• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第1話/「私を採らない企業なんて、大キライ!」

2010年4月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「受けても受けても、落とされてばっかり。これじゃ就職活動じゃなくて、『不採用活動』ですよ」――

 そんな就活生の声を、何度耳にしたことか。苦しいよね、分かる分かる。そんな風に話を聞くたびに、自分の就活時代の記憶が鮮明によみがえってきます。

 今春、就職できない若者は30万人を超えたといわれます。2008年秋のリーマン・ショック以降、急速に冷え込む新卒市場。企業は、コストを抑えるため新卒斬りに走る。新鮮な発想、成長の可能性を秘めた若者を職場からはじき出す。そんな状況を生み出している日本企業に、明るい未来はあるのでしょうか。

 バブル崩壊後の就職難に見舞われた、いわゆる「ロスジェネ」世代のワタシ(日経ビジネス記者)が、今どきの就活事情について(恐れ多くも)モノ申したいと思います。この連載は2010年4月12日発売の日経ビジネスの特集「新卒採用で伸びる会社」のプロローグとして、採用される側の視点に立った内容を掲載していきます。4月12日号特集記事も是非、ご覧下さい。お申し込みはこちらです。

 桜、満開。春到来。

 「日経ビジネスオンライン」読者の皆さんの中には、先週末はビール片手に花見を楽しんだという方も多いのではないでしょうか。

 そんなサラリーマンの軽やかな気分とは裏腹に、暗い色のスーツを着た就職活動中の学生の心は、いまだ冬模様のようです。

 一説によると、2010年3月の大学卒業生は、就職留年組を含めて16万~17万人が就職できなかったそうです。高校生も合わせれば、その数は実に30万人規模。一方で、「2011年春卒業予定の学生たちの就職は、一層厳しくなりそう」との声も聞こえてきます。

 今ここに、新たな「失われた世代」が続々と誕生しようとしています。

「就活デモ」発生! 就活は「くたばる」のか?

「そうそう瀬戸さん、就活デモの話、聞きました?」
 ......えっ? ナニナニ何それ?

「就活のバカヤロー」「就活紛糾!」--勤労感謝の日に行われた「就活デモ」。プラカードを掲げて早稲田を練り歩く学生たち

 4月12日発売の本誌特集「新卒採用で伸びる会社」の取材で、就活中の学生たちに話を聞いていたときのこと。勉強不足なワタシに、ある東大生が「就活くたばれデモ」なる学生たちの小さな反乱について教えてくれました。何でも、就活に疑問を呈する学生たちがプラカードを持って、街中を練り歩いたというのです。

 北海道大学文学部在学生の提唱で始まった通称「就活くたばれデモ」は、昨年の11月23日、勤労感謝の日に行われました。

「嘘つき合戦の就活はやめろー!」
「就活始まるの早いぞー!」
「面接官、偉そうな態度取るなー!」
「俺たち全員採用しろーー!!」

 就活に対する不満をぶちまけよう! そんなインターネット上の呼びかけに、北大クラーク前にはスーツ姿の学生たち約20人が集結。小さなデモ集団は、「面接多すぎ」などと書かれたプラカードを持って北大クラーク前を出発、これまた小さなシュプレヒコールを揚げながら、札幌市中心部を行進したのでした。

コメント72

「会社が凍る 就職★年目女子のつぶやき」のバックナンバー

一覧

「第1話/「私を採らない企業なんて、大キライ!」」の著者

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック