• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

電力でもインターネットの栄光再び、の米国

  • 瀧本 大輔

バックナンバー

2010年3月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 温暖化ガスを1990年比で25%削減する――。その目標を日本が達成できるのかどうかを論ずる前に、直視しなければならない現実がある。それは日本が環境分野で先進国どころか、欧米勢や中国勢の後塵を拝していることだ。

 実態を明らかにするため、日経ビジネスでは2010年3月1日号で「環境後進国ニッポン」と題した特集を企画した。日経ビジネスオンラインでは、今まさに環境分野で起きているパラダイムシフトの現場をリポートする。

 次世代電力網「スマートグリッド」の整備に総額45億ドル(約4000億円)を投資する――。米国政府が2009年に方針を打ち出して以来、米国のIT(情報技術)業界がスマートグリッド一色になっている。

 マイクロソフトやグーグル、シスコシステムズなど、ソフトからハードまで多種多様なIT企業が名乗りを上げ、シリコンバレーでは人、カネ、技術がスマートグリッドになだれ込んでいる。クリーンテック(環境・エネルギー)と共に、スマートグリッドに沸く状況は、さながらバブルと形容できるような状況だ。

 だからと言って、単なる一過性の「バズワード(定義が曖昧な流行語)」として捉えると、本質を見誤る。

インターネットの再来

 スマートグリッドの最大の特徴は、家庭や事業所といった利用者と電力網との間で、電力を双方向にやり取りできることだ。現在の電力網は、電力会社の大規模な施設で発電した電力を、利用者に一方通行で送る。つまり、一極集中型で片方向の送電システムである。

電力とデータが双方向で行き交う
画像のクリックで拡大表示

 それがスマートグリッドでは、家庭や事業所に置いた太陽光発電や風力発電など、発電量が小さく不安定な設備も電力網に接続する。つまり、家庭や事業所が電力を消費するだけでなく、電力網に供給することが可能になる。発電施設は分散化され、電力が双方向で送電システムを行き交う仕組みなので、従来型の電力網とは全く概念が異なる。

 分散型で双方向の送電を実現するには、施設ごとの発電状況や電力の消費状況のデータを、ネットワーク越しにリアルタイムでやり取りする必要がある。こうして電力とデータが相互に行き交い、状況に応じて臨機応変に電力の流れが変化する。そんな「賢い電力網」が、スマートグリッドの本質だ。まさに電力網のパラダイムシフトと言っていい。米国は古くて停電も多い旧来の老朽化した送電網から、一足飛びに次世代のインフラへと移行しようとしている。

 そのパラダイムシフトにシリコンバレーが沸き立つのは、インターネットの成功体験を再現できると考えているからだ。

コメント9件コメント/レビュー

米国の電力網の老朽化と非効率さは何十年来の問題ですからね。スマートグリッドの発想自体もその延長線上で出てきたものでは? そこを踏まえないと話にならんような。また中国のような大きい国土であれば効果は大きいでしょう。まぁ日本企業だって基幹技術の研究くらいはしてるでしょうけども。(2010/03/05)

「環境後進国ニッポン」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

米国の電力網の老朽化と非効率さは何十年来の問題ですからね。スマートグリッドの発想自体もその延長線上で出てきたものでは? そこを踏まえないと話にならんような。また中国のような大きい国土であれば効果は大きいでしょう。まぁ日本企業だって基幹技術の研究くらいはしてるでしょうけども。(2010/03/05)

●スマートグリッドが我々にどんな恩恵をもたらすか●スマートグリッド(SG)で何ができるかはよく世間で話題になっており、世界市場規模は100兆円にもなるとの試算もある。しかし、SGそのものが日本国民に何の恩恵がもたらされるかはあまり語られない。▲基本的にSGによって恩恵を最も受けるのは電力会社だ。米国の送電網は日本と比較しかなり旧式で停電も多く、ピーク電力への対応も十分ではない。そのなかで、自然エネルギー由来の電力が無秩序に送電網に流れ込むと停電や設備破損につながりかねないため、早晩着手しなければならない送電網のリニューアルついでに最新のシステムで対処しまおうというものである。欧州も急増した風力発電対策と盗電対策が主眼である。▲一方、需要者のメリットは電気代が多少安くなるくらいで、大騒ぎするほどの利益はない。日本の電力網は高性能で信頼性の高いシステムを既に導入済みであり、自然エネも地形的な理由等で爆発的な普及が難しい我が国では、直ちに送電システムを脅かすこともない。▲米国の流行に盲目的に追従するのではなく、エネルギー効率向上化など最も効果的な分野から順にスマートに投資すべきだ。(電力関係者ではありませんが)(2010/03/04)

アメリカでスマートグリッドと言われている物のうち、高圧配電系から上の部分は、日本では既に10年前から「配電自動化」「総合自動化」などの名前で実現しているものばかりです。逆に実現していない項目を抜き出した方が早い位です。未実現項目: 1.系統状況に呼応した需要家設備の自動制御(制御機能付のスマートメーターもここに入る) 2.大容量蓄電池などを利用した地域単位の負荷平準化 3.需要家向けのエネルギー消費状況のリアルタイム「見える化」(2010/03/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授