• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第1回 子どもに「大人はなぜ働くの?」と聞かれたら

「葉っぱを売る」というシンプルな仕事が生き方を変えた

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2010年1月18日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「大人はなぜ働くの?」に、あなたはどう答えるか

 「大人はなぜ働くの?」。子どもにそう聞かれたことはないだろうか。あなたにお子さんがいれば、いつかは聞かれる質問かもしれない。その時あなたは何と答えるだろう。

 「生きるためだよ。だって働いてお金を稼がないと食べていけないでしょ」。あなたの答えに子どもはある程度納得するだろうが、どんな表情を浮かべるだろうか。「大人っていいなあ、早くなりたいなあ」と目を輝かせているだろうか。

 「がんばって働いていっぱい稼げば、欲しいものが何でも買えるんだよ。素敵だと思わないか」。ろくに食べ物さえなかった戦後の時代ならさておき、DSもPSPもほしいものは買ってもらえる時代に、子どもたちは大きな夢を描くだろうか。

 「どうして人は大人になると働くのか」。数年前に私はこの質問に直面することになった。ある大手教育会社から、大学生が就職活動(シューカツ)に臨むための講義テキストを作成してほしいと頼まれたのだ。

 就活のノウハウを教えるだけの主旨なら断っていたと思う。だが担当者の思いは、「働くということを根本から学生たちにわからせてほしい」ということだった。企業の担当者も付け焼刃のノウハウなど見抜いてしまうだろう。それよりも本人たちのためにも、時間のある学生のうちにこれから取り組む仕事についてじっくり考えさせたい、と。

 テキストの構成を考えるにあたって、私は何から書き始めようかと考えた。しかし何度考えても、第1章の第1項は「なぜ働くの?」という疑問詞に行きついてしまった。タイトルは「なぜ社会に出るの?働くの?」、そして、「社会で働く意味と意義について考えてみよう」というサブタイトルでテキストは始まった。

 私が学生たちに返した答えはこうだ。「生活をするためには、さまざまなモノやサービスが必要です。今朝起きてから、使ったものすべてを思い出してみてください。人間はこれらのすべてを一人では用意できません。そこで社会を作り、それぞれが役割を分担して、モノやサービスを生みだしているのです。これが働くということです」

 「働くことでモノやサービスを生み出し、対価としてお金を得て、他の人が生み出してくれたモノやサービスを買うことで、必要なものをそろえて暮らしているのです」

働く理由が、“義務だから”や“生活のため”だけではもったいない

 つまり、働くことは社会の一員である大人にとって、権利ではなく義務なのだ。生活に困らないだけのお金があるという人も、親と同居していて何とかなるという人も例外ではない。「長年お疲れ様、そろそろゆっくりしてください」と言われるまでは、大人は社会人として働く義務がある。

 義務と生活のために真面目に働いている人は、すでに立派な一人の大人であり社会人であると思うが、欲張りな私はそれだけでは人生がもったいないと考えてしまう。

 義務として働かなければいけない時間は、人生のどのくらいに当たるか計算してみたことがあるだろうか。寝ている時間を除けば、大人人生の約半分だ。通勤時間や仕事のことを思い出す夜や週末も含めればそれ以上かもしれない。

 “義務だから働く、生活のために働く”だけでは、一度きりしかない人生がもったいなさすぎないか。そう思っていたら、満面の笑顔で働く老人たちに出会った。

コメント29件コメント/レビュー

私も昨年6月に60歳を迎え再雇用制度を利用して嘱託社員として働いております。給与所得は1/3になり年金+老齢者雇用補助金を加算して1/2に生活レベルを落してやりくりしております。 60歳になる以前は、経営トップから当社の再雇用制度に関して意見を求められた際、会社の費用負担額の観点から再雇用制度として時間給換算で2,500円超という高額なこともあり賛同しましたが、今は「60歳定年」という制度そのものが、各人の体力・気力・知力の違いに配慮しない機械的制度だと思うようになりました。 そして、社員を一人一人評価しないそういう企業体質に怒りを感じております。このテーマーに合致しているか否かは判然としませんが「生涯現役」=誰かの役に立っていると実感できることが大事だと思います。(2010/02/01)

「武田斉紀の「よく生きるために働く」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私も昨年6月に60歳を迎え再雇用制度を利用して嘱託社員として働いております。給与所得は1/3になり年金+老齢者雇用補助金を加算して1/2に生活レベルを落してやりくりしております。 60歳になる以前は、経営トップから当社の再雇用制度に関して意見を求められた際、会社の費用負担額の観点から再雇用制度として時間給換算で2,500円超という高額なこともあり賛同しましたが、今は「60歳定年」という制度そのものが、各人の体力・気力・知力の違いに配慮しない機械的制度だと思うようになりました。 そして、社員を一人一人評価しないそういう企業体質に怒りを感じております。このテーマーに合致しているか否かは判然としませんが「生涯現役」=誰かの役に立っていると実感できることが大事だと思います。(2010/02/01)

今の時代にこの内容は非常に良い所をついた様でとても有意義なお題として拝見いたしました。但し、標記のある”子供に「大人はなぜ働くの?」”と言う回答に対しては、いささか難しい回答と見えました。幼稚園/小学校の子供に社会の義務を問いただしても何を言っているのかさっぱり判らないと思います。子供に対してオーソドックスに答えようとすると、やはり生活する為に・・と言う題目で答えてしまうのかなと私も思います。確かにその内容に対して、将来の夢を抱くか・・・ちょっと疑問ですね。働く理由が、“義務だから”や“生活のためは確かに正解と思いますが、私も、筆者の武田さんと同様なにか足りないと思います。子供の頃の夢と、大人になった時の生きがい/やりがいは遠からず近からずの存在に思えます。別に子供の頃の夢が実現しなくても夢は変化しますし、成長するにつれてやりがいに近い形に進んで行く事が重要と思います。このやりがいも今の時代でもつ事はなかなか難しくなってきています。でも、このコラムの通りやりがいそのものは何でも良いと思います。きっかけはどうあれ、それを見つけるかどうかだと思います。今の状況を若者と一緒に考えると、大半は何となく生活してきて今になってどうしたらよいか分からないもしくは、今の生活が楽しくて見つける気がないこのままで就職活動していても、最後はやはり生活の為だけになると思います。時代は不況とは言え、幼稚園程度の子供からすれば不況と言う実感は湧きません(逆に湧いたら怖いです)せいぜい、おこずかいが減った/おもちゃを買ってくれなくなった程度位です。親から見れば、子供には不自由させたくないから子供に色々な物を買い与える・・子供は余計に不況知らず・・と言った具合になります。気付いた頃には夢なんか忘れてお金があれば何でも出来ると思ってしまいます。小学生が普通に1万円をもってしまう時代を踏まえて、高校生/大学生とかになるとこれが余計に拍車がかかります。中学/高校までに何かを見つけないと、遊ぶことしか考えられなくなってしまいますが、如何でしょうか?(2010/01/21)

働くことの意味を問うために、葉っぱビジネスの成功事例を題材とすることは、その本質を見誤る元になるでしょう。つまり、人が生きるが上において、本質的に大切な仕事の多くは、お金になりません。言うに及ばぬ当然のことですが、経済という仕組みの中に組み入れることのできない、人の心を本質的に満たす行為は「仕事=お金」にはなり得ないのです。但し、その部類に属する行為こそが、生きるがために必要な生きがいを生み出します。また、経済行為、いわゆる仕事には、採算性が問われます。人が生きるが上において不可欠な食料を生み出す行為自体には生きがいを生み出す芽がありますが、その芽は採算性という仕組みにより摘み取られてしまいます。つまり、現行通貨を従来の仕組みのままで取引に介在させる限り、仕事から生きがいを生み出すことは不可能です。追伸、葉っぱビジネスも採算が合わなくなれば、仕事と生きがい?の双方を失います。(2010/01/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長