• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

“女”じゃ、ナゼいけないのですか?

“差別”を引き起こす「数の論理」

2010年2月4日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この先、“男社会”の終焉はやってくるのだろうか。

 きっとない。おそらくない。多分ない…。そして、「仕方がない」と、あきらめなくちゃいけないのか…。

 そんな気持ちにならざるを得ない出来事が立て続けにあった。

 希望退職という名の“クビ切り”が、男たちをますます群れさせ、女たちをますます孤立させた。

 知り合いの3人もの女性が上司から突然呼ばれ、「辞めてもらうと助かるんだけど…」と、屈辱の一言を浴びせられた、という。

 いずれの女性も、そんなことを言われてそそくさと「そうします」と従うほど“ヤワ”じゃない。それなりの覚悟をし、苦労を経験しながら、男社会を生き抜いてきた女たちだ。当然ながら断った。

 だがそれで彼女たちの上司も、「そうですか」とすぐに引き下がるわけにもいかなかったらしい。

 結果、それぞれの会社で、それぞれの“報復人事”が行われたのである。

A子・・・ 電気メーカーの技術職だった彼女は、総務に転属を命じられた
B子・・・ 商社に勤めていた彼女は、関連会社に転籍となった
C子・・・ 広告代理店に勤めていた彼女は、××戦略室という、名ばかりの窓際に追いやられた

「そろそろいいでしょ? 海外勤務もしたし、結婚もしたし・・・」

 彼女たちの証言によると、彼女たち以外にも同年代の女性たちが同じ“被害”にあったそうだ。「そんなに辞めてほしけりゃ、辞めてやる」と退職の条件をつり上げ、辞めていった同僚もいたという。

 彼女たちの名誉のためにも断っておくが、今回の出来事は、彼女たちがもともと肩たたきされても仕方ない人たちで、たまたま“女性”だった、というわけでは決してない。

 いずれの女性も私がこれまで一緒に仕事をしたり、取材をしたことがある人物で、男性だからとか、女性だからとか、全く感じさせない仕事ぶりだった。当然ながら、私は彼女たちの上司ではないし、彼女たちと同じ職場で働いているわけではないから「100%違う」とまでは断言できない。だが少なくとも彼女たちの働きぶりを見る限り、たまたま“女性”とは考えにくい。

 商社に勤めていたB子は、女性初の海外勤務を命じられたというキャリアの持ち主で、数年前に会社からの推薦を受けて私が取材した女性でもある。

 当時、彼女の上司だった男性は、「うちの会社は女性でも能力を発揮できるようになっています。ほら、彼女などは、女性として初めて海外支店に異動になり、経験を重ねてきました。うちの会社では、“だから女は…”なんていう社員は一人もいません」と散々彼女を持ち上げていた。

 彼女は帰国後、女性初の役員か、と期待されていたほどだった。

 「所詮、会社は男が群れをなす絶好の場所。散々私を持ち上げていた上司が、“そろそろいいでしょ? 海外勤務もしたし、結婚もしたし、退職金だって増やすって言ってるんだから。どう?”だってさ。ふざけてる…」。彼女は悔しそうに言っていた。

 なんという変わり身の速さなんだ。たわけ過ぎる。“女を会社の宣伝だけに使う会社”という名目で、是非とも取材をさせていただきたいくらいだ。

 窓際に追いやられたC子の話からは、男たちの“群れ”具合が、あまりにわかりやすく、聞いていて、つい笑ってしまったほどである。ちなみに彼女は自ら立てた企画が昨年大ヒットし、社長賞までとった女性である。

コメント117件コメント/レビュー

このコラムの後に、小田島さんのコラム(朝青龍の巻)を読むと、問題の根っこが同じだと感じますねぇ。このコラムを非難している人は、相撲協会の中の人と一緒ではないかと。(2010/02/08)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「“女”じゃ、ナゼいけないのですか?」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

このコラムの後に、小田島さんのコラム(朝青龍の巻)を読むと、問題の根っこが同じだと感じますねぇ。このコラムを非難している人は、相撲協会の中の人と一緒ではないかと。(2010/02/08)

めったに記事を読んでコメントすることはないのですが、今回は琴線にふれました。排除されるこの真実を、私もいやというほど体験しているからです。丁寧に言葉にしてもらってうれしく思います。ものを言う女が普通に暮らせる社会が来ない限りは、日本はジリ貧でしょうが、その前に男性がものを言えていない状況をみて、いつも悲しいですね。男性にも気骨のある人がいるのですが、よほどの毛並みでないとみなさん日本型組織の外に出てしまいます。あきらめず、しぶとく、しつこく生き抜くしかないですね。(2010/02/08)

「排除されていない人は、包括されている」とありましたが、まさにそのとおりだと思います。女性は女性の集合体により排除されているのではないでしょうか?女性自身が持つ「男が仕事・女が家庭」(あくまで一例ですが)のようなステレオタイプに支配されているのだと思います。都合良く使い分けると言ってもいいかもしれません。筆者は盛んに男性を攻撃されておりますが、「女性特有のヒステリックな感情論」とせずに、真剣に男女性差を低減させていこうと思われるのであれば、女性に向けて、女性の大多数が潜在的に持っている『女性のイデア』を打ち砕く啓蒙を盛り込むと良かったと思います。単なる好奇心からなのですが、件のお三方は「女性であることで得をしたこと」ってなかったんですかね?女性より。(2010/02/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長