• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

何を始めるのにも遅いということはありません

ただし、やるなら今すぐ始めましょう

2010年3月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

質問

私には幼いころから夢見ていた仕事があります。いつかチャレンジしたいと思いつつ、気づけばもう30代半ば…。夢をあきらめるしかないのでしょうか。

(35歳、女性、営業事務)

 人生、何を始めるにも「遅い」などということはありませんよ。30代半ばなんて、まだまだ若い。私なんて、父の経営する「カメラのたかた」から独立して自分の会社をつくったのは37歳になってからですし、テレビショッピングを始めたときはすでに45歳でした。

 大学を卒業した後、機械メーカーに一度就職しましたから、父のカメラ店で働くようになったのも遅かったですよ。25、26歳のころから、父や兄弟が長崎県の平戸という島で営んでいた店の手伝いをするようになりました。

30代からの挑戦でも十分間に合う

 これがやり始めたらおもしろくて。写真の現像サービスやカメラの販売だけでなく、カメラ店がやれることなら、どんな仕事でもやりました。スリランカへの団体旅行に写真撮影のために同行したこともありましたし、雲仙など近隣のホテル宴会場での撮影は10数年、40歳になるくらいまでやっていましたよ。

 ですから「35歳から挑戦する」なんて、私に言わせれば早いぐらい。まだまだチャンスはあるし、いくらでもこれから先の人生が開けてきます。

来年度は新卒・中途合わせて100人程度を採用予定。話にも力が入る

 私が若い方々を見ていて思うのは、「自分がまだまだ十分な時間を持っている」という事実にあまり気づいていないということです。質問を下さった方のように、どういうわけか、まだ若いのに、「もう手遅れ」と自分で思い込んでいる方が案外と多い。

 でも、みなさん、自分の人生があと何年あるか数えてみてください。30代の方ならあと40、50年はあるでしょう。何かを成し遂げるには十分な時間じゃないですか。私などは還暦を過ぎていますが、夢を持ってチャレンジしています。

コメント6

「ジャパネットたかた 高田明の「みなさんの相談に乗りましょう」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長