• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

耳障りな意見を聞き流すなんてもったいない!

人は人によってつくられ、育てられるのです

2010年2月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

質問

僕は人からの評価がいちいち気になってしまいます。批判めいたことを言われると、頭に血が上ってしまうこともあります。どうすれば聞き流すことができるようになりますか。

(31歳、男性、制作)

 聞き流すなんてもったいない! せっかくあなたに関心をもってくれて、貴重なご意見をくださっているのですから、しっかり受け止めて、成長の糧にしましょう。

 私は、「人は人によってつくられ、人によって育てられる」と思っています。耳障りに思える周囲からの意見の中にも、必ず自分が成長するヒントがあるはずです。実際、私の場合、何かショックなことを言われたら、「自分では気が付かない、良くない点を直すチャンスだ」と考えるようにしています。

「甲高い声が嫌い」という意見だって貴重なヒント

 例えば、私の例で言えば、「社長の甲高い声が聞き取りにくい」といった声を聞くこともあります。そんな時、私は「どうしたらいいか」を真剣に考えます。

 どうして高い声になってしまうかというと、テンションが上がるからです。なぜテンションが上がるかというと、商品の良さを誠心誠意伝えようと思ってつい力が入ってしまうからです。

 いろいろ考えた結果、「お客様に熱く語るやり方はそのまま続けよう。だけど、できるだけ聞き取りやすく話すことを心掛けよう」と考えるようになりました。また、声のトーンだけでなく、商品を紹介している途中で些細な失敗からテンションが下がっていないかなども、チェックするようになりましたよ。

コメント4

「ジャパネットたかた 高田明の「みなさんの相談に乗りましょう」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監