• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「買う」ではなく、「ねだる」という販路

財布の紐を握っているのは誰でしょう?

  • 藤野 香織,榊 理恵,中津川 あや

バックナンバー

2010年3月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「ふーーっ」。ワイングラスを目の前に眉をひそめている榊理恵。「どうしたの? ため息なんかついちゃって」「いつもなら、お店に入るなり、気になる通販のネタを話し出して止まらないのに」。中津川あや、藤野香織も心配そうに声をかける。この3人は、各々が通販企業に勤め、通販ビジネスについて議論する仲だ。

 「あ、あのねー、聞いてくれる? きっと2人はそっち方面に詳しいと思うから・・・」。いつもと違う、はにかんだ顔の理恵。「実は・・・気になる人ができて、バレンタインのチョコ、なんてものを先月あげたんだよね。もうすぐホワイトデーでしょ? どうなるかな~と思って」。

 「えええ~っ!! よかったじゃない! で、どんな人?!」。興味津々ですっかりノリノリの2人。「それがねー、その人、ホワイトデーとか、お返し、とかほとんど気にしなそうなタイプなんだよね。どうなるのかなあ・・・」。励ますように、あやが理恵の背中をドン!と叩いた。「任せなさい! 相手にその気があろうがなかろうが(?!)、プレゼントしたくなる通販サイトがあるのよ!」。

 女性下着メーカーの大手であり、業界2位のマーケットシェアを誇るドイツ系下着メーカー、トリンプ・インターナショナル・ジャパン(東京都大田区)。着け心地を追求した「恋するブラ」、健康維持の観点から下着を考えた「骨盤のきもち」など、女性の隠れたニーズを衝いた個性的な商品展開で注目を集めています。

成功率79%のマジック

 20近くある商品ブランドの中で、ウェブ限定ブランドの「desire(デジール)」のサイトに搭載されているのが「おねだり機能」。これは、女性が欲しいと思う商品を自分で買うことなく、彼に「おねだり」をして、彼に買ってもらうことができる、というもの。

 まずは、具体的に購入の手順を見ていきましょう。

トリンプ・インターナショナル・ジャパンの女性向け下着販売サイト「desire(デジール)」のトップページ。「おねだり機能」の仕組みが成功率とともに示されている。
画像のクリックで拡大表示
カートの中を確認しつつ、「おねだり相手の情報」を入力。サイズを相手に知らせない設定が可能、という細かい気遣いも。
画像のクリックで拡大表示
おねだりしたい相手にメールが届く。そこに表示されているリンクをクリックすると購買画面に。有効期限は1週間。
画像のクリックで拡大表示

 ウェブページには「おねだり成功率79%」と謳われ、ギリギリのところでおねだりを迷う女性たちを後押ししています。

 一般的に、自分の欲しいものを誰かに買ってもらう、ということはなかなかうまくいかないもの。ですが、この場合は女性側がその商品を欲しい、という気持ちと、男性側の「今後」への期待の高さ、といったようなもの――つまり、双方のメリットが合致した結果と考えられます。

コメント0

「購買行動を創造する「通販のヒミツ」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト