• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第9回 あなたのキャリアをA×B=スペシャルCに変える

たとえば「従来のキャリア」→「異なる業界」で高く売る

  • 武田 斉紀

バックナンバー

2010年3月15日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

組み合わせ方は全部で7つ

 前回の第8回では、「あなたのキャリアは、すでにオンリーワンですよ」という話をした。一人ひとり異なるキャリアを、業種や職種を一旦はずしてみることで、様々な活かし方が見えてくることをお話しした。さらに、業界・職種も、分解すれば可能性は広がる。

 今回はその続編とも言えるが、「一人の中の複数のキャリア(今後も含めて)を組み合わせることで、オンリーワンが見つかる」という話をしたい。

 自分のこととして読まれる方には、前回と合わせて、「そうか、自分のキャリアも捨てたものではないのだな」と思っていただけると思う。経営や人事部門の方は、個人のキャリアをどう判断し、活かしていけばいいかのヒントとなればうれしい。

 ここでいう「一人の中の複数のキャリア」とは、必ずしも別会社でのキャリアを意味しない。同じ会社で複数の仕事を経験していてもいいのだ。5年、10年と働いていれば、たとえ同じ部署にずっといたとしても、仕事内容が一切変わりませんでしたという人はほとんどいないのではないか。

 これまでの働き方のスタイルも様々でいいし、プラスに活用すればいい。たとえば、あなたの目指す未来の仕事に期間限定のニーズが次々とあるのなら、業務委託契約でも不安はない(後で紹介するパターン(1)のAさんなどがそうだ)。時間を自分でコントロールできるから、これまで以上にオフも楽しめる。

 大切なのは、経験してきた仕事の中身をどう見るかだ。

 キャリアの組み合わせパターンは、現在私が整理している限りで7つある。他にもあるかもしれない。あれば、ぜひコメント欄に書き込んで、教えていただければ幸いだ。

<キャリアの組み合わせ7パターン>
◆パターン(1) 【一点突破】
◆パターン(2) 【2職種組み合わせ】
◆パターン(3) 【業界転換】
◆パターン(4) 【職種×何かのセグメント】
◆パターン(5) 【顧客特化】
◆パターン(6) 【マルチプレーヤーだけどスペシャリスト】
◆パターン(7) 【プライベートとの接点】

 今回と次回の2回にわたって、全7パターンを、実例を挙げながら順次ご紹介していこう。

 読者のみなさんのキャリアはいずれかの一つにしか当てはまらないというわけではないと思う。2つ3つと当てはまる組み合わせパターンが見つかるのではないか。

 もしも行き詰まったら、前回第8回の記事を再読いただき、業界や職種の固定観念を捨てて、もう一度自分自身の職務経歴書を作成し直してみてほしい。きっと何かヒントが見つかると思う。

コメント0

「武田斉紀の「よく生きるために働く」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

プロフェッショナルとして、勝負どころで安易に妥協するなら仕事をする意味がない。

手嶋 龍一 作家・ジャーナリスト