• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

統計学的「片手の法則」でサービス業の生産性をもっと上げよう

度数順位表とパレート図で業務改善に一歩踏み出す

  • 吉田 耕作

バックナンバー

2010年2月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回は、自分達の職場にある様々な問題を、データを集め、記録を取ることによって、顕在化する事をお勧めした。現状がどうなっているのかを認識して初めて、改善する事ができ、その結果、ボーナス年3回も可能になるのである。

 今回はさらに、二、三の表やグラフを用いて、それらが業務改善に実際に簡単に使えることを例示したい。

度数分布表とヒストグラム

例1
 得られたデータを整理する時、よく使われる表に表1のような度数分布表がある。

 度数分布表というのは、データが一定の尺度によって測られた時に、そのデータを集計するための表である。例えば、ある学校の6年生の学童の背の高さを図った記録とか、ある地域の住民の所得の分布だとかを、集計する時に用いられる。統計で用いられる多くの分布の元は、表1のような度数分布表からできている。

 表1は、ある工場で仕入れ先から仕入れている部品の軸の長さの分布である。この表があると、平均が大体どのくらいかとか、最大値や最小値がわかる。それにバラツキ具合がどの程度かという事もつかめる。

 さらに、表2は仕入れた部品を2つの仕入先別に集計した度数分布表である。この度数分布表をグラフにしたのが、図1のようなヒストグラムである。

画像のクリックで拡大表示

 図1の中の上部規格限界とか下部規格限界というのは、エンジニアがこの範囲に入る物が合格品だと決めた境界線である。図1において、仕入先別に集計したヒストグラムを見ると、不良品(青色の部分)はみなA社からきているという事がわかる。生産レベルがあまり高くない時には、A社からの製品の仕入れはストップして、B社の製品だけを仕入れれば良い事がわかる。このように簡単なデータを取る事によって、非常に重要な判断をする事ができる。

コメント4

「統計学者吉田耕作教授の統計学的思考術」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO