• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

vsアマゾン、物流で挑む楽天の算盤勘定

世界に類を見ない「分散型」の体制を目論む

  • 大矢 昌浩

バックナンバー

2010年5月18日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 楽天が物流インフラの整備に本腰を入れる。

 約8000坪の倉庫スペースを千葉県市川市塩浜に確保した。物流不動産開発のプロロジス(東京都港区)が所有する汎用型物流施設「プロロジスパーク市川I」の4階で、アマゾンジャパン(東京都渋谷区)の「アマゾン市川フルフィルメントセンター」とは目と鼻の先だ。

 今年3月に100%出資で設立した物流子会社の楽天物流が新センターの運営に当たる。同社は5月中に倉庫業および貨物利用運送業の申請を済ませ、仮想商店街「楽天市場」の出店者を対象とした物流事業を開始する。

全国の出店者の物流をネットワークする

 これまで楽天は、物流機能をアウトソーシングやアライアンスで手当てしてきた。自社で在庫を抱えることも避けてきた。

 2008年5月には楽天市場の出店者のフルフィルメント(注文充足)を代行する「楽天物流サービス」を開始したが、その運営は楽天と業務提携を結んだ全国各地の協力物流会社への委託。

 自社で通販事業を運営する楽天ブックスにしても、出荷処理や在庫の所有は取次大手の日本出版販売(日販)に頼っているのが現状だ。

 しかし今後は新センターに楽天ブックスの物流機能を移管し、売れ筋の書籍に関しては楽天自身で在庫を所有する形に改める。

 そして新センターの配送エリアとなる首都圏では、注文を受けたその日のうちに消費者に商品を届ける当日配送を年内にも開始する。

 今後は市川と同様の機能を備えた自社センターを、大阪をはじめ他の主要都市にも展開し、当日配送エリアを拡大していく計画だ。

 さらには楽天市場に出店する約3万2000店の通販会社と全国の消費者を結ぶ、大規模なBtoC(企業-消費者間)物流のネットワークを整備する。

 アマゾンをはじめ従来のBtoC物流は巨大な物流センターに在庫を集め、自動化設備を駆使して受注から出荷までの作業を集中処理する体制を取ってきた。

 しかし、楽天市場の出店者は全国に分散している。しかも、地方の名産品やこだわりのあるニッチ商品を売り物とするロングテール型の小規模店が多い。

 身近に在庫を置いて常に商品と接していたいというニーズが強く、商流と物流を分離してしまうとマーチャンダイジングに支障を来しかねないとの懸念がある。

 そのためアマゾン流の中央集権型の物流インフラが、楽天市場には馴染まない。そこで従来とは全く異なるアプローチを採ることにした。

 大都市の大規模センターとは別に、ネット通販専用の中規模センターを全国に配置し、各拠点間を幹線輸送便で結ぶ分散型の物流ネットワークを整備する。その概要は以下の通りだ。

 まずネット通販会社を規模別に3つに区分する。楽天ブックスを含む大規模店は消費地の大型センターに在庫を置いて、楽天物流がフルフィルメントを処理する。

コメント1件コメント/レビュー

ポイント目当てで楽天を良く利用しているので、こういう試みはうれしいです。同時に、各店舗の裁量の部分を絡めとられてしまいそうにも思えます。このシステムがどう展開してゆくのか追跡取材していただけませんか?(2010/05/18)

「すべては倉庫番が知っている」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ポイント目当てで楽天を良く利用しているので、こういう試みはうれしいです。同時に、各店舗の裁量の部分を絡めとられてしまいそうにも思えます。このシステムがどう展開してゆくのか追跡取材していただけませんか?(2010/05/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長