• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

プロより儲かる大学スポーツ(下)

稼ぎまくるアメフト部

2010年1月28日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 前回のコラムでは、大学スポーツがプロ顔負けの規模のビジネスとして成長しており、とくにアメリカンフットボール(アメフト)部が大学運動部からの全収入の大半を稼ぎ出している構造を解説しました。

 例えば、今年、学生アメフトで全米チャンピオンになったアラバマ大学を例に挙げると、19ある運動部からの収入(2007~08年シーズン)は約8890万ドル(約80億円)でしたが、そのうちアメフト部からの収入はその3分の2に当たる約5740万ドル(約52億円)にも及びます。同部のニック・セイバン監督の年俸400万ドル(約3億6000万円)も、こうした巨額の収入があるから可能になっているわけです。

 たかだか大学運動部の監督に、8年総額3200万ドル(約28億8000万円)もの巨額の長期契約を提示する…。日本では、まずあり得ない出来事でしょう。しかし、米大学アメフト界では、こうした巨額のプロコーチ契約が大きなリターンをもたらすため、多くの強豪大学が「収益の高い投資」として乗り出しています。

 今回のコラムでは、アメフトという「カネのなる木」を使って、大学がどのようにビジネスを展開しているのか、見ていくことにしましょう。

名コーチ招聘で巨大スタジアム建設へ

 2007年1月3日、アラバマ大学のキャンパスのあるアラバマ州タスカルーサは歓喜の渦に包まれました。セイバン氏のヘッドコーチ就任が決まったためです。

 アラバマ大学では、1992年の創立100周年に照準を合わせて、アメフト部が全米中から優秀な選手をかき集め、全米チャンピオンを手にしました。当時は、ちょうど私が大学に入学してアメフトを始めた年でした。アラバマ大学の「クリムゾンタイド」(Crimson Tide=深紅の潮)というチーム名は、私が所属していた大学アメフト部の名前(クリムゾン)と似ていたのでよく覚えています。しかし、100周年が終わるとともに低迷していき、全米チャンピオンの座から遠ざかっていました。

 セイバン氏といえば、2000年に長期低迷に苦しんでいた古豪ルイジアナ州立大学に監督として迎えられ、短期間でチームを立て直して2003年に全米制覇を遂げました。その手腕が高く評価され、全米プロフットボールリーグ(NFL)のマイアミ・ドルフィンズでもヘッドコーチとして采配を振るいました。米アメフト界では知らぬ者がいない「辣腕コーチ」です。

 そのセイバン氏が、再び大学チームに舞い戻ってくるということで、アラバマ州の地元住民は、「これでまた全米制覇を達成するかもしれない」と狂喜したわけです。

 そして、「セイバン効果」はてきめんに表れました。

「鈴木友也の「米国スポーツビジネス最前線」」のバックナンバー

一覧

「プロより儲かる大学スポーツ(下)」の著者

鈴木 友也

鈴木 友也(すずき・ともや)

トランスインサイト代表

ニューヨークに拠点を置くスポーツマーケティング会社、「トランスインサイト」代表。一橋大学法学部卒、アンダーセン・コンサルティング(現アクセンチュア)出身。スポーツ経営学修士。中央大学非常勤講師

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長