• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【最終話】リーダーが心を若々しく保つ4つの妙薬

2009年12月22日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2009年も残り少なくなりました。今年2月から始まった当コラムも、実は今回が最終話。有終の美を飾るにふさわしいテーマをあれこれ考えた末、やはり年の瀬には「年」にまつわる話で締めくくるに限る、という結論に至りました。

 そんなわけで、今回は私たち人間の年齢というものについて考えてみたいと思います。

3つの年齢

 人間の年齢には3つの種類がある、と私は考えています。

■暦年齢

 1つ目はごくシンプルな“暦(こよみ)年齢”。例えば1936年9月13日生まれの私にとっては、誕生日はこの日しかあり得ません。

 どうやら一部の女優やタレントの中には、自分の本当の暦年齢から大幅に割り引いた別の暦年齢を称している人もいるようですが、「天知る 地知る 己知る」で、誰にとっても正しい暦年齢はたった1つだけ。不変不動で固定化された年齢、これが暦年齢です。

■肉体年齢

 2つ目の年齢とは“肉体年齢”です。あなたの周囲にも、こんな人はいませんか? 週末になると、若者に劣らぬ俊敏さでテニスに興じる60歳。あるいは反対に、2階まで階段を昇っただけでゼーゼー息を切らしている40歳。

 知り合いの医師の話によると、肉体年齢の高低に影響を及ぼす要因は主に、持って生まれた遺伝因子と、生まれた後のメンテナンスの2つだそうです。前者は自分の力で変えることはできませんが、後者については、努力次第で暦年齢と肉体年齢との間のギャップを大幅に変えることができます。

■精神年齢

 そして、3つ目の年齢が“精神年齢”です。時々、年齢不相応に稚拙な人を指して「あの人は精神年齢が低い」などと表現することがありますが、ここで言いたい精神年齢とはそうではなく、“心の若々しさ”の度合いのことです。

 精神年齢は、時に肉体年齢以上に暦年齢との差が開くことがあります。つまり、20歳の“老人”もいれば80歳の“若者”もいる、ということです。

リーダーならば、精神年齢を常に意識せよ

 暦年齢、肉体年齢、精神年齢。この3つの年齢の中で、私がみなさんにとりわけ重視していただきたいのが精神年齢です。数字で表せる暦年齢や、若さや老いを視覚的に捉えられる肉体年齢と違って、精神年齢は目に見えにくいものだからです。

 人は、目に見えないものに対しては無頓着になりがちです。暦年齢が5歳上がる間に精神年齢が10歳分も老け込んでしまっても、自分ではなかなかそうと気づかないかもしれない。

 しかし、あなたが人を率いる立場にあるならそれではいけません。なぜなら、精神年齢の若さを保つことは、リーダーの大切な資質である「情熱」を保つことと密接に関係しているからです(「情熱」の大切さについては【第10話】情熱の火を燃やせ!を参照)。

 では、精神年齢をいつまでも若く保つために私たちは何を考え、何を行ったらよいのでしょうか? そもそも、精神を若く保つための妙薬などあるのでしょうか? 私は、「妙薬はある!」と信じています。そこで以降では、4つの“カキ”をキーワードにもう少し詳しくお話ししていきましょう。

コメント6件コメント/レビュー

連載、ご苦労様でした。また、いろいろと勉強となり、とても感謝しております。「人は人からか学び、成長するもの」と、3年前40歳を目前に転職し、役職は変わりましたが、3人の子供を持つ父親としても、痛感致しました。日々、何気ない業務に潜む甘い誘惑。それは、相手にとっても、自分自身にとっても甘い誘惑=逃げ道なのかもしれません。が、全ての人が果敢に立ち向かえ、如何なる誘惑にも負けない強者ではありません。逃げ道を全て失ったら、責務の重圧などに負け、人も組織も死んでしまうかもしれません。ですが、この「新・武士道」には、そうならない。しないヒントが必ずあるのだと思っております。ありがとうございました。(2009/12/25)

「リーダーのための“新”武士道 伝説の外資トップがあなたのメンターになる!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

連載、ご苦労様でした。また、いろいろと勉強となり、とても感謝しております。「人は人からか学び、成長するもの」と、3年前40歳を目前に転職し、役職は変わりましたが、3人の子供を持つ父親としても、痛感致しました。日々、何気ない業務に潜む甘い誘惑。それは、相手にとっても、自分自身にとっても甘い誘惑=逃げ道なのかもしれません。が、全ての人が果敢に立ち向かえ、如何なる誘惑にも負けない強者ではありません。逃げ道を全て失ったら、責務の重圧などに負け、人も組織も死んでしまうかもしれません。ですが、この「新・武士道」には、そうならない。しないヒントが必ずあるのだと思っております。ありがとうございました。(2009/12/25)

ありがとうございました。また、次に何かメッセージを発信してくださると嬉しいです(2009/12/22)

いつもわかりやすく書かれていたコラムで、よく読んでいました。現在26歳という若造ですが、十分なほど響いてくる文章でした。ありがとうございました。(2009/12/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長