• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第2話/「就活ネットのバカヤロー!」

2010年4月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 第1話から読む

 3月中旬、学生たちの就職活動真っ盛りの、ある日のことです。夜中の1時を過ぎた頃、その事件は起きました。

 就活生の約9割が使っているというクチコミ就職サイト「みんなの就職活動日記」。略して、「みん就」にある某大手メーカーのページ上で、就活生たちが怒りの声を荒げたのです。

 某メーカーが採用面接の結果通知を約束の日までに送らず、連絡が来た(しかもメールで)のが翌日の午前1時になってしまったのです。就活生たちは、約束を守らず、しかも「非常識な時間帯」に送って来るとはどういうこと?とおかんむりです。

 例えば、約束の日が明けた直後には、こんな書き込みがありました。

「就活生はダメで、社会人だといいのですか?」

 「結果が遅れてすいません、本日中には送ります、とメールが来ましたが、もうその本日が終わってしまいました。この企業からは、やる気がまるで感じられませんね...」

 この書き込みの1時間後。その企業の採用担当から連絡が来た学生が、報告を兼ねて書き込みます。

 「連絡来ました。夜中の1時に通知するってちょっとどうなん...って思います(^-^; しかもお祈りされました(注:『今後のご健闘をお祈り申しあげます』といった言葉で締めくくられた、不採用通知メールが届くこと); あ~かなしい」

 気持ちを同じくする就活生が、上記の書き込みにレスポンスします。

 「新卒を採用する気があるんでしょうか? かなり扱いがひどいと感じています。経営統合で新卒はいらないという雰囲気にしか、私には感じられません」

 エトセトラ、エトセトラ...。採用担当から送られてきた「お祈りメール」には誤字も含まれていたらしく、さらに怒りはヒートアップ。新たな参加者も続々と加わり、掲示板は炎上寸前です。

就活サイトには、企業の対応に息巻く就活生たちのコメントが続々と…企業にとっても油断できない存在である
画像のクリックで拡大表示

 まあまあ、そんなに怒らなくても。採用担当の人たちだって、このご時世だからこそ、いい人を選別するには時間がかかるし、他の仕事もあって忙しいのよ――。

 うっかりそんな風に思ったワタシの心の内を見透かされたのか、こんなコメントもありました。

コメント42

「会社が凍る 就職★年目女子のつぶやき」のバックナンバー

一覧

「第2話/「就活ネットのバカヤロー!」」の著者

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授