• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ドラッカーに影響を与えた『論語』は“お笑いのネタ”?

渋沢栄一を経てグローバル化した『論語』の旅をたどる〈1〉

2010年3月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close


前回から読む)

 現代の英米において、『論語』や孔子は、お笑いのネタにされつつ、尊重もされているという、ちょっと不思議な受け入れられ方をしています。まず英語には、こんな冗句の慣用句があるのはご存知でしょうか。

 「CONFUCIUS SAYS」

 訳しますと、「孔子がおっしゃるには」となりますが、この慣用句に続けるのは、

・当たり前の内容を
・わざと文法を間違えて
・大袈裟に言う

 という文章なのだそうです。そして、会話している同士でゲラゲラ笑う――。

 これを説明してくれたカナダ人の女性は、「決して馬鹿にしているわけではないですよ」と言っていましたが、まあ、お笑いのネタに使われる程度の認識なのも事実なんですね。

 ところが、経営学のジャンルに目をやりますと、近年の論文にはこんな内容のものが出てきています。

・it is argued that Confucian Ethics is able to provide some unique philosophical and intellectual perspectives in order to forge a richer understanding and analysis of the field of contemporary Business Ethics.

 現代のビジネス倫理の分析とより深い理解の進捗のために、儒教はユニーク、かつ哲学的、理知的な考え、見方を提供しうるものである。(Gary Kok Yew Chan [2008], The Relevance and Value of Confucianism in Contemporary Business Ethics, Journal of Business Ethics)

・Confucian ethics underlie much of Drucker's writing.

 儒教はドラッカーの多くの著作の基礎となっている。(Edward J. Romar[2004] Managerial Harmony: The Confucian Ethics of Peter F.Drucker, Journal of Business Ethics)

いかに受容されグローバル化の要素を組み込んでいったか

 特に前者のような論文は、金融危機以後、経営倫理を復興しようという風潮のなかで、アリストテレスの再評価とともに増えてきたとのこと。こちらの立場における『論語』や儒教という存在は、経営倫理や商売道徳の基盤として高い評価を与えられています。

 一方でお笑いのネタ、一方で経営倫理の基盤。このまったく異なる評価の背景にかかわってくるのが実は日本の資本主義や実業界の父と呼ばれる渋沢栄一の活動でした。今回から数回にわたって、2500年にわたる『論語』受容の旅――『論語』はそもそもどのような教えであり、それがいかに日本に受容され、渋沢栄一という分岐点を経て、グローバル化の要素を組み込んでいったか――を追っていきたいと思います。

 まず、本題に入る前に『論語』に関する基礎知識を、簡単に触れておきましょう。

コメント15

「明治の男に学ぶ中国古典」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長