• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

林業は途上国の産業という“ウソ”

労働集約から機械化へ転換する時期に来た

  • 梶山 恵司,戸矢 晃一

バックナンバー

2010年3月15日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 林業は労働集約産業であり、森林整備のためには外国人労働者を入れざるを得ないというのが、一般によく言われる見方だが、現実はその逆で、林業は先進国でないと成立するのが困難な産業である。

先進国で増加する木材生産

 このことは前回指摘した通りであるが、実際、世界の木材生産および木材加工の3分の2は先進国(北米、EU=欧州連合=およびオセアニア)におけるものである。残り3分の1は発展途上国やロシアだが、その多くは原生林伐採などによるもので、必ずしも持続可能な森林経営が行われているわけではない。植林・収穫を繰り返すことによって持続的に林業を行う基盤を構築しているのは、基本的に先進国なのである。

 しかも、先進国における木材生産は1990年代以降、増加してきている。特に欧州では、1992年から2006年にかけて、増加率は4割にも達するほどである(先進国丸太生産の推移)。

 ところが、先進国の中で日本のみ木材生産の低下に歯止めがかからず、林業の衰退が際立っている。これは木が若すぎたことに起因するものであるが、これからは50年を超える木も多く出るようになり、林業のビジネスチャンスがようやく顕在化することになる。昨年末に新政権が発表した「森林・林業再生プラン」で木材自給率50%を目指すとしたのも、こうしたことを背景としている。

 日本で林業を成立させるための課題を明らかにし、ビジネスチャンスを現実のものとするための具体的な施策を提示していくことが本シリーズの目的だが、今回はまず、自給率50%を目指すうえでの前提となる生産性の問題について、欧州との比較で分析する。

 なお、ここでいう木材生産とは、山にある木を根こそぎ伐採する皆伐を意味するものではない。現状行われている皆伐は、土壌保全や生物多様性の観点から問題であるばかりでなく、経済的にも成立せず、持続可能ではない。我々が目指すのは、森林の多面的機能を発揮するための前提となる、間伐(木を間引くこと)による木材生産である。

日本の生産性は欧州の20分の1

 現状、日本と欧州の生産性格差は、あまりにも大きい。

 例えば、欧州では林業機械を使っての1人当たり年間木材生産量は、最低でも2000立方メートルである。チェーンソーなどを使わず、すべて大型の機械で作業する完全機械化されたシステムであれば、生産量は1人当たり1万立方メートルを超える。仮に材価を1万円とすれば、単純計算で1人当たり売り上げは1億円に達することになる。

 これに対し、日本の場合、皆伐による木材生産でも、2000立方メートルを超えることはまれで、間伐では500立方メートルで優良な部類に入るほどである。その場合、売り上げは500万円にしかならず、そこから諸経費を引いていけば、機械経費はおろか人件費すらカバーできない。

 森林所有者が木材売り上げで収益を得ることなど夢のまた夢に終わってしまうだろう。これでは、所有者が森林への関心を失うのもやむをえない。

 このような生産性格差の大きな背景にあるのが、林業機械である。つまり、欧州と日本では機械の能力およびその使い方が根本的に異なるということだ。

 木材生産は、立木を伐採し、伐採された木の枝を払い、所定の長さに切って丸太にし(これを「玉切り」という)、これをトラックの通れる土場まで運搬する工程からなる。

 このうち、立木の伐採、枝払い・玉切りまでは工程が連続していることから、この工程は一つの機械で処理できる。ハーベスタと呼ばれる機械である。

画像のクリックで拡大表示

コメント12件コメント/レビュー

日本の林業にはどうやら人材が決定的に不足しているようですね。記事文中に欧州の「林業試験場」というものが出てきましたが、そう言えば日本では”農業試験場”を聞くことはあっても林業試験場というのはあまり聞きません(ググってみたところ東京と北海道にはあるようですが)。ついでに言えば農学部というものはあっても、”林学部”はないですね(もちろん農学部の中に林学が位置付けられています)。今まであまり考える機会はありませんでしたが、日本の中で林業という位置づけが、国の政策面、学術分野、産業面において他の分野に比べて大きく遅れを取っていることはないでしょうか?(少なくとも素人から見るとバイオだ、遺伝子組み換えだと騒いでいる農業分野にくらべると差は明らか)▼これだけだとけなしているだけのように聞えるかもしれませんが、だからこそこれから発展の余地も大きいとも言えるわけで、最近はテレビなどでも苦戦する林業において奮闘する方々が紹介されてきていますし、机上の空論だなどと批判するのではなく、ぜひこのチャンスを生かして日本の林業を復活させてほしいものです。▼機械化、林道整備が必要という内容からも農学ではなく工学、及び土木分野の知恵があきらかに必要ですが、今まで双方で協力してこなかったのですかね。少なくとも学術面では怠慢だと感じます。(土木業者もこれからは“いらない道路”ではなく林道整備でご飯を食べていけるかもしれないしね)(2010/03/16)

「誤解だらけの日本林業」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日本の林業にはどうやら人材が決定的に不足しているようですね。記事文中に欧州の「林業試験場」というものが出てきましたが、そう言えば日本では”農業試験場”を聞くことはあっても林業試験場というのはあまり聞きません(ググってみたところ東京と北海道にはあるようですが)。ついでに言えば農学部というものはあっても、”林学部”はないですね(もちろん農学部の中に林学が位置付けられています)。今まであまり考える機会はありませんでしたが、日本の中で林業という位置づけが、国の政策面、学術分野、産業面において他の分野に比べて大きく遅れを取っていることはないでしょうか?(少なくとも素人から見るとバイオだ、遺伝子組み換えだと騒いでいる農業分野にくらべると差は明らか)▼これだけだとけなしているだけのように聞えるかもしれませんが、だからこそこれから発展の余地も大きいとも言えるわけで、最近はテレビなどでも苦戦する林業において奮闘する方々が紹介されてきていますし、机上の空論だなどと批判するのではなく、ぜひこのチャンスを生かして日本の林業を復活させてほしいものです。▼機械化、林道整備が必要という内容からも農学ではなく工学、及び土木分野の知恵があきらかに必要ですが、今まで双方で協力してこなかったのですかね。少なくとも学術面では怠慢だと感じます。(土木業者もこれからは“いらない道路”ではなく林道整備でご飯を食べていけるかもしれないしね)(2010/03/16)

熊と猪と鹿しか使わない道路とかいわれそうですが、林道整備も必要ということですねえ。舗装とかの付帯工事がなくて、政治献金できるうまみがなかったということなのでしょう。(2010/03/16)

これは一次産業全般に言えるのかも知れませんが、日本人は自然を効率的に生産を上げるための資源として扱うことを避けているようです。むしろそういう考え方は卑しいものとして忌避しているとすら思える。食べ物を作っているというだけで農民をやたら神聖視するのもそのためでしょう。記事を読む限りでも、日本は所詮、切った後には植林するというレベルで止まっていて植林した木を数十年後に収穫するという思考が無かったのに対し、ヨーロッパでは木を効率的に収穫するために機械をいかに入れるかという視点で林道まで整備していたというは驚く点でした。これはやはり、アダム・スミス以降、限られた資源で高い収益を得るという経済学の理論がヨーロッパで進化したことと無関係では無いように思えます。(2010/03/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長