• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

モンゴルの資源を狙う“ハイエナ”たち

資源国の中国やロシアなどもチャンスうかがう

  • 谷口 正次

バックナンバー

2010年1月21日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 モンゴルはゴビ砂漠の南部、首都ウランバートルから550キロメートル、中国との国境から200キロメートルのところに、世界最大と言われる未開発の銅・金鉱床がある。オユ・トルゴイ(Oyu Tolgoi、「トルコ石の丘」の意)と呼ばれる鉱山で、開発費が30億ドル。

 2009年10月始めに、英国と豪州に本社を置く世界第2位の資源メジャーのリオ・ティント・グループ(Rio Tinto Group)、カナダの探鉱会社アイバンホー・マインズ(Ivanhoe Mines)とモンゴル政府は投資契約を結んで、いよいよ2010年春に採掘に着手することになった。

 なぜ、いよいよかというと、この鉱山は、アイバンホーが2003年から探鉱と開発準備を続ける一方で、会社と政府と議会の間で権益と開発許可条件をめぐり延々と6年間折衝とバトルが続けられてきたからである。2006年10月には、リオがアイバンホーの株を19.7%取得して筆頭株主になった。リオは、46.65%までシェアを上げるオプションを持っている。

 政府は会社側と採掘契約について早くから合意していたが、「契約内容が極めて不平等である」として野党側が結束して強行に反対し、議会で承認を得られないばかりか、大統領の解任と議会の解散を迫られていた。そのような中、2008年6月30日の国民大会議総選挙が行われた。選挙結果は、政権与党が大方の予想に反して60%の議席を獲得して野党第一党の民主党を抑えて勝った。

 しかし翌7月1日、選挙で開票に不正があったとして民主党支持者が暴動を起こし死者5人を出したため、エンフバヤール大統領は4日間の非常事態宣言を発令した。選挙で民主党の躍進に期待していた民衆が暴徒化したものだ。旧ソ連邦時代の共産党指導者が人民革命党と名前を変えて1990年以降政権の座に居座り、民主化が一向に進まないうえにインフレによる物価高騰と格差拡大に対する不満が募っていたわけだ(詳しい経緯については「世界最大級のモンゴルの金鉱山開発~大統領と議会の闘争」を参照)。

 2009年5月24日には大統領選挙が行われた結果、予想に反して民主党推薦のエルベグドルジ元首相がエンフバヤール大統領を破り当選した。首相は人民革命党のバヤール氏に代わって2009年11月よりやはり人民革命党のバトボルド氏になった。

 このような政治的な変化とともに、契約内容に修正が加えられ、プロジェクトがやっと動き出したわけだ。

中国に地の利という優位性

 さて、長々とこれまでの経緯を述べてきたわけであるが、ここからが本題の資源争奪戦の話である。

 2007年11月に世界最大の資源メジャーである英豪BHPビリトンがリオを1530億ドルで買収する提案を行い、世界を驚かせた。両社の合併で大きな影響を受けるのが中国。鉄鉱石輸入量の60%を1社に依存することになるために甚だ不都合だ。そこで中国最大の国営鉱山会社CHINALCOはリオの株をアルミで世界3位の米アルコアと組んで12%取得した。買収阻止の構えだ。最終的には、2008年11月になってBHPビリトンは買収を断念した。

 そこでリーマンショックが起きる。この影響で、387億ドルという巨額の利付債務を抱えるリオは、財務体質が急速に悪化していた。2009年2月12日のこと、リオにCHINALCOが195億ドルの資金注入することで合意したことが報じられた。リオはその資金を負債の返済に当て、見返りとしてリオの鉄鉱石、銅、アルミなど主力事業の123億ドル分の権益を与えるというものであった。しかし、この案件は、豪州外資規制当局(FIRB=Foreign Investment review Board)によって認可されなかった。

 モンゴルに話を戻そう。

 オユ・トルゴイ・プロジェクトにようやくゴーサインが出ると、リオとCHINALCOがまたもやこの案件での合弁の話が持ち上がり、協議を始めた。

コメント0

「資源ウォーズの世界地図」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長