• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「萌え」は未来を予言する!

――秋葉原はいつアキバになったか?

2010年5月25日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2010年5月21日付、米国「サイエンス」誌電子版に注目すべき論文が発表されたようです(解説記事はこちら、また日本語による解説はこちらをご参照ください)。

 まだ第一報を見た段階で今この原稿を打っているのですが、人間が化学的に合成したDNA(遺伝子)の断片をつなげて作った「人工合成ゲノム」を、遺伝子を抜き取った「大腸菌の抜け殻」に注入して「人工生命」の増殖に成功したらしい。バイオは完全に素人の僕がこんなご紹介をするのもおこがましいのですが、あまりにもセンセーショナル、かつビジネスチャンスにも開かれたニュースなのに、なぜか日本語で多くの記事を見ない気がしましたので、今日はここからお話を始めたいと思います。

 いやはや、早晩来るとは思いながら、ああ、来るものが来てしまった、という観があり、早速ツイッターでも呟いてみました。

 発表代表者はクレイグ・ベンターで、アメリカが1990年代から国を挙げて取り組んできたヒトゲノム計画の立役者ですが、ゲノムの解読は準備段階に過ぎず、実際には読み解いた膨大な「人間1人分の設計図」 を、ゼロから分子を並べ替えて作り変えるところに(よくも悪しくも神をも恐れない!)この計画のポイントがある。科学技術の長期的戦略を知れば、誰でも認めるところでしょう。

 かつて冷戦後期、宇宙開発という果てしない「新たなフロンティア」獲得競争に米ソ両国は血道を上げ、それに大きく疲弊しました。ソ連~東側の体制そのものが崩壊した直後、米国~西側は次の「成長」を保証する「新たなフロンティア」を少なくとも4つ見出し、極めて戦略的な予算の注入を計画、実行します。それが「情報」「環境」「ナノテク」「ヒトを含む生命」にほかなりません。実は「脳」なんていうキーワードも、最後の「生命」の応用問題に過ぎないものです。この4つは既に10年以上前から「重点化項目」として日本の科学技術予算配分などにもビルトインされているもので、知る人は皆知るキーワードでもあります。

ゲノム:コップの中の終わりなき成長フロンティア

 地球上での土地の分捕り合戦が2度の世界大戦でこう着状態に入り、冷戦期「平面がダメなら垂直に目を向けよう」と目指した宇宙と大陸間弾道弾のパワーバランス。しかし宇宙空間は人間が背伸びするにはあまりにも広大すぎました。

 私たちの身の丈に合った、踏破しても踏破しても踏破し尽くすことのない「終わりなき成長可能なフロンティア」はないものか? そこで見出された成長可能エリアとして「IT(情報技術)」「バイオ」「エコ」「ナノテク」などを挙げることができます。

 地球上でフロンティアを目指すなら、仮に「未踏の荒野」と思われたアメリカの西部開拓やゴールドラッシュも、結局は1890年代に太平洋側のカリフォルニアまでつながってしまい、いつか「開拓」に終わりが来ます。20世紀に入り、アメリカのケースで考えれば「さらに西へ」とハワイ併合、フィリピン進出と太平洋戦略を繰り広げ、それが第2次世界大戦から現在の普天間までつながっているわけですが、よくも悪しくもこのラインでの「成長」は限界が見えています。

 1990年代、米国で考えられた成長戦略の1つは、半導体ベースの「仮想メモリ空間」であれば、いくら開拓しても終わりは来ないだろうという見通しでした。かくして、国を挙げて「IT革命」戦略が構想立案、実行完遂されて、私たちの社会はすっかり情報化してしまいました。たかだかここ15~20年の変化です。

 個人的には「IT革命」が「革命」足りえた、最も分かりやすい結果が「米国のバラク・オバマ政権」の成立だと思っています。この直前、100年に1度、か分かりませんが、膨らますだけ膨らませたネットバブルがファニーメイだリーマンだ、と次々に破綻してゆくのも、後知恵で考えれば自明の理でしょう。

 地上の私たちに賄うことが可能な実体経済には当然ながら限界があります。それと別に、メモリ上の仮想空間で数字だけ「資産経済」と称して膨らませても、限界があるのは明らかです。

 「IT」のラインで一定の「成長限界」が見えた時、果たして米国が次に切ってきたカードは? ・・・「グリーン」政策にほかなりません。これは大まかに「エコ」「ヘルス」2つのポリシーに分けられますが、各々ザックリと「エコ」→「環境」+「ナノテク」ヘルス→「ゲノム」+「ナノテク」という背景となる基幹競争力(コアコンピタンス)が準備されているものです。

 このいずれも、適切なタイミングで細かくお話できると思いますが、今は「ゲノム」~人工生命という「次のフロンティア」の観点から1つ前のフロンティア、既に敷設された情報ハイウエイ=IT環境上でのコンテンツ流通を考えてみたいと思うのです。

コメント14

「伊東 乾の「常識の源流探訪」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック