• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

最終話/「ニコちゃんマークでビクトリー!」

2010年4月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 第1話から読む
 第2話から読む
 第3話から読む
 第4話から読む

 取材の合間に立ち寄ったカフェで、隣に座ったリクルートスーツ姿の男子学生がA5版のノートを眺めていました。と、そこに彼の携帯電話が鳴ります。

 「あ、もしもし...あ、ハイ、ありがとうございます。いや実は先ほど、他の会社さんからも内定をいただきまして...あの、(クレジット会社大手)と▲▲(中堅金融)なんですけど...あ、すみません。では、失礼します」

 頭を下げながら電話を切った彼。おもむろにカバンの中から取り出したのは、ニコちゃんマークのシールがたくさん並んだシートです。その中から一つを剥がし、ビッシリと文字が書かれた大学ノートの一番上の欄、内定をもらった企業名の横にペタリと貼りました。

 このご時世でも、優秀な学生は企業間で取り合いになるものなんですね。普通のオトコノコに見えるその学生を、横目でチラチラ見るワタシ。一体、なかなか内定をもらえない就活生と何が違うのかしら(一見しただけでは、いまいちピンと来ない)。

「みんな、分かっていないなあ」

 4月も半ばに入り、来年4月入社を目指す学生たちの就活もいよいよ佳境を迎えつつあります。「内定、もらいました」という報告と同時に「複数の企業さんから内定をもらって。どっちを選ぶべきか、迷っています」。そんな羨ましい悩みも聞かれるようになりました。

 一方、企業の方々にとっては「内定を出した学生が果たして当社に入社してくれるのだろうか」と、気が気ではない時期かもしれません。

 就職氷河期ゆえの、一極集中型採用。この状況は2011年度も続きそうな気配です。

 そうした中、優秀な人材を育成し、採用するにはどうしたらいいのでしょうか。最終回の今日は、就活のプロとして知られる楽天「みんなの就職事業」事業長の矢下茂雄さんに、企業、教育、家庭が取り組むべき課題について語っていただくことにします。

コメント10

「会社が凍る 就職★年目女子のつぶやき」のバックナンバー

一覧

「最終話/「ニコちゃんマークでビクトリー!」」の著者

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員