• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

第8回 あなたはオンリーワンの自分に気づいていない

キャリアを業界や職種だけで判断しない

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2010年3月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

たとえば「営業経験」というキャリアをどう見るか

 第5回のコラムでは、「あなたの替わりならいくらでもいる」という話をした。今回は「あなたのキャリアは、すでにオンリーワンですよ」という話をしたい。矛盾しているようだが、実は矛盾していない。

 自分のこととして読まれる方には、「そうか、自分のキャリアも捨てたものではないのだな」と思っていただけると思う。経営者や人事の方には、社員のキャリアをどのように生かせばいいかのヒントとなるだろうか。

 大手企業を中心に、社員の過去のキャリアをD/B(データベース)化して、人事データとして活用しようとしているところもあると聞く。だが、本当に社員のキャリアを有効活用できているだろうか。

 わかりやすい例を挙げよう。ある社員が営業経験者だとする。会社としては、彼(彼女)のキャリアをどのように認識し、D/B化しているだろうか。

 「営業」経験があるという認識(D/B)だけでは、彼を生かすことはできない。シンガポールで海外営業を3年経験していたとすれば、国名と年数、職種くらいはD/Bに登録されているだろうか。

 彼の営業キャリアを生かしたいのは、本人にとっても人事部や経営にとっても、次なる人事においての話だ。たとえば経営の意向を受けて、かつて経験したことのない新しい分野での新規事業立ち上げメンバーを社内で探したいとする。その際に彼のキャリアへの認識(D/B化)が生かせなければ意味がない。

 「営業」「シンガポール」「3年」という情報だけで、彼が適任かどうかを判断できるだろうか。

 一人ひとりの職務経歴と働きぶりの評価書類を、一枚一枚繰りながら探していった方が、よほど適任者は見つかるだろう。もっと早いのは、各部署のメンバーの力をよく知るトップに、「こんな経験者はいませんか」と聞くことだ。

 優秀な部下を人事に出されたくないので、部署トップは適任者がいても教えないかもしれないが、その懸念は別の形で阻止することができる(機会があればまたお話ししたい)。

 社員が把握できない人数になると、会社として人事としては、どうしてもデータとして管理したくなる。だがそれは、一人ひとりに経験させたせっかくのキャリアを見えなくしている可能性も高い。高いお金と時間をかけて人事D/Bを作ることに意味がないとは言わないが、もったいないと思う。

 個人のキャリアをどう認識するかという点では、採用時も同じである。先ほどの人事D/Bのような面接をしている担当者はいらっしゃらないとは思うが、スペックだけで判断していては本当の適任者を見逃すことになる。

キャリアは一人ひとり異なるから面白い

 私は過去に、1万人以上の「人生理念の整理」に関わらせていただいた。最近は企業理念コンサルティングという仕事柄、経営者の「人生理念の整理」をお手伝いすることが多い。その昔、転職相談などのキャリアカウンセリングまでしていた時代は、その方の「人生理念の整理」に、その方のキャリアを組み合わせて次のステップをアドバイスしていた。

 「転職を考えているのですが、武田さんに相談してもいいですか」。私の経験を知る友人から、まじめなキャリア相談を持ちかけられることも少なくない。

 私が彼(彼女)に最初に求めるのは、職務経歴書を書いてもらうこと。これまで経験してきた仕事を客観的に見直すいい機会となる。「転職こそがステップアップ」と考えたり、しょっちゅう転職をしている人を除けば、日本人は普段こうした作業をしていない。

 私が数多くの職務経歴書を見ながら、実際に本人のキャリアをじっくり聞いて一番に感じることは、「ほとんどの人は、自分自身のキャリアの魅力について、実はよくわかっていない」ということだ。

 実際、素晴らしいキャリアをお持ちの方が多い。特別なキャリアを持っている人では必ずしもない。「私は営業しか知らなくて・・・」あるいは「経理畑一筋です」という人のキャリアを掘り下げて聞いていけばいくほど、私は毎回ある真実に突き当たる。

 「キャリアは一人ひとり異なる」ということ。そして「一人のキャリアの生かせる先は一つではない」ということだ。

コメント7件コメント/レビュー

高卒で転職経験の多い私にもドキッとするほどポイントを突いた内容でした。私の場合は「引き抜きにて他社へ移動」がほとんどでしたので、(職種は変えていません)職歴や職務内容を書き出す事も有りませんでした。54才にて病気入院(血液のガン)を経験しその時初めて自分の職務経歴を書き出して見ました、今までの自分を見つめたくなったんですハローワークでは無いですが、職種が違うとまるっきりの無経験者ですので 声も掛けてはもらえません何が出来ますか?と聞かれたら「これが出来ます」と言える自分に安心しました。(2010/03/10)

「武田斉紀の「よく生きるために働く」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

高卒で転職経験の多い私にもドキッとするほどポイントを突いた内容でした。私の場合は「引き抜きにて他社へ移動」がほとんどでしたので、(職種は変えていません)職歴や職務内容を書き出す事も有りませんでした。54才にて病気入院(血液のガン)を経験しその時初めて自分の職務経歴を書き出して見ました、今までの自分を見つめたくなったんですハローワークでは無いですが、職種が違うとまるっきりの無経験者ですので 声も掛けてはもらえません何が出来ますか?と聞かれたら「これが出来ます」と言える自分に安心しました。(2010/03/10)

 とても面白い記事でした。自己分析って結構本人ではきずかない事が多く、友達から指摘されることがおおいので。これからも色々な人と携わってよいサポートをしていってください。(2010/03/09)

出向時に「職務履歴」を提出するように言われ、「え、どの部署に何年在籍していたかなんて人事で把握してるでしょ?」と思いながらまさしく「何処に出しても門前払い」レベルのものを書き上げた際のことを思い出して冷や汗が出ました。面接で職務履歴について説明を求められた時も「え、現在の職場から経歴は既に知らされてるんじゃなかったの?」とこれが転職試験だったら不採用は確実なへどもどした受け答えをしてしまいました。一年に一度は真剣に自分の職歴を振り返るようにしないと。(2010/03/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授