• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

会社の悩みを解決してくれる早朝会議とは?

  • 吉越 浩一郎

バックナンバー

2010年1月5日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、ひどい会議の例を取り上げました。ただ、そういう会議が日本で行われてしまっているのも、致し方がないかな、とも思います。というのも、日本で売られているベストセラーになったという会議の本を、私は以前に読んだことがあったからです。そこには、信じられないようなアドバイスの数々が並んでいました。

“なぜ、どうして、と質問するのはやめよう”
“犯人捜しをしてはいけない”
“司会は第三者に頼もう”

 これはほんの一例で、それこそ、もうありえない驚愕の内容が続出していました。ところが、こうした、デタラメとしか思えない内容がたくさん書かれた本の中には、なんと10万部を超える売れ行きになったものもあるというのです。

 なるほど、世の中で行われている会議の実態がいかにひどいものか、まさに示していると私は感じました。今やっている会議がうまくいかないので勉強をしようと本を買い求めているはずなのに、こんなものを参考にしていたのでは、まともな会議など、ますますできるはずがない、と思いました。

売り上げ低迷も部下の不満も社内の一体感も…

 100年に一度とも言われる未曾有の不況が襲っています。ここにきて一層多くの課題に直面している企業は少なくないでしょう。私は、その課題をすべて着実に解決していく手段として、間違いなく会議が有効であると断言したいと思います。会議は必ず、あなたの会社や、あなたの組織を変えることができます。例えば、こんな悩みも解決してくれるのが、会議なのです。

・売り上げや利益が低迷している
・従業員に覇気がない
・部下の不満が大きい
・リーダーの意識を部下が理解してくれない
・人材がなかなか育たない
・物事がなかなか決められない
・社内に一体感がない
・現場で起きていることをリーダーが知らない
・社員に当事者意識がない
・派閥ができてしまった

 きちんとした効率のよい会議ができれば、会議はどんどんやるべきだと思います。ただなんとなく集まる、ああでもない、こうでもないと意見を言い合うだけで結論が出ない、ついには多数決で物事を決めてしまう。そんなものは、会議と呼ぶことはできません。会議とはもっと戦略的に使えるものだと思っています。

コメント5

「吉越浩一郎の「結果の出る会議」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック