• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

売上高を5倍にできた最大の要因は会議です

  • 吉越 浩一郎

バックナンバー

2009年12月22日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私が社長を退任するまで、トリンプ・インターナショナル・ジャパンは、19年連続して増収増益を達成しました。この間に、売上高は5倍の規模になりました。バブル崩壊があり、厳しいデフレ不況があったにもかかわらず、です。なぜ、これほど長期にわたって会社を成長させられたのか。その最大の要因は「会議」にあったと私は考えています。

 経営者としては、売り上げを伸ばし、利益を伸ばすことは義務だと思っています。しかし、「売り上げを伸ばせ」「利益を伸ばせ」と部下に言い続けたところで、伸びるわけではありません。それで伸びるならみんなに言ってさえいればいいことになります。

バブル崩壊もデフレも「会議」で乗り越えた

 大事なことは、「やるべきことをきちんとやる」ということです。そうすれば売り上げは自然に伸び、利益は勝手に上がります。それこそ私は社長時代、「増収増益」を目指したこともありませんでした。やるべきことを徹底的にやっていけば、必ず結果はついてくると信じているからです。そして実際そうなりました。やるべきことが回り始めると、面白いように売り上げが上がっていったのです。それはもう、信じられないようなスピードで、でした。

 その、やるべきことをやらせてくれる「環境」を作ってくれたのが、「会議」だったのです。ところが、日本企業の間では、会議はなんとも嫌われ者になっているようです。“忙しいのに”とイヤイヤ社員が会議に参加することも少なくないと耳にします。どうしてそんなことになっているのでしょうか。それは、間違った会議をやっているからです。戦略的に使える会議を、わざわざダメなものにして、まったく役立たないものにしてしまっているのです。

組織をダメにするのは、こんな会議

 つまらないと言われている会議の典型的な例に、こんなものがあります。出席者10人が、順番に現状について報告をする。中には丁寧にパワーポイントで資料まで作っている社員がいて、今、自分は、自分の組織はこうなっている、と報告する。

 発表者が1人3分かかったとしても、10人いれば30分。自分の発表時間以外の27分はじっと聞いている立場。それはつまらないでしょうし、眠くもなるでしょう。単に報告発表を行うだけなら、文書で配ればいいだけの話。それこそ今ならメールであっという間に送れてしまうはずです。みんな忙しいのに、なぜわざわざ集まって行う必要があるのでしょうか。

コメント6

「吉越浩一郎の「結果の出る会議」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官