• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【最終回】 話し合う会議をしないで、会社は成長しました

私の会議を、うまく応用してみてください

  • 吉越 浩一郎

バックナンバー

2010年3月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 約3カ月にわたって、前の会社で社長として行ってきた会議「吉越式会議」について解説してきた本コラムも、いよいよ今回が最終回となりました(コラム一覧)。前回に引き続き、さまざまに頂戴したコメントの中で、この点については、もっと詳しくお話ししておいたほうがいいな、と思えるものに関して、お伝えさせていただきます。

 なお前回に同じく、私のほうでおそらくこんなニュアンスのことをお聞きになりたいのでは、というものにまとめ、お答えするものといたしましたこと、ご了解願います。

疑問1 議題用のメモ=プロジェクターに映し出す紙とはどのようなもの?

 この記事をきっかけに拙著『吉越式会議』をご購入いただいた方も多いようです(ありがとうございます!)。そこに書いていた会議の進め方の中で、議題用のメモ紙をプロジェクターに映し出すということの意味がよくわからないというご指摘をいただきました。OHPならメモ紙ではありませんし、メモもありますが、紙をプロジェクターで映すような方法があるのか、ということだと思います。これが、あるのです。

ハガキだから要点をまとめるクセがつく

 日本の製品で似たようなものでより安価なものもありますが、私たちが使用していたのは、オーストリアの会社の「WolfVision」というマシンです。このマシンはなかなかの優れもので、机の上にA4より少し小さいくらいの光を当てます。そこに置いたものが、そのまま前面のスクリーンに映し出されるのです。しかも、テレビ会議を通して全国の事務所でも、同じスクリーンに映されます。したがって、紙そのものは特に変わったものではなく、全くの普通紙でいいのです。

 ただ、そのスクリーンに映る文字の大きさから考えると、絵葉書サイズにまとめて書いたものが一番見やすいことがわかりました。そこで、議題を映し出す資料などを社員が作ってくる場合にも、絵葉書サイズで作ってくるようになりました。絵葉書サイズだとスペースが小さいですから、それなりの大きさでないと文字がうまく出ません。そこで誰もが要点をまとめてくるという副次的効果もありました(縮小をすればいいだろう、とA4で作ったものを絵葉書サイズに縮小してきた不届き者がいました。しかし、スクリーンに拡大しても文字が小さすぎて全く見えなかった、という笑い話もありました)。

 何より普通の紙をそのまま映し出せることが便利でした。その場でサラサラとメモを書き、映し出すこともできました。私は、パソコンを会議で使ったことはありません。パソコンは意外に会議では使い勝手が悪いのです。それこそ何時間もかけてパワーポイントで資料を用意するなど、前の会社の会議ではありえませんでした。

 また、OHPのように特別な用紙を用意する必要もない。とにかく手間がかからないようにしていたことも、毎日、会議ができた要因だったと思っています。

コメント2件コメント/レビュー

> 終わりの時間をきっちり定めておかないと、人間はどうしても時間を延ばしてしまうのです。しかし、それに慣れると、ポジションが上になったときに、とても仕事をこなせなくなります。この言葉はとても耳が痛かったです。どうせ定時までには終わらない仕事だし、周りも皆残業するだろうからと思ってアクセルを緩めながら仕事をしていると、いつしかそれが普通になってしまって残業することが当然の身体になってしまうのです。ポジションが上がった今、以前残業して帰った時間になってもまだ仕事が終わらず、昔以上の残業を強いられています。身体の慣れというのは恐ろしいものです。たとえ出来なくても、定時までに仕事を終わらすことを意識しながら仕事をするのは大事なことだと思います。(2010/03/09)

「吉越浩一郎の「結果の出る会議」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

> 終わりの時間をきっちり定めておかないと、人間はどうしても時間を延ばしてしまうのです。しかし、それに慣れると、ポジションが上になったときに、とても仕事をこなせなくなります。この言葉はとても耳が痛かったです。どうせ定時までには終わらない仕事だし、周りも皆残業するだろうからと思ってアクセルを緩めながら仕事をしていると、いつしかそれが普通になってしまって残業することが当然の身体になってしまうのです。ポジションが上がった今、以前残業して帰った時間になってもまだ仕事が終わらず、昔以上の残業を強いられています。身体の慣れというのは恐ろしいものです。たとえ出来なくても、定時までに仕事を終わらすことを意識しながら仕事をするのは大事なことだと思います。(2010/03/09)

他社が吉越式会議を採用「できない」根本的な理由は1つしか無い(経営者が自らの仕事である「経営責任を伴う経営判断」を行わないから)のに、吉越氏はそれをあえて指摘せずに遠まわしに示唆するのみに留めているようです。これを逃げ道を開けておく優しさと取るか、逃げる経営者は会社ごと潰れてしまえという冷徹さと受け取るかは、判断が難しいところです。(2010/03/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長