• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

今度こそ、縦割りの弊害を取り払う

キャッシュ捻出し、斬新な製品を世に問う

  • 鷺森 弘

バックナンバー

2010年3月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 縦割り組織の弊害――。ソニーは過去、組織改正を繰り返しながら、何度も社内連携に失敗してきた。2009年4月の組織改革では、製造、調達、開発などモノ作りのベースとなる機能をグループ全体で統括する役員を決めた。長年指摘されてきた欠点をどう克服するのか。これらの分野を組織横断で統括する2人の役員に、現状の取り組みと課題を聞いた。


(聞き手は鷺森 弘=日経ビジネス記者)

韓国メーカーに突き放されてしまった
――中川裕・副社長(製造・物流・調達担当)

 ―― ソニーは工場運営や調達方針がバラバラだったことが、コスト増を生む要因になっていました。ようやく、組織横断的に見る体制を採用しましたが、運営面でどのような変化が起きていますか。

中川 裕(なかがわ・ゆたか)氏
1945年生まれ。1968年東京工業大学工学部卒業、ソニー入社。2003年業務執行役員上席常務。2006年副社長。2009年4月から製造・物流・調達を統括する役割を担う
(写真:村田 和聡)
画像のクリックで拡大表示

 中川 ソニーは、半導体メモリー1つを見ても、グループ全体でまとめて取引交渉をすることがまったくありませんでした。物流に関しても、ソニーとソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)で利用している業者が異なっていました。これは単に組織のエゴから出た問題です。

 コンサルティング会社に依頼して、ライバル企業との比較をしてもらいましたが、テレビのSCM(サプライチェーン・マネジメント)は韓国サムスン電子に完全に差を付けられてしまいました。

 2005年に会長に就任したハワード・ストリンガー(現会長兼社長)が組織の壁を壊そうと努力し、組織の壁が低くなっていたところに、昨年4月、製造・物流・調達を横断的に見るプラットフォームを作りました。2005年以降の取り組みがあったからこそ、今はスピード感を持って改革を進めることができていると思います。

 「ウォークマン」の構造の複雑さはパソコン並みですので、部品を共通化できる部分はたくさんあります。こうした共通点を見つけ、共同購買すれば、コストは下がります。2010年度末までに調達先を半減の1200社にするという計画は予定通りです(編集部注:現在は1300社まで削減)。

役割が明確でなかった製造子会社

 中川 エレクトロニクス事業を見ている吉岡浩・副社長(コンスーマープロダクツ&デバイスグループ統括)とホームエンタテインメント事業本部長の石田佳久・業務執行役員SVPが合理主義者であることも、改革が順調に進んでいる要因です。ただ、現場で有機的に動いて、取り組みを末端まで浸透させるには時間がかかると思います。

 ―― ソニーは2001年に国内の製造部門を分社化してソニーイーエムシーエス(ソニーEMCS)を発足させました。にもかかわらず、製造部門の効率化ができなかったのはなぜですか。

コメント3件コメント/レビュー

ソニーは子供の頃の夢の実現という意識をわすれてしまったように感じる。なにか難しいことばっかり並べ立てて、本当に魅力のある製品を亡くしてしまった。この20年くらい、そんな気がしていました。スカイセンサーであり、カセットタイプのウォークマンであり、ハンディカムであり、カタログ見つめて、これが欲しい!と言わせる製品を作って欲しい。今回の記事を見てもそんな意気込みが感じられません。失望してます。(2010/03/04)

「ソニーのジレンマ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ソニーは子供の頃の夢の実現という意識をわすれてしまったように感じる。なにか難しいことばっかり並べ立てて、本当に魅力のある製品を亡くしてしまった。この20年くらい、そんな気がしていました。スカイセンサーであり、カセットタイプのウォークマンであり、ハンディカムであり、カタログ見つめて、これが欲しい!と言わせる製品を作って欲しい。今回の記事を見てもそんな意気込みが感じられません。失望してます。(2010/03/04)

ソニーの皆さんの言っていることって、ここ数年全然変わっていないと思うのですけど。これまでなぜできなかったのか、新たにどのようなことをするので今度はうまくいくと思っているのか。数年前よりもコストも品質も製品ポートフォリオも悪化しています。主力と据えていた製品ジャンルに巨大なお荷物(たとえばPS3や液晶テレビ)を抱え込んでしまいむしろ状況は急速に悪化していますよね。その状況下で具体的な策が見えてこないのではインタビューした意味がない。ろくにツッコミきれていないと感じました。(2010/03/03)

本記事はジレンマの切り口が違う。ソニーの存在意義は新しい価値を創造することだったはず。そしてソニーには過去それを実現するための技術の蓄積があった。ウォークマンを構成するシートモータ、ガム型電池、テレビを構成するトリニトロン管、各種信号処理デバイス、ビデオカメラを構成するCCD技術、小型メカ技術。技術の裏づけをもって出てくる尖ったプロダクトには熱烈なファンがついた。今のソニーはどうか?ウォークマンはユーザビリティを省みずに著作権に拘るあまり失敗。テレビでは有機EL技術の開発に失敗しサムソンからの液晶パネル合弁調達。画像エンジン、キーデバイスの外部調達、OEM製品調達の加速。今のソニーはオンリーワン技術の欠如によるコモディティのアイデア企画商品のオンパレード、他メーカでも容易にキャッチアップ可能な商品企画に加え。数少なくなった自社製のキーデバイス(CCDやリチウムイオン電池)や商品を含めたびたび品質問題を起こす。ソニーの再生はまず製品の品質に対する顧客の信頼回復からコツコツと愚直に行うしかない。これが、旧ソニーファンが今のソニーに感じているジレンマです。(2010/03/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長