• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「うまくいっているアイツ」に嫉妬しても疲れるだけで何も生み出しません

他の人より上を目指すより“昨日の自分”をライバルに

2010年1月27日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

質問

自分と他人を比べてしまいます。仕事がうまくいっている友人を見てうらやんだり、自分はこのままでいいのかと落ち込んだり…。その度に自己嫌悪に陥ります。

(33歳、男性、販売)

 正論を言いますと、これはもう、日ごろから「他人と自分を比べないようにする癖」をつけるしかありません。仕事であれプライベートであれ、いつも「ほかの人に勝ったか負けたか」ばかり意識していると楽しくないですし、上を見ても下を見てもキリはありません。自分は自分、他人は他人です。

 ジャパネットたかたもみなさんに名前を知っていただけるようになってからは、ほかの通販会社や家電量販店などと比較されることが増えました。経営するうえで、経済状況や周囲の情報を勉強しておくことは必要です。でも、私も社員も、ほかの会社におかしな競争心を燃やしたり、他社との比較で会社の戦略を考えたりすることはほとんどありません。

 「他社がこうしているから、うちはこうしよう、ああしよう」ではなく、「お客様に満足いただくために、こんなことをしよう、あんなことをしよう」と考えます。それに勝ち負けばかりでは仕事が面白くありませんし、息も詰まってしまいますから。

女房曰く「優越感も劣等感もない人」

 ただ、そうは言っても、「どうしても周りの人と自分を比べて嫉妬したりうらやんだりしてしまう」「他人が気になる」という質問者の方の気持ちもよく分かります。

 僕自身は、両親のおかげもあってか、昔から、人をうらやんだり、嫉妬したりっていうことがあまりありませんでした。別に私が恵まれていたわけではないですよ。大学受験のときは第一志望の学校に受からなかったし、若いころ「努力したのに結果が出なかったこと」は山ほどあります。でも、いつも「自分なりに努力したから仕方がない。次から頑張ろう」とあっけらかんとしていました。

 そんな自分の性格が少数派だということを知ったのは、結婚して、女房から「あなたは他人に対して劣等感も優越感もない珍しい人ね」と言われた時でした。

コメント8件コメント/レビュー

まさに今、私自身が悩んでいたことで、高田さんの記事は大変参考になりました。今から考えを改め、これからは”昨日より成長した自分”を目指して努力します。(2010/01/28)

「ジャパネットたかた 高田明の「みなさんの相談に乗りましょう」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

まさに今、私自身が悩んでいたことで、高田さんの記事は大変参考になりました。今から考えを改め、これからは”昨日より成長した自分”を目指して努力します。(2010/01/28)

まったくその通りですね。でもその当たり前の事が出来ないんですよね。これからも的確なわかりやすいご説明を期待しております。(2010/01/27)

毎回拝読しております。シンプル且つ解りやすいご説明で、とても大切なことを学ばせて頂いております。ちょうど今も、自分と他人を比べて自分は駄目な奴だと思っていたところなので、非常に心に響きました。ありがとうございます。(2010/01/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授