• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

新卒“一括”採用は、やめられない?

敗者復活を阻む、私たちの価値観

2010年3月11日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 “新卒一括採用信仰”なるものが、高校生にまで影響を及ぼしているらしい。

 先日、高校3年生のA子さんから進路に関する相談を受けた。彼女は大学3年生の時に海外の大学と半年間の交換留学プログラムのある某大学を第1志望にしようとしたところ、担任の先生から、「3年生のときに留学していては、就職活動に支障がでる。もっと就職に力を入れている他の4年制大学に進んだほうがいい。就活が遅くなればなるほど、大変な思いをする」と言われたそうだ。

 数年前から、「就職まで責任をもって面倒をみて、いい就職先を斡旋する」ことを“売り”にする大学も増えてきた。その背景には、少子化の影響がある。それに加えて、バブル崩壊後の就職氷河期に始まり一昨年のリーマンショックと、世の中の経済状況の影響をもろに受ける新卒一括採用に対して学生や親御さんたちが抱く不安感を逆手にとった、大学側の生き残りをかけた営業方針も見え隠れする。

 厚生労働省と文部科学省の共同調査によると、2010年3月大学卒業予定者の就職内定率は62.5%(2009年10月1日時点)で、これは“就職氷河期”と言われた2003年の60.2%、2004年の61.3%に次ぐ低い水準だった(関連記事「会社はヒマつぶし?」)。また、日本経済新聞社が独自に実施した主要企業の2010年度採用状況調査(10月1日時点)では、大卒の採用内定者数が2009年春入社実績に比べて28.6%も低下。つい先日も、企業の47.5%が2010年度に正社員の採用を予定していないという報道や、大卒求人を採用途中で撤回する企業が相次いでいるとの報道があり、新卒社会人の就職戦線に明るい話題がない。

 こういった状況をうけ、学生側は例年にも増して就活への不安感を増幅させている。

 11月中旬時点で企業に「エントリーした」学生は全体の95%で、1人当たりの平均エントリー社数は44.3社。これは前年同期の33.5社と比べ10社以上も多く、就活に早くから取り組む傾向が認められている(2011年3月卒業予定者対象・ディスコ調べ)。さらに、2年生のときからセミナーに参加する“就活予備軍”も現れている。

 学生の間には「受かる秘訣」マニュアルなるものも存在する。どんな仕事が世の中にあって、自分がどんな仕事をやってみたくて、どんな世界で自分の可能性に懸けてみたいか、などとキャリア意識を高めるのではなく、とにかく就活で失敗しないようにとテクニック磨きにプライオリティーをおく学生が急増しているという。

“ハローワーク”化する大学、“始発電車”を目指す学生

 私たちの時代にも、将来を見据えて進学を決める傾向はあった。だが、今や大学は就職するための“予備校”だ。学問の場であるはずの大学は、もはや“ハローワーク”化しているのだ。

 新卒発の始発電車に乗れないと、二度といい電車には乗れない、といった曖昧な不安感。電車の行き先が本当に“しあわせ行き”かどうか確かめることもなく、「いい電車に乗るためには、早くからなるべくいいポジションにいた方がいいでしょう」とばかりに、“受験戦争”も過熱する。すべては、新卒一括採用という“一発勝負”への恐怖感。「早いうちから、前に前に、少しでもいい場所に陣取らなきゃ、苦労するよ!」。そんな目に見えない重圧が、大学生ばかりか高校生にまでのしかかっている。

 そもそも新卒一括採用は、終身雇用とセットで「日本的雇用慣行」を支えてきた制度。終身雇用が崩壊した今、新卒一括採用だけが残っているというのも妙な話だ。終身雇用をやめるのであれば、企業は通年採用を選択すべきだし、新卒一括採用にするのなら終身雇用を貫けばいい。

コメント40件コメント/レビュー

ある一企業側からすれば、同一労働同一賃金の採用や年功序列や終身雇用の廃止は、人件費を固定費にしなくて済むので、コストダウンにも繋がり、とても都合の良い方策です。また、派遣の使い捨てが問題となっていますが、正社員も使い捨てに出来ることとなり企業には都合が良いシステムです。一方、従来の年功序列では、子供の教育に最もお金のかかる年代において、最も収入が多くなる様に設計されているので、日本の高い大学進学率を維持できる要因となっていました。また、終身雇用によって会社や銀行から住宅取得用の低金利長期ローンを借りられるので、30代後半には、自分の家を持つことができました。たしかに、同一労働同一賃金を採用した場合、若い人は職を得やすくなりますが、中高年の失業率は上昇し、労働者の生涯賃金は今より低くなるでしょう。もちろん、新卒者の就職難は大きな問題で、何らかの解決策が必要ですが、その為に全体の枠組みを壊して、生涯賃金や進学率を低下させるのは本末転倒の様に思います。新規採用の促進には、税金を払っている企業に対して、採用後3年間は、給与や研修費に対する補助や税の優遇措置を取るとか、大学カリキュラムを改革し、企業が無理をしてでも採用したい人材を育成するとか、大学発ベンチャーの育成とか、今の枠組みを壊す前にやるべきことはまだまだ有りそうに思います。(2010/03/12)

オススメ情報

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「新卒“一括”採用は、やめられない?」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ある一企業側からすれば、同一労働同一賃金の採用や年功序列や終身雇用の廃止は、人件費を固定費にしなくて済むので、コストダウンにも繋がり、とても都合の良い方策です。また、派遣の使い捨てが問題となっていますが、正社員も使い捨てに出来ることとなり企業には都合が良いシステムです。一方、従来の年功序列では、子供の教育に最もお金のかかる年代において、最も収入が多くなる様に設計されているので、日本の高い大学進学率を維持できる要因となっていました。また、終身雇用によって会社や銀行から住宅取得用の低金利長期ローンを借りられるので、30代後半には、自分の家を持つことができました。たしかに、同一労働同一賃金を採用した場合、若い人は職を得やすくなりますが、中高年の失業率は上昇し、労働者の生涯賃金は今より低くなるでしょう。もちろん、新卒者の就職難は大きな問題で、何らかの解決策が必要ですが、その為に全体の枠組みを壊して、生涯賃金や進学率を低下させるのは本末転倒の様に思います。新規採用の促進には、税金を払っている企業に対して、採用後3年間は、給与や研修費に対する補助や税の優遇措置を取るとか、大学カリキュラムを改革し、企業が無理をしてでも採用したい人材を育成するとか、大学発ベンチャーの育成とか、今の枠組みを壊す前にやるべきことはまだまだ有りそうに思います。(2010/03/12)

いろいろなコメントが来ていますね。現実的でないとか、具体的提言がないとか。確かに。ただ、海外で子育てをして、大学生の娘を持つ親として、ここ20年ぐらい外から見ていて、日本がイビツに見えることが多いです(皆と同じでなければ、生きにくい、金銭面で損をするなど)。娘は、日本の親戚から「大学入学、おめでとう。」と便りをもらって不思議がりました。高校で普通に勉強していれば、進学は出来ます。これからがたいへん。自分の適性を見極め、方向性を絞り、知識とスキルを高め、在学中に実社会に出てワークエキスペリエンスを積み、社会の厳しさ・自分の適合性を知り、社会人としてのポシションを確立するのですから。(敗者復活もありです。)日本では、学業そっちのけで、専攻に関係なく2年生や3年生から就活に励み、目出度く枠に入った人達で大企業を動かしていくのですか?意欲とバイタリティーに溢れる中国・韓国人をはじめ、アジア各国に追い越されるのも近い?皆と一緒で安心するのではなく、一人ひとりが大人になれればいいですね。(2010/03/12)

 現在失業中ですが面接に行くと「日本人は履歴書に“穴”があくことをやたらと嫌う」のを実感します。私の職歴よりも、履歴書の穴に関わる部分質問の比率が高いように感じています。これ以外にも無意味で過剰な完璧主義やそこから派生する潔癖症な国民性があるように思います。それが「履歴書の穴を嫌う」とか「新卒一括採用」という形で表れているのではないかと思います。言いかえれば、「新卒は真っ白で綺麗な人。既卒者と転職者はバツ1つ以上で汚れた人」と捉える潔癖症な国民性ということです。グローバルの何のと騒ぐわりには、世界どころか新卒で入社した唯一その会社の中しか知らない籠の鳥が管理職や経営者になりやすい。同じ日本人でも中途採用を「よそ者」扱いする村社会、更に派遣に対しては昼休みの食堂で正社員と派遣社員の席を分けて同席させないアパルトヘイトのようなことをやる会社もあるようです。この国はくだらないしがらみや先入観が強すぎると思う。自称グローバル企業のトップが、実態は高崎山の田舎猿みたいな人間だったりして、そういう排他的な田舎もん根性から表面化した現象の一つが新卒一括採用なのでは?と思います。(2010/03/12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

地球環境への貢献と事業の成長は矛盾なく、ともに追求できると信じている。

井上 礼之 ダイキン工業会長