• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

これって、本当に“命を守る”改正?

改正労基法をメディアが報道しない不思議

2010年4月22日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「仕事と生活の調和を大切に。」というキャッチフレーズの下、改正労働基準法が4月1日から施行された。

 労働者の残業を減らすのが最大の目的とされる今回の改正には、有給休暇の取得を促進するとの期待もあり、企業の職場は働きやすいものへと“変わるらしい”。

 “変わる”と言い切らずに、“変わるらしい”と書いたのは、「本当に働きやすくなるのか?」と疑問に思うからだ。

 労働基準法といえば労働者を守る法律であり、働くだけでなく生きていくためにも大切な法律だ。にもかかわらず、これまでメディアは改正労働基準法についてほとんど報じていない。

 地方自治体などが自主的に企業の人事担当者などを対象とした勉強会を開いたりしているようだが、当事者であるビジネスパーソンには積極的に知らされてはいない。ともすれば、彼らを苦しめる方向に向かう可能性もあるのに、である。

 そこで今回は『改正労働基準法』について、考えてみる。

改正労働基準法の3つのポイント

 まず今回の改正のポイントは、次の3つに分けられる。

(1)月60時間を超える残業に対する賃金の割増率の引き上げ
(2)残業時間に応じた代替休暇の取得
(3)年次有給休暇の時間単位の取得

 これまではどんなに残業をしても一律25%以上だった賃金の割増率が、月60時間を超える残業については50%以上に引き上げられた。ちなみに改正されるのは残業時間のみで、休日労働の割増率(35%以上)や深夜労働の割増率(25%以上)は変更されていない。

 今回の改正の“目玉”とされているのが、(2)の代替休暇の取得だ。

 これは、残業時間の“対価”を、おカネではなく休暇としてもらう制度である。事業場内で労使協定が結ばれれば、60時間を超える時間外労働を行った労働者は、改正法による引き上げ分(従来の25%以上から50%以上に引き上げた差分に当たる25%分)の賃金を受け取る代わりに、有給休暇を取得することができる。

 例えば、時間外労働を月76時間行ったとしよう。60時間を上回る16時間に対する割増賃金のうち、今回の改正による引き上げ分(=25%)については、「16時間×0.25=4時間」分の有給休暇に代えられる。ただし、改正前からの割増率(=25%)分の賃金の支払いは依然として必要だ。さらに、労働者が実際に有給休暇を取得しなかった場合には、割増率50%の賃金の支払いが必要となる。

 この有給休暇で代替する制度を盛り込んだ背景について、厚生労働省は「残業代の支払い負担が増えることによって、事業が立ち行かなくなることを避けるため」としている。

 最後の(3)は、これまで1日単位が原則だった年次有給休暇の取得を、5日を限度に時間単位で分割して取得できるようにするものだ(ただしこれも事業所内で労使協定を結んだ場合に限られる)。

 時間単位での取得を可能にすることで、介護や子育てなどにうまく利用できれば、と考えたらしい。

 既にパナソニックや大日本印刷では、労使が有給休暇の時間単位取得で合意した。一方、トヨタ自動車では、「残業代は働いた分をきちんと賃金でもらうもの」として、労働組合側が代替休暇の取得を見送った。

 問題は、今回の改正が適用されるのは大企業だけである点だ。中小企業は今回の改正法施行の3年後をめどに適用を検討することになっている(中小企業かどうかは資本金の額または常勤の労働者の人数で判断される)。

コメント25件コメント/レビュー

性善説を取るか性悪説を取るかだと思います。意識を変えて残業を減らすことは私は不可能だと考えます。ここは性悪説で、いろいろな方法で圧力をかけるしかないと思います。法律で規制するばかりがよいとは思いません。だから、残業をさせると損をするような法律を作ることが肝心だと思います。使っている下請け企業の残業時間を公表させるようなことも有効かもしれません。男性の育児休暇の取得率が低いのは、意識が低いからでも職場の雰囲気が取らせないからでもありません。育児休暇を取ると不利になるからです。そのことははっきり自覚すべきです。本当に男性の育児休暇の比率を上げたいなら、時限立法でもよいから育児休暇を取ったことがない人は役員になれないと商法で決めるぐらいのことをしないとダメでしょうね。(2010/04/22)

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「これって、本当に“命を守る”改正?」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

性善説を取るか性悪説を取るかだと思います。意識を変えて残業を減らすことは私は不可能だと考えます。ここは性悪説で、いろいろな方法で圧力をかけるしかないと思います。法律で規制するばかりがよいとは思いません。だから、残業をさせると損をするような法律を作ることが肝心だと思います。使っている下請け企業の残業時間を公表させるようなことも有効かもしれません。男性の育児休暇の取得率が低いのは、意識が低いからでも職場の雰囲気が取らせないからでもありません。育児休暇を取ると不利になるからです。そのことははっきり自覚すべきです。本当に男性の育児休暇の比率を上げたいなら、時限立法でもよいから育児休暇を取ったことがない人は役員になれないと商法で決めるぐらいのことをしないとダメでしょうね。(2010/04/22)

民主党の支持基盤である、政治闘争も経済闘争もしなくなった労組の数少ない組合活動のネタとして、また、会社経営者は時間外労働削減による労務費の節約をもくろんだ結果、労使の利害が一致した結果のように見受けられます。河合様のおっしゃる通り、マスコミはもっと問題提起してほしかったですね。政府民主党は何事も民意を反映したものとおっしゃいますが、本当にそうなのか分からないことだらけですよね。今必要な対策は子供手当てなんかではなく、本当に景気を回復させる、財政再建を実現する大人への手当てが必要でしょう。話を戻すと、日本の平均的な労働環境でさえもそんなに甘くないですよ。労使共に冒頭の意識ですから。(2010/04/22)

<<雇用主に罰則規定はないのだから……。>>まあ、これが全てです。違反しても罰則規定がないという間抜けな法律が役に立つはずがない。なぜ日本にはこのように「罰則規定がない」法律が山ほどあるのだろうか。官僚が日本をコントロールするためである。官僚が行政指導というさじ加減で自分たちの好きなようにコントロールするために明確な罰則規定を設けないのである。この国は法治国家ではないな。だから<<罰則規定がない>>法律を延々と語っていても意味がない。企業は基本的に罰則規定のない法律は都合の良いように破る。破られることがわかっている法律を論じても仕方ないであろう。(2010/04/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員