• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

正しい意思決定ができるようになります

  • 吉越 浩一郎

バックナンバー

2010年2月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 私は社長時代、早朝会議を毎日、開いていました。この「毎日開く」ということも、実は重要なポイントです。私は、無理にでも毎日、会議を開いたほうがいいとすら思っていました。毎日会議を持てば最短のデッドラインを設定できるからです。1週間に1回の会議ですと、緊急なものを除いて次回の会議までにというデッドラインになり、どうしてもその会議の全体のスピードは落ちていきます。

コミュニケーション不足は会社を滅ぼす

 ただ、毎日全社の会議をすることによって、それ以上に重要なことは、毎日のように社員が顔を合わせる機会が作れたということです。毎日のように顔を合わせるとどうなるのかといえば、当たり前のように親しくなるのです。挨拶は交わすし、自然と話をするようになる。少なくとも何か思うことがあれば、気軽に話しかけられる間柄になれる。いい人間関係が作れるのです。

 会社が抱える問題の一つに、よく「コミュニケーション不足」が挙げられます。とりわけ違う課や違う部など、部門間でのコミュニケーション不足が起き、それが会社経営にダメージをもたらすことはよくあります。

 実際、うまくいっていない会社というのは、例外なく社員間のコミュニケーションがうまくいっていません。ひどい場合には、部門間どころか、部門内にも、あちこちに壁ができていたりする。しかも、それが社内で当たり前のようになってしまっている。かつて、私が会議を始める以前の、前の会社がそうでした。

 コミュニケーション不足が深刻化すると何が起こるのかというと、それぞれの部門が自分勝手にやりたいことをやるようになります。「部分最適」だけを考えるために、「全体最適」が不可能になる。ちょっと連携さえすれば、いい結果がもたらされる可能性の大きなチャンスがあっても、うまく動くことができない。そうやって、みすみすビジネスチャンスを逃してしまう。仕事も効率的に進まない。こういう例は、実にたくさんあるのではないでしょうか。

 ところが、コミュニケーション不足というのは、単に顔を合わせて話をすることによって解決できる部分が大きいのです。なぜなら、それは実は人間関係の問題だから。そもそも人の常として、疎遠な相手のことはよくわからないものです。会うことがないから、何をやっているのかよくわからないのです。

会議をやれば本当に親しくなれる

 月に1回程度、形式的な会議で決まりきった会話を交わしているぐらいでは、親しくはなれません。だから、お互い疑心暗鬼の感情を抱くようになってしまうのです。コミュニケーション不足の会社は、雰囲気もギスギスしたものになっているケースが多い。お互いがお互いのことを、よくわからないままに探り合ったりしている。これが、おかしな空気を作るのです。

 しかし、会議で頻繁に顔を合わせるようになれば、お互いを知る機会が増える。しかも、今どんなことをやっているかという“報告”だけでなく、これまで私が解説してきた「吉越式会議」では、これから何をしようとしているのか、ということもわかる。腹を割っての真剣な話し合いを毎日、毎朝、行っていくのです。だから、本当に親しくなれるのです。

コメント6

「吉越浩一郎の「結果の出る会議」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授