• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

episode:41
「世の中には、自分の食い扶持が稼げない人間と、人の食い扶持まで稼ぐことのできる人間がいる。」

  • 阿川 大樹

バックナンバー

2010年1月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回までのあらすじ

老舗 大日本鉄鋼の3人だけの部署、第三企画室は新会社、オルタナティブ・ゼロとして独立した。旭山隆児(あさひやまりゅうじ)は社長、風間麻美(かざまあさみ)は第三企画室室長、楠原弘毅(くすはらこうき)は次長だ。休止していた高炉が再稼動するというニュースに、旭山は日本の来し方行く末を思った。

「大日本鉄鋼、これから先、大丈夫なんでしょうか」

 パソコンから顔を上げて、急に風間麻美がつぶやいた。

「いきなりすごい心配をし始めたな。オルタナティブ・ゼロの心配はないのか」

画像のクリックで拡大表示

 思わず苦笑しながら旭山隆児が答える。

「うちの会社は、全部、財務状況を把握してますから、どのくらい危なくてどのくらい大丈夫か、わたしなりに分かってます。まだ収入はないですけど、資金繰り的にはしばらくは大丈夫」

「でも、放っておいたら金は出て行くばかりだぞ」

「わたし、思うんです」

 風間がこっちへ向き直った。まっすぐに視線をぶつけてくる。

「いざとなったら、ここにいる3人だけなら、何やっても食べていけるような気がするんです」

「すごい自信だな」

 揶揄するつもりじゃない。頼もしく思って言っている。

「世の中には、自分の食い扶持が稼げない人間と、人の食い扶持まで稼ぐことのできる人間がいる。最近、そう思うんです」

 大胆な言い方だ。もしかしたら危険な言葉でもある。

「誤解しないで戴きたいんですけど、特別な人間がいる、という意味じゃないんです。むしろ逆です。自分の力で生きていくんだと当たり前のことを当たり前に思っていて、真っ当な努力をすることのできる人、そういう人だったら、ちゃんと食べていけるはずだと思うんですよね。そう思うと、うちの3人はどう考えても食っていける」

「不景気で失業者はたくさんいる。彼らは真っ当じゃないってことか」

「失業者をみんなひとくくりにすることはできません。真っ当な人もそうでない人もいる。でも、本当に必要な情報がないことがまず問題の一つ、それから、自分の可能性にちゃんと気づいていない人がいること。そして、どうであろうと全員が食べていけてしまうような力の余裕が日本になくなっていること」

「うん」

「〈何か〉で食べていけばいいなら、オルタナティブ・ゼロは絶対大丈夫だって、わたし、疑ってません」

「そうか」

「でも、大日本鉄鋼のことは心配なんですよね」

 自分も同じ心配をしている。だが、ここは風間の考えをぜひ聞きたい。

コメント5

「第三企画室、出動す ~ボスはテスタ・ロッサ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長