• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【第5回】“倒産しない『倒産』”を考える

  • 増渕 勝人

バックナンバー

2010年5月25日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 いつものように私は、私鉄沿線郊外にあるS駅に帰宅のため降り立ったが、階段を下り切った途端、辺りが暗いことに一瞬の違和感を覚えた。駅前にある食品スーパーのいつもの煌々とした明かりが消えていたのだ。店に近づくと大きな窓に張り紙があり、「破産」の文字が見える。債権者集会の日時も載っていた。「ここは便利だったのに…」。

 大幅な景気後退が続く中、何とか倒産せずに生き残る企業がある一方で、破産し消滅する企業もまた多い。その差はどこにあるのだろうか?

 「再生と破産の境目」が分かりにくい理由として、一つには、「倒産」という言葉が昨今曖昧に使われているせいかもしれない。

 例えば5月の連休中に元横綱・若乃花が設立した「ちゃんこダイニング若」が倒産したという情報が流れた(負債総額約4億4700万円)が、倒産した会社は「(株)ドリームアーク」であり一部料理店は営業を継続するとの記事も出たり、全くわかりにくい。また記憶に新しい大型倒産である日本航空は、法的には一度「倒産」したにもかかわらず、法的再生の枠組みの中で「会社の消滅」という意味での「倒産」はしないで、今まで通り営業を続けているという現実も、倒産という言葉をわかりにくくしている。

 “倒産しない『倒産』”とは、教科書的に言えば破産・清算ではなく、民事再生や会社更生などの再生型の債務整理のことを指す。私たちの仕事の中心である民事再生等の法的手続きによらない「私的再生」も企業の再建のための手法として確立されており、法的再生に準じた形で、スピーディーに金融機関等との調整を実現する“倒産しない『倒産』”手法と言える。

 また、「事業再生ADR」という昨今開発された手法に加え、第三者機関である整理回収機構や企業再生支援機構といった公的機関も、このような私的再生支援を推し進めるものである。なお、付け加えると、昨今は、英会話学校のジオスの破産処理のように、会社の清算を目的とする破産手続きの枠組みの中に、一部事業譲渡による事業の存続を掛け合わせた「再生型破産」とでも言うような特殊処理も見受けられ、様々な“倒産しない『倒産』”が可能となっている。

 さて、かれこれ10年以上企業再生に直接関わってきたが、残念にも再生せず途中で破産などに移行した企業も多く見てきた。その際、常に考えるのは、「再生の道と破産の道の分かれ道は、本当はどこにあったのか?」である。山で道に迷った時、登りであっても確実に自分の位置が分かるところまで戻るか、それとも、より里に近づくことが可能なように見える谷筋に下っていき、沢は必ず町につながると信じ、滑落するというセオリーに陥るか…。先を読む行動がいかに困難か、いつも考えさせられることである。

資金繰りに窮した会社の取るべき方法

 資金繰りに窮すれば、決算上は黒字でも倒産する。バランスシート上で債務超過になっても、資金繰りが大丈夫なら企業は倒産しない。だから、企業は、危機的状況に陥ると何とか資金を調達しようとする。

 しかし、銀行は毎年自己査定(格付け)という制度の中で貸出先の業況を詳細に分析し、債務者区分・ランクを結構厳しく判定しており、そのランクが劣化してしまうと、おいそれとは貸出を増やしてくれない。企業にとって、危機的状況時にどうしても資金調達しようとすれば、残された方法は(極言すれば)、何とか粉飾してでも好決算を装い銀行から資金を引っ張るか、それとも別な手段に頼るかしかない。

コメント1件コメント/レビュー

「本当の倒産は、悪でも何でもなく、経済活動の中での必然であり・・・」これは正論だとは思うが、現実的に中小零細企業の多くは経営者や家族が、金融機関に対して個人で債務保障しており、更には「連帯保証人」の存在が問題を大きくしている。破産してしまえば家を取られ、家族名義で借金してまで資金繰りに回した金は破産しても残ってしまう。そして連帯保証人にも迷惑を掛けてしまうのだ。中小零細企業の経営者にはセーフティーネットが存在しない。老後の為に貯金していても破産すれば一巻の終わりだ。このような制度では、精神的に追い詰められ幻想を見てしまう経営者が多くでるのも自明かと思う。(2010/05/25)

「企業復活! 斜めから目線で」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「本当の倒産は、悪でも何でもなく、経済活動の中での必然であり・・・」これは正論だとは思うが、現実的に中小零細企業の多くは経営者や家族が、金融機関に対して個人で債務保障しており、更には「連帯保証人」の存在が問題を大きくしている。破産してしまえば家を取られ、家族名義で借金してまで資金繰りに回した金は破産しても残ってしまう。そして連帯保証人にも迷惑を掛けてしまうのだ。中小零細企業の経営者にはセーフティーネットが存在しない。老後の為に貯金していても破産すれば一巻の終わりだ。このような制度では、精神的に追い詰められ幻想を見てしまう経営者が多くでるのも自明かと思う。(2010/05/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長