• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

電力でもインターネットの栄光再び、の米国

  • 瀧本 大輔

バックナンバー

2010年3月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 温暖化ガスを1990年比で25%削減する――。その目標を日本が達成できるのかどうかを論ずる前に、直視しなければならない現実がある。それは日本が環境分野で先進国どころか、欧米勢や中国勢の後塵を拝していることだ。

 実態を明らかにするため、日経ビジネスでは2010年3月1日号で「環境後進国ニッポン」と題した特集を企画した。日経ビジネスオンラインでは、今まさに環境分野で起きているパラダイムシフトの現場をリポートする。

 次世代電力網「スマートグリッド」の整備に総額45億ドル(約4000億円)を投資する――。米国政府が2009年に方針を打ち出して以来、米国のIT(情報技術)業界がスマートグリッド一色になっている。

 マイクロソフトやグーグル、シスコシステムズなど、ソフトからハードまで多種多様なIT企業が名乗りを上げ、シリコンバレーでは人、カネ、技術がスマートグリッドになだれ込んでいる。クリーンテック(環境・エネルギー)と共に、スマートグリッドに沸く状況は、さながらバブルと形容できるような状況だ。

 だからと言って、単なる一過性の「バズワード(定義が曖昧な流行語)」として捉えると、本質を見誤る。

インターネットの再来

 スマートグリッドの最大の特徴は、家庭や事業所といった利用者と電力網との間で、電力を双方向にやり取りできることだ。現在の電力網は、電力会社の大規模な施設で発電した電力を、利用者に一方通行で送る。つまり、一極集中型で片方向の送電システムである。

電力とデータが双方向で行き交う
画像のクリックで拡大表示

 それがスマートグリッドでは、家庭や事業所に置いた太陽光発電や風力発電など、発電量が小さく不安定な設備も電力網に接続する。つまり、家庭や事業所が電力を消費するだけでなく、電力網に供給することが可能になる。発電施設は分散化され、電力が双方向で送電システムを行き交う仕組みなので、従来型の電力網とは全く概念が異なる。

 分散型で双方向の送電を実現するには、施設ごとの発電状況や電力の消費状況のデータを、ネットワーク越しにリアルタイムでやり取りする必要がある。こうして電力とデータが相互に行き交い、状況に応じて臨機応変に電力の流れが変化する。そんな「賢い電力網」が、スマートグリッドの本質だ。まさに電力網のパラダイムシフトと言っていい。米国は古くて停電も多い旧来の老朽化した送電網から、一足飛びに次世代のインフラへと移行しようとしている。

 そのパラダイムシフトにシリコンバレーが沸き立つのは、インターネットの成功体験を再現できると考えているからだ。

コメント9

「環境後進国ニッポン」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO