• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第7回 パーティで人脈が広がる、と、本当に思いますか?

2010年3月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今をときめくクリエイティブ・オフィス、佐藤可士和ひきいるSAMURAIのマネージャーという肩書きと、おもに「りゅくす」な雑誌のグラビアに紹介されるライフスタイルは、「オトコらしい」目からすると、ちょっと斜めから見たくなるものだ、と思います。なにをかくそう、話をうかがいに行くまでの私がそうでした。清野さんとの長い付き合いがなければ、たぶん「いやわたしはそういう華やかな方の華やかなお話は」とご遠慮していたと思います。だからこそ、ぜひ、多くの自覚無くオトコらしい方々に、ふたりの会話を届けたいなと思った次第。「オトコ」の外側から見ないと分からない弱点に、タダで気づけるなんて!

 さて今回の「オトコ」らしいポイント、貴兄は何カ所見つけられるでしょう。気づけば気づくほど、お仕事の力は増していく、と思います。(編集Y)

清野 佐藤さんが仕事をする時に、こころがけていることは何でしょうか。

佐藤 「常に笑顔で」「感情を出したら負け」。この2つですね。

清野 それらは誰かに言われたこと? あるいは、自らの経験を通して身に付けたことでしょうか。

佐藤 もう、経験につきます。前回にお話したように、フィーなどの条件交渉の際に、なるべく後で揉めないように率直に話そうとしたら、先方から「不愉快なやつだ」的な態度表明をされたことが何度もありました。数字と条件を明確にしようとした時に、相手の男性から「どうしてお金の話を先にするんですかね」と、うんざりした顔で言われたことも、よく覚えています。ビジネスの場でそういう態度を実際に見聞きする中で、同じことを言うにも、言い方と態度って本当に重要だな、と心底思うようになりました。

清野 仕事で感情が先走る場面は不快ですよね。ただ、感情に感情で応酬しても、いい結果にはならないでしょう。そういう時は、どうやって持ち直すんですか。

感情的にキツい場面の乗り切り方

佐藤 相手が感情的になったとしても、自分は常に冷静でいようと努力しています。それから女性ですから、きつい場面があっても笑顔というか、やわらかい物腰でいるようにも心がけています。

清野 佐藤さんの言動からは、そういった自己統制の意志を感じます。冷静でありながらやわらかな物腰、というバランスは、心身に強靭さがないと、なかなかできないものですよね。

 ちょっと話が逸れるのですが、以前、脳の研究をしている学者の方に聞いた話を思い出しました。その方の説によると、人間の感情は内臓から湧き上がり、それを統御するのが筋肉なのだ、ということなんです。つまり理性の発動には筋肉が必要なのですが、佐藤さんは週に2回、ジムでのトレーニングも日課にされていますよね。佐藤さんはアスリートのような体型で、筋力、強そうですね。

(写真:樋口 とし)

佐藤 筋力がどうかは分かりませんが(笑)、とにかく感情的になっていいことは何もない、ということは、今までの経験からよく知っています。

清野 とはいえ、人間だから感情が湧き上がることもありますよね。

佐藤 それはあります。でも、たとえ相手と感情的な行き違いが生じたとしても、冷静な対応ができれば、話し合いの余地はあるので、案件は続きますよね。逆に、感情的な対応以外に発展しないような方との仕事は、続けるのが難しいです。

清野 案件が続くか、続かないか、そのあたりの見極めや割り切りは、男性より女性の方がはっきりしていると思うのですが、ただ、感情的なモノの言い方って、男女の別はないですよね。

他人の「イヤな態度」は、学ぶ素材にするしかない

佐藤 基本的にはないと思います。で、相手の感情的な態度がイヤだな、と思ったら、自分はそうしないように努力します。そうやって学んでいくしかないですよね。

清野 ほかにもイヤな態度って、ありますか。

佐藤 イヤ、というのではないのですが、必要以上に威張っているような人は、かえって安っぽく見えるのに、と思ったりはします。

清野 いますよね。小さいことをいちいちエラそうに指示したがる人。あれ、エラそうな人ほど、エラくなく見える、ということを、ご本人は分かっているのでしょうかね。

佐藤 私は基本的にはPRの出身なので、ぎえっ、と思うようなことがあっても、即、顔には出さないようにはしています。でも、相手が佐藤だとそうもいかないですよね(笑)。

清野 おっ。そこを聞くと安心します。佐藤悦子にしても、鉄の妻ではないんだ、と。

コメント0

「「オトコらしくない」から、うまくいく」のバックナンバー

一覧

「第7回 パーティで人脈が広がる、と、本当に思いますか?」の著者

清野 由美

清野 由美(きよの・ゆみ)

ジャーナリスト

1960年生まれ。82年東京女子大学卒業後、草思社編集部勤務、英国留学を経て、トレンド情報誌創刊に参加。「世界を股にかけた地を這う取材」の経験を積み、91年にフリーランスに転じる。2017年、慶應義塾大学SDM研究科修士課程修了。英ケンブリッジ大学客員研究員。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長