• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

episode:53
「がんばったけど80点しか取れませんでした、というのは仕事ではあり得ない。」

  • 阿川 大樹

バックナンバー

2010年5月11日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回までのあらすじ

老舗 大日本鉄鋼の3人だけの部署、第三企画室は新会社オルタナティブ・ゼロとして独立した。旭山隆児(あさひやまりゅうじ)は社長、風間麻美(かざまあさみ)は第三企画室室長、楠原弘毅(くすはらこうき)は次長だ。風間のプロジェクトは、オートバイの整備をするガレージ村。そこにやってきたカメラマン進藤は、風間の元彼だった。

【登場人物の紹介はepisode:zeroをどうぞ】

画像のクリックで拡大表示

「飛ばしすぎるなよ」

 旭山隆児はバルコニーから京浜工業地帯を見ている風間麻美の背中に声をかけた。

 ガレージ村が本格的にスタートして、風間のエンジンは全開になっている。部下が輝いているのを見るのはうれしいものだ。けれど彼女がつくため息を聞く回数も増えている。息を止めて全速で泳いでいる心が、水面で酸素を求めているようだ。

 東の景色を見ていると、西に傾いた太陽が照らし出す建物のコントラストが美しい。

「すっかり定位置を取られちまったな」

 そういうと振り返った風間が笑顔を返す。

「すみません。バルコニーは旭山さんのとっておきのリラックススペースでしたね。旭山さん、最近、タバコおやめになったんですか?」

「特にやめるつもりはないが、値上げに備えて減らしてる」

 話を合わせたがそれは正確ではない。以前ほど身体がタバコを求めなくなったのだ。

「健康的でいいじゃないですか」

「まあな」

 高校生の時からタバコを吸っている。習慣性があってやめるのが難しいといわれているタバコを、身体が求めなくなっている。それがほんとに健康的なのかどうかわからない。なんにせよ、時間は人の心も体も変える。自然にできるところは自然にすればいい。

「久しぶりに野毛、行くか」

「絶好のタイミングでわたしが断れない誘いを……」

「抜け駆けすると楠原が怒るかな」

「彼、近ごろ、オフィスに居着きませんからね。ちょっとふっきれて自分の方向が定まったみたいで」

 ガレージ村のスタートのために駆り出されていた手伝いから解放されて、彼は彼で湾岸の物件を探しに飛び回っている。

「日本のアポロシアターを作りたいんです」

 楠原はそこに戻っていた。

 一週間の「出社禁止」からそろそろ一年になる。

 ガレージ村も、その時、風間がバイクで千葉に出かけたことから始まっている。楠原も散々迷いながら、結局、元に返って音楽を基本に据えてみることに落ち着いたようだ。

コメント3

「第三企画室、出動す ~ボスはテスタ・ロッサ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官