• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

技術偏重の病を克服する

  • 小瀧 麻理子

バックナンバー

2010年3月1日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 温暖化ガスを1990年比で25%削減する――。その目標を日本が達成できるのかどうかを論ずる前に、直視しなければならない現実がある。それは日本が環境分野で先進国どころか、欧米勢や中国勢の後塵を拝していることだ。

 実態を明らかにするため、日経ビジネスでは2010年3月1日号で「環境後進国ニッポン」と題した特集を企画した。日経ビジネスオンラインでは、今まさに環境分野で起きているパラダイムシフトの現場をリポートする。

 世界各地でクリーンテック(環境・エネルギー)ビジネスが芽吹いている。大規模な太陽光や風力、太陽熱といった再生可能エネルギーを活用した発電所の稼働や、新交通システムにIT(情報技術)などと連携したスマートグリッド(次世代電力網)を整備した環境都市――。

 これらの巨大プロジェクトを仕切る顔ぶれは欧米の大企業群ばかりが目立つ。部品の提供においても欧米や中国勢が勢いを増す。沸き立つ巨大マーケットを前に、「環境大国・ニッポン」を自認して来た日本の存在感は悲しいほどに薄い。なぜこのような事態になってしまったのか。

 その理由を、様々な環境関連装置の開発・製造を手がける三菱重工業で環境事業を統括する福江一郎副社長にたずねた。

福江 一郎(ふくえ・いちろう)氏
1971年三菱重工入社。2002年に同社の原動機を製造する高砂製作所長、本社取締役就任。その後、原動機事業本部長を経て2008年に副社長就任。同社のエネルギー・環境事業を統括している。(写真:後藤 究)
画像のクリックで拡大表示

 福江副社長 よく日本は環境先進国と言われますが、それは誤解です。メディアをはじめ様々なところでそうした幻想に包まれています。あえて申しますが、日本は環境で非常に遅れています。その現象はビジネスで如実に表れています。

 最も分かりやすい例が、太陽電池です。数年前は世界シェアのトップ5はすべて日本メーカーという状況だったのが、今では米国のファーストソーラーと中国のサンテック・パワーの2強が存在感を高めています。最近まではシャープさんや京セラさんのシェアが高かったのですが、今は海外のメーカーに押されています。

 風力発電の分野でも同様です。お恥ずかしい話ですが、当社も風量発電機に力を入れていますが、シェアは3%と4%の間を行ったり来たり。上位はデンマークのベスタスや米ゼネラル・エレクトリック(GE)、独シーメンスが占めています。

 日本の環境技術が優れていると言われますが、シェアのうえでは課題を残しています。それはなぜなのか。

 確かに、1970年代のオイルショックの時代に、産業界を上げて省エネルギー技術に取り組んで、危機を乗り越えた過去の成功体験みたいなものはあります。製鉄、化学、パルプなど、原単位のCO2(二酸化炭素)の排出量は世界で最も少ない。

コメント7件コメント/レビュー

タイトルの意味が全く理解出来ない記事だった。記事の内容はと言えば、今さら誰でも知っているような、平々凡々な記事。今頃何を言ってるんだと言わざるを得ない。新たな産業を創出するのは、三菱のように日本をリードする巨大企業の使命である。そして、その創出のために資金の提供や技術の標準化などを国が支援するのは当然であり、その支援を引き出す為の企業関連系は、リーダー企業の義務である。米欧から理不尽な圧力を受けて屈し続け、負け犬に成り下がった役人どもに鞭を入れるためにも、三菱などのリーダー企業や、経済マスコミのリーダーである日経ビジネスには、日本が持っている先端技術を用いて、どのような新産業を創出し、どのように世界へ拡大していけばいいのか、そのための提言を見せてもらいたい。米欧の圧力で解体させられた系列の復活とともに、系列を越えた企業間連携を築いて、強大な日本を創りあげる努力をして欲しい。その為の協力なら、この国に生まれた日本人が惜しむはずは無い。最後に、タイトルだけで気を引くような姑息な手段は止めて欲しい。(2010/03/02)

「環境後進国ニッポン」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

タイトルの意味が全く理解出来ない記事だった。記事の内容はと言えば、今さら誰でも知っているような、平々凡々な記事。今頃何を言ってるんだと言わざるを得ない。新たな産業を創出するのは、三菱のように日本をリードする巨大企業の使命である。そして、その創出のために資金の提供や技術の標準化などを国が支援するのは当然であり、その支援を引き出す為の企業関連系は、リーダー企業の義務である。米欧から理不尽な圧力を受けて屈し続け、負け犬に成り下がった役人どもに鞭を入れるためにも、三菱などのリーダー企業や、経済マスコミのリーダーである日経ビジネスには、日本が持っている先端技術を用いて、どのような新産業を創出し、どのように世界へ拡大していけばいいのか、そのための提言を見せてもらいたい。米欧の圧力で解体させられた系列の復活とともに、系列を越えた企業間連携を築いて、強大な日本を創りあげる努力をして欲しい。その為の協力なら、この国に生まれた日本人が惜しむはずは無い。最後に、タイトルだけで気を引くような姑息な手段は止めて欲しい。(2010/03/02)

化石燃料から自然エネルギーの利用に関する方向転換は単に地球温暖化面だけからでなく、化石燃料の埋蔵量は有限であり、年々消費量の増加する現状では、原油は何十年か後に枯渇するのは明らかである。そうなった段階でいち早く対応できた国が世界の覇者になりえるのは自明である。まもなく発表されるかもしれないという中国の2020年電気自動車販売数80%の目標はそういう視点から浮上してきたものと想像する。先進諸国が25%達成するならば我が国もするというのでは目標も定まらず良くない。我が国は強制的でない努力目標にすべきと考える。経団連が反対するような、鉄鋼業界などに削減目標を課さなくても良い。我が国はインーベションに力点をおいた取り組みをすべきである。例えば今日の日経新聞によれば、三菱化学はシリコンを利用しない製造コストも1割程度で済む太陽電池の生産意大規模投資するとの記事があった。定電圧を維持するという供給側のスマートグリッドを持つ我が国が、消費側のスマートグリッドグリッド技術を確立すればそれだけで消費電力を大幅に減らせるであろう。まだコスト面の問題があるようだが三井化学による炭酸ガスからプラスチックを作るという技術も技術革新によりペイできるようになると期待している。(2010/03/02)

さすが三菱重工さんだと思います。どしどし企業枠を乗り越えて日本の存続・発展のために更なる飛躍発展を期待いたします。当然グループ企業三菱商事さんの企業力との連携が優先順位として第1番になり、効率的だと思いますが、それをステップに企業グループ枠を超越した国を巻き込むご活躍が望まれます。(2010/03/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長