• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第4回 仕事の「誇り」の見つけ方

年俸では野球に負けるサッカー選手がより感じる「誇り」

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2010年2月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

サッカーワールドカップで日本が優勝したら

 「サッカーのワールドカップで、わが国日本が優勝したんだよ!」「そいつはすごいや! おめでとう!」。パブにいたみんなが両手を広げて祝福してくれた(実際は私の場合、たぶん英語)。

 そんな体験を早くしてみたいものだ(東アジア選手権ではいまだ得点できず苦戦していますが、不可能だなんて言わずに、長い目で選手たちを信じましょう)。実際奇跡が起これば、世界のパブに入った途端にこうなるだろう。「あなたは日本人か?」「そうだよ」「おめでとう! すごいや!」

 私たちは日本代表選手でもないのに(サッカーボールに触ったことさえなくても)、自分が成し遂げた仕事のように言い知れぬ「誇り」を感じるだろう。「誇り」とは不思議なものだ。

 野球の世界大会WBCで日本は2度も優勝した。私は野球も好きで、テレビで興奮しながら応援していた。優勝の瞬間、先ほど(想像)と同じように日本人として、自分が成し遂げた仕事のように「誇り」を感じて震えた。米国に旅行していたら、「あなたは日本人か? おめでとう!」と言われたことだろう。

 日本ではプロの年俸水準で、サッカーは野球にはかなわない。プロ野球選手はそのことに誇りを持っているし、野球の盛んないくつかの国では「私は日本のプロベースボール選手です」と言えば、「そいつはすごい!」とすぐにサインを求められるだろう。

 だが世界には野球を知らない国の方が多い。「ベースボールって何?」と聞かれた瞬間、彼の「誇り」は少なからず傷つくに違いない。彼自身の野球という仕事に対する「誇り」自体は揺るぎなかったとしても。

仕事の「誇り」は、他人に認められてこそ満たされる

 サッカーと野球の話から、仕事の「誇り」にはいくつかの特徴があることがわかる。

 その1.「誇り」を「持つ」「満たされる」のは本人で、「持つ」かどうかは本人の気持ち次第だが、「満たされる」かどうかは他人によるところが大きい。

 「『誇り』」を『持つ』『満たされる』のは本人」であることは、説明するまでもない。次に「『誇り』を最初から『持つ』かどうか」も本人の気持ち次第。向いている仕事に就けた人は最初から「誇り」を「持つ」ことができるだろう。

 最初からそうした幸運に巡り合えなかった人のために、今回のコラムの後半で「誇り」の見つけ方についてご紹介したい。

 最後の「『満たされる』かどうかは他人によるところが大きい」は、先ほどのサッカー選手と野球選手の違いでわかっていただけただろうか。自分の仕事に確固たる「誇り」を持っていても、「誇り」が「満たされる」かどうかは、他人の反応や言葉によるところが大きい。時には傷ついたりもする。

 先日テレビでアイスホッケーのプロチーム、日光アイスバックスの選手の日常が紹介されていた。日本で唯一のプロチームなのだそうだ。サッカー解説者でもあるセルジオ越後さんが2006年からシニアディレクターに就いている。

 彼らの年俸は平均的なサラリーマンよりも低いくらいだった。奥さんと赤ちゃんのいる選手が登場していたが、生活のやりくりは大変だろう。だが選手たちは、プロのアイスホッケー選手という仕事に強い「誇り」を持っていた。

 選手たちはいろいろな場面で「誇り」を「満たされて」いく。地元の人たちが「がんばって!」と街で声をかけてくれた時。会場にたくさんのサポーターを見つけた時。オリジナルグッズを買って喜んでいる子どもたちを見た時。これらがもしなかったとしたら、彼らの「誇り」は「満たされた」だろうか。

 地元の声援を受けて戦ったが、試合には負けてしまった。 “相手”に負けたことで彼らの「誇り」は傷ついただろう。勝っていたら、ファンの期待に答えたことで、もっと「誇り」が「満たされて」いたはずだ。

コメント8

「武田斉紀の「よく生きるために働く」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の社会に足りないのは起業家精神です。

デイビッド・ルーベンシュタイン 米カーライル・グループ共同創業者兼共同最高経営責任者