• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

IBMのノウハウ持ち込み変革を進める

ストリンガー会長兼社長の腹心が語る変革の行方

2010年3月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2009年6月、ソニーが新設したあるポストが話題になった。「チーフ・トランスフォーメーション・オフィサー(CTO)」。そこに就いたのは直前まで米IBMで半導体部門を率いていたジョージ・ベイリー氏だった。

 「ソニーのジレンマ」。第4回に登場するのは、ソニーの変革を主導するジョージ・ベイリー業務執行役員SVP CTO。就任からこれまで日本のメディアに対して沈黙を守ってきたハワード・ストリンガー会長兼社長の腹心が、初の単独インタビューに応じた。


(聞き手は広岡延隆=日経ビジネス記者)

 ―― 米IBMからソニーに移って半年以上がたちました。移籍の経緯を教えてください。

 私はハワード・ストリンガー会長兼社長とは旧知の仲です。ソニーの経営体制が昨年4月に刷新された時、私のソニーに対する見方も変わりました。その時からソニーを強力な経営チームが率いるようになり、製造やソフトなどの横串がきちんと通った、統合された組織もできました。

 こうした果断な動きを見て、ソニーは構造改革を推し進めて必ずやエレクトロニクス産業のトップに返り咲くと確信しました。そのストーリーを実現する一員になりたい。そう考えたのが、私がソニーに加わったきっかけでした。

コスト削減と進化を両立

ジョージ・ベイリー業務執行役員SVP チーフ・トランスフォーメーション・オフィサー(CTO)
1956年生まれ。79年米クレアモント大学院大学でMBA(経営学修士)取得。81年米ペパーダイン大学で人材活用や組織変革に関する修士取得。82年米タワーズペリン(現タワーズワトソン)、米プライスウォーターハウス、米ワトソンワイアットなどを経て、2002年米IBMのゼネラルマネージャーに就任し、ハイテク産業向けの営業及びコンサルティング事業を統括。08年IBMの半導体事業部門のゼネラルマネージャーに就任。09年6月 ソニー業務執行役員SVP チーフ・トランスフォーメーション・オフィサー(CTO)に就任、09年8月から情報システム担当を兼任し現在に至る
(写真:村田 和聡、以下同)
画像のクリックで拡大表示

 私はソニーへの移籍直前まで、米IBMの半導体事業を率いていました。IBMとソニーは東芝と一緒にゲーム機用高性能半導体「セル」を開発するなど良好な関係を築いており、私もソニーの経営陣を知る機会がありました。それまでのコンサルタント経験において、日本の電機メーカーと多くの付き合いがあったのもソニーへの移籍の背景にあります。

 ―― チーフ・トランスフォーメーション・オフィサー(CTO)は、馴染みが薄い言葉です。どんな役割なのでしょうか。

 ソニーにとってもCTOという役職は新しいものです。私は自分自身の役割をソニーの変革(トランスフォーメーション)を加速させることと考えています。具体的な内容は大きく2つあります。

 まずコストダウンです。競争の激しい業界ですからコスト削減は重要です。そのための手段の1つに、1カ所で共通業務を行う「シェアードサービス」があります。

 例えば、買掛金の支払い業務はこれまで各事業部で別々にやっていました。これを1つのサービスとしてまとめることで、効率を高めてスピーディーにできます。

 もう1つはさらに重要です。ソニーの内部にあるイノベーション(革新)、成長、新製品、新しいビジネス精神といったことに着目し、それを育てることです。そのためソニーの企業文化、ビジネスのやり方を研究しました。もっと身動きや意思決定を早くする方法を見つけたいと考えたのです。

チームの力、そしてそれがソニーの力

 ―― もう少し具体的に教えてください。例えば中川裕・副社長は生産、物流、調達といった部門を取りまとめて、コスト削減に力を入れています。ベイリーさんの役割とどう違うのでしょうか。

コメント1

「ソニーのジレンマ」のバックナンバー

一覧

「IBMのノウハウ持ち込み変革を進める」の著者

広岡 延隆

広岡 延隆(ひろおか・のぶたか)

日経ビジネス記者

日経コンピュータ編集部、日本経済新聞産業部出向を経て2010年4月から日経ビジネス編集部。現在は自動車など製造業を担当している。これまでIT、電機、音楽・ゲーム、自動車、製薬産業などを取材してきた。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授