• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

財務で見る“勝者連合”フォルクスワーゲンとスズキ

【実践講座その3】英文会計と自動車業界の比較

  • 國貞 克則

バックナンバー

2010年2月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 第1回第2回のコラムで、財務諸表の基本的な仕組みと財務分析の手法について説明しました。そして、全ての企業に共通する基本活動は お金を集める何かに投資する利益をあげる という3つであり、その活動の実態がPL(損益計算書)とBS(貸借対照表)とCS(キャッシュフロー計算書)に表れていると申し上げました。

 このことは海外の財務諸表でも同じです。もともと複式簿記の会計は15世紀に北イタリアのベニスの商人達によって発明され、それが明治時代に日本に入ってきて日本語に翻訳され使われているのですから、海外の財務諸表と日本の財務諸表の基本が同じであるのはあたりまえです。

 今回はフォルクスワーゲンの財務諸表を見ていきますので、先ずは英文会計の単語の説明から始めましょう。ちなみに、フォルクスワーゲンの財務諸表は「ANNUAL REPORT2008」(PDFファイル)の188ページから始まる部分を開いてみてください。

英文会計だって怖くない

 フォルクスワーゲンのPLとBSとCSの主要部分を日本語と対比しながら示したのが次の図です。日本語訳の数値は為替レート130円/ユーロで計算し億円単位で表記しています。

Consolidated Financial Statement of the Volkswagen Group(December 31,2008)
フォルクスワーゲングループの連結財務諸表(2008年12月期)

為替レート 130円/ユーロ


  • Balance Sheet
  • (単位:百万ユーロ)

Assets Equity and liability
Noncurrent assets 91,756 Equity 37,388
Current assets 76,163 Noncurrent liabilities 65,729
    Current liabilities 64,802
Total assets 167,919 Total equity and liabilities 167,919

貸借対照表(バランスシート)

  • (単位:億円)

資産の部 資本と負債の部
固定資産 119,283 資本 48,604
流動資産 99,012 固定負債 85,448
    流動負債 84,243
資産合計 218,295 資本及び負債合計 218,295
Income Statement
(単位:百万ユーロ)
  損益計算書
(単位:億円)
Sales revenue 113,808   売上高 147,950  
Cost of sales 96,612   売上原価 125,596 84.9%
Gross profit 17,196   売上総利益(粗利) 22,355 15.1%
Operating profit 6,333   営業利益 8,233 5.6%
Financial result 275   財務項目 358 0.2%
Profit before tax 6,608   税引前当期純利益 8,590 5.8%
Profit after tax 4,688   当期純利益 6,094 4.1%
Cash Flow Statement
(単位:百万ユーロ)
  キャッシュフロー計算書
(単位:億円)
Cash flows from operatiing activiteies 10,799   営業活動による
キャッシュフロー
14,039
Investing activities △19,280   投資活動による
キャッシュフロー
△25,064
Cash flows from financial acitivities 8,123   財務活動による
キャッシュフロー
10,560

 構造は基本的に同じです。ただ、BSは上から流動化しにくい順に並んでいます。固定資産→流動資産の順です。BSの右側も同じです。資本(純資産)→固定負債→流動負債の順に並んでいます。

 PLも同じような形です。「Gross profit」のGrossとは「あるものから何かを差し引く前」という意味です。つまり売上高から日常的な営業費用を差し引く前の利益のことを言います。ゴルフのスコアの「グロス」もハンディを差し引かない前の打数の総計という意味ですよね。ただ、英文のPLには「経常利益」の概念がありません。「Operating profit (営業利益)」に「Financial result」という財務関連の収益と費用を足し引きして「Profit before tax(税引前当期純利益)」になっています。CSの構造は変わりません。

コメント0

「財務3表で読み解くニュースな企業」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長