• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

無理に「ワークライフバランス」する必要はありません

“人間の幅”は仕事で十分広がります!

2010年2月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

質問

仕事以外に趣味がありません。仕事は楽しくやりがいがあり不満はないのですが、たまの休日など暇を持て余しています。このままでいいでしょうか。

(35歳、男性、経営企画)

 このままで大いに結構です。私も特に趣味はありませんが、充実した毎日を送っています。休日が暇ということであれば、家族を大切にしたうえで、体を壊さない範囲で仕事をされてはいかがでしょう。もっと仕事が楽しくなるはずです。

本社オフィス内で(写真:尾関裕士)

 最近、よく言われている言葉に「ワークライフバランス」というのがあります。私のように会社を創業してから仕事ばかりしてきた人間には正直、どこからがワークでどこからがライフなのかと少々考えさせられる言葉です。質問者の方もそうなのではないでしょうか。

 でも、考えてみたら、仕事も趣味も、その目的は「人生を楽しく充実させること」です。それならば今現在、仕事によって十分人生が充実しているのであれば、無理に趣味をつくる必要はないのではと私は思います。仕事で人生を充実させる人がいてもよし、趣味が生きがいになっている人がいてもよし。どちらが正しいということはありません。

無理に趣味を見つけるのは難しい

 そもそも「仕事以外にも何かやらなければ」と考えて、無理に趣味を見つけようとしても、なかなか見つからないものです。

 私も、カメラ店の時代からこれまで、目の前の課題に全力で取り組み、走り続けてきたもので、「たまの休みの日は家で映画を見たり、本を読んだり…といった程度です。これから先、老後を考えたら、盆栽などを覚えたほうがいいのかな」と思うときもあります。でも、いざ趣味を持とうと何かに挑戦しても、やっぱり仕事をしているほうが楽しいんです。

コメント10

「ジャパネットたかた 高田明の「みなさんの相談に乗りましょう」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手