• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本に林業の専門家がたくさんいるという“ウソ”

森林組合は、森林管理の担い手となるべきである

  • 梶山 恵司,戸矢 晃一

バックナンバー

2010年3月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 新政権が昨年末に発表した新成長戦略および森林・林業再生プランは、10年後の木材生産量を現行の1800万立方メートルから4000万~5000万立方メートルに引き上げること、これによって木材自給率を現在の24%から50%以上に引き上げることを目標として掲げている。

木材の国内自給率50%を目指して

 そこでよく指摘されるのが、それだけの材を出したら山が丸裸になってしまう、そもそもそれだけの材の需要はあるのかという点である。結論から言うと、その心配は杞憂であり、需給ともに全く問題ない。

画像のクリックで拡大表示

 まず、供給については、現在でも路網がない、技術力がないなどで間伐して山に放置されている材が2000万立方メートル存在している。これに生産され利用される木材1800万立方メートルを加えれば、4000万立方メートル近い材が今でも伐採されていることになる。つまり、10年後の目標とする木材生産量の下限は、伐採量だけを見れば、現在でもほぼ達成されているということだ。それでもまだ間伐が必要とされる山は無尽に存在するといっても過言ではないほどである。このことは、5000万立方メートルの木材生産でも日本の森林を適切に維持管理するにはまだ不十分であることを意味することにほかならない。

 そもそも日本の森林の年間成長量は1億立方メートルを超えており、これに伐採された材を加えれば、実質1億4000万立方メートルは成長している計算になる。森林は成長量の7割前後を定期的に伐採しなければ健全に維持することはできず、これから逆算すると1億立方メートルという数字が導き出されるが、木材生産量5000万立方メートルとしたのは、手を加える必要の希薄な森林もあることなどを勘案したうえで、向こう10年間の現実的な目標設定としたためである。

 他方、木材需要については、「自給率24%」がすべてを物語っている。つまり、需要そのものは巨大であり、要はいかに外材のシェアを国産材に置き換えていくかの問題であるということである。この点については、次回にて詳しく分析することにする。

大半の森林所有者は林業から離れている

 木材生産量5000万立方メートルは、間伐面積に置き換えると、80万~100万ヘクタールとなる。これは四国の半分以上に相当する面積である。日本の人工林面積は1000万ヘクタールであり、間伐のサイクルを10年とすれば、この面積はまさに、年間の必要とされる間伐面積ということにほかならない。現状、間伐面積は30万~40万ヘクタールで推移していることから、この面積を倍以上にするということだ。

 これだけの面積を処理していくためには、生産性の高い林業機械が不可欠である。この点、日本の「林業機械」とされているものは、実は本来の林業機械とは似て非なるもので、生産性の向上に限界があることは前回分析した通りであるが、この秋には、欧州製の本格的な林業機械の導入が始まる。

 そうなると、機械1セットで年間200~400ヘクタールを間伐できるようになる。間伐のローテーションを10年として、機械1セットで2000~4000ヘクタールを処理できるということだ。こうした機械の普及が進めば、5000万立方メートルの木材生産も到達圏内に入ってくるだろう。

 もっとも、そのためには、事業量を確保することが大前提である。

 現在の森林所有者の大半は相続で山林を所有しており、林業とは全く別の仕事についている、故郷を離れて都市部などに暮らす不在村地主であるなどで、自ら林業の担い手となるのは困難である。こうした森林の多くは数ヘクタール以下で、境界も複雑に入り乱れていることが少なくない。

コメント6件コメント/レビュー

杉やヒノキだけでなく、日本古来の広葉樹や竹の利用も考えて欲しい。日経の各種記事に賛同しても、賛同した読者は何をすればよいのか。具体的に一般人が協力できる仕組みも考えてみてください。経歴を見れば、実現できる場所にいるようなので、現状は頑張ってくれと言うしかない。(2010/03/30)

「誤解だらけの日本林業」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

杉やヒノキだけでなく、日本古来の広葉樹や竹の利用も考えて欲しい。日経の各種記事に賛同しても、賛同した読者は何をすればよいのか。具体的に一般人が協力できる仕組みも考えてみてください。経歴を見れば、実現できる場所にいるようなので、現状は頑張ってくれと言うしかない。(2010/03/30)

日本の森林組合で法の目的に沿い森林所有者のために事業を行っている組合はほとんどないのではないか。私も10haほどの小規模の山林所有者で組合員であるが、組合にお世話になったことは一度もない。その実態は林野関係補助金の末端の受け皿。それが組合員のために使われれば良いが、一定の面積のまとまりが必要なため、圧倒的多数の小規模所有者は相手にしない。意見具申に疲れ「正しい姿」のあたらしい組合を設立しようとしたら地元自治体から猛烈な抵抗で挫折。国が相当の決意で抜本的な改革を行わなければこの国の林業に未来はないとあきらめてきたが、「林業再生プラン」の議論が進み出した。期待はしているのだが、既存の森林組合のそのモチベーションと能力ではたして改革できるのだろうか。(2010/03/30)

林業が今後成長産業になるとの見解、新鮮な驚きを持って拝見しました。一般に言われている「常識」を、信じていましたが、必ずしもそうではないのですね。各地で林業を含めた里山再生・活性化の動きがあると認識しており、そのようなことも含めて、林業が発展する余地があることは十分に感じました。ただ100年を見越しての政策を実施するとして、若い世代が生計を立てられる収入が得られるのはいつ頃からでしょうか。5年後位に特定地域でのモデルケースとしてでも導入というなら、大学の専門過程での教育・就業支援、という流れが可能にならないでしょうか。また、関心がある都会人が協力できる活動(ボランティアだけでなく、資金提供など含め)は何があるでしょうか。そのような点も含めて教えて頂けると、さらに興味を持てると思います。(2010/03/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長