです。(2009/12/17)

「資源ウォーズの世界地図」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

中国がアフガニスタンでやってることは、アフリカなどでやっていることと同じです。開発を掲げてインフラ整備も、というのはあくまでも中国側の都合で行われるもの。決して地元や相手国のためではないので、その整備も偏っています。しかも、それをプロパガンダに利用する際は人助けの装いです。本当に賢い。清濁併せ呑んでGO WEST !なのでしょう。中華の夢よ、再び、も戯言ではない気がします。海外から見ていると、はっきり言って日本は無策のアホです。(2009/12/17)

お金で‘支配’するのか、武力で‘支配’するのか?極端でだが、今の現状である。しかし‘武力’をまったく文書の中で触れていないことは、かつてその道を選んだ国:日本出身の筆者が不誠実なこころをはっきりと写しだしているのだ。(2009/12/17)

中国とアフガンの関わりは、タリバンへの武器供与が大きなポイントではないでしょうか。 タリバンで稼いだ金を一方の政府に使う。 北朝鮮の原爆開発も、バックに大きな赤い影がちらつきます。実弾製造は北朝鮮で使うのは中国。国際非難も浴びません。実に賢い。 中国は世界進出ではなく、世界侵略を画策出来る知恵が有りそうです。(2009/12/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長