• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

私は“何のため”にいるのか?

想定外の危機を乗り切る2つの心構え

2010年1月7日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「二番底」。閉塞感を助長させる、なんとも嫌な言葉である。

 年末前からあちらこちらで何度も耳にするようになったが、鳩山首相も4日の年頭記者会見で、「私たちは景気が二番底になってはならない。させないぞと、その思いの下で、昨年の末、24兆円という事業費になりますが、“明日の安心と成長のための緊急経済対策”をつくり上げて、そしてその下で第2次の補正予算を練り上げたところでございます。一刻も早くこの2次補正予算を成立させて、国民の皆様のお暮らしを少しでも豊かさを感じていけるように仕立て上げてまいりたいと思います」と語っていた。

 首相の心意気もわからないわけではないが、ちっとも心に響かない。だって、経済だけでなく、様々な出来事の膿というか、これまでのツケがまだ出尽くしていない感が否めないこのご時世だ。

 二番底と呼ばれているものが来るのか来ないのか、おそらく経済の専門家にだって正確なところはわからないだろうし、仮に来たとしてもだいたい二番底っていったい何なんだ?

 専門家によればGDP(国内総生産)成長率が底となった昨年1~3月を下回ることらしいのだが、仮に二番底が来たとして、私たちの生活はどうなっていくのか。未曾有の不況を越えるような不況って、どんなものなのかが、一般市民レベルではちっともイメージできない。それに、どんなに「二番底になってはならない、させないぞ」などと思いを強くしたところで、想定外の危機に陥る可能性がなくなるわけではないだろう。

 少しばかり古い映画ではあるが、「マッチスティック・メン」という映画のなかで、主人公のニコラス・ケイジ演じる詐欺師が、弟子にしてくれとせがむ実の娘に、詐欺を成功させる秘訣として語るこんな一言がある。

 「どんなに入念な計画を立てていても、必ず、想定外の危機は起こるものだ。詐欺を成功させるには、危機に遭遇した時、いかに上手く対処するかがポイントだ」(この映画自体は、芸術的と本人が豪語する詐欺師が、巧妙かつ愛嬌たっぷりに人をだまし、警察に一度たりとも目を付けられることなく大金を手に入れるという犯罪コメディー。結構おもしろいので、興味ある方はどうぞ)。

“何かが起こった”時に、“何をするか”

 何かを成し遂げる時、入念な計画が必要なのは当たり前。だが、どんなに練られた計画であっても、“何かが起こった”時に、“何をするか”がその後を決める。

 鳩山首相は“何かが起こった”時に、いったい何をしてくれるのか。新年の会見の言葉がちっとも心に響かないのは、「何かをしてくれそうだ」という期待感を持てないからかもしれない…。

 いずれにしても、2010年を少しでもいい1年にするには、想定外の危機をいかに乗り切るかが、ポイントになりそうである。

 そこで、新年1回目となる今回は、想定外の危機への対処法についてお話ししようと思います。

 まず、“危機”とは、どういう状態をいうのだろうか? 人間の心の動きから探ってみよう。

 人間はある出来事に直面した時、それが、『自分や自分の大切なものにとって危険かどうか』を判断する。これは一次的評価と呼ばれ、同じような評価は、「ストレスかストレスではないか」といった判断でも行われている。

 数年前からやたらと重要視されるようになった「危機管理」や「リスクマネジメント」は、直面した出来事を“想定内の出来事”に導くもの。つまりリスクマネジメントとは、想定外の危機に強くなるためのものではない。想定外の危機を乗り越える対処法と理解するのは若干間違っている。

コメント9件コメント/レビュー

ビジョンの重要性を説くのに最初の導入が「二番底」という「目先の課題」で、その危機のレベルについては棚上げなぜ、これほどに政治に関わる記述を多くする必要があるのでしょうか?この内容では出馬意思があると思われたりするかもしれません それとも編集側の支持でしょうか?   不満のハケ口的な膨らまし方では内容が薄くなってしまうので、もう少し何が書きたいかを絞り込んだ方が良いのではないでしょうか?(2010/01/11)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「私は“何のため”にいるのか?」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジョンの重要性を説くのに最初の導入が「二番底」という「目先の課題」で、その危機のレベルについては棚上げなぜ、これほどに政治に関わる記述を多くする必要があるのでしょうか?この内容では出馬意思があると思われたりするかもしれません それとも編集側の支持でしょうか?   不満のハケ口的な膨らまし方では内容が薄くなってしまうので、もう少し何が書きたいかを絞り込んだ方が良いのではないでしょうか?(2010/01/11)

事前にリスクを洗い出し、準備できたつもりになる方が気持ちが楽。覚悟するのが難しい。出家して修行したところで、だめかもしれません。サブプライムは山火事の発火点だったかもしれませんが、他が発火点になってもおかしくない状況だったはず・・・(2010/01/10)

危機に関する心構えみたいな主張には賛成するが、危機管理やリスクマネジメントに関しては理解が足りない。まして二番底と危機と、何か混同した議論。首相の「させない」というのは何かが起こった時、二番底にならないように最善を尽くすという意味でしょう。(2010/01/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長