• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アフガニスタンが唱える「明るい展望」に違和感を覚えるワケ

1兆ドル相当の鉱物資源は、「本当の富」をもたらすのか

  • 谷口 正次

バックナンバー

2010年6月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 6月13日、米ニューヨーク・タイムズ(電子版)が伝えたところによると、アフガニスタンに現在の市場価値にして1兆ドル相当の豊富な未開発鉱物資源が発見されたという。

 米国防総省(ペンタゴン)と米地質調査所(USGS)の調査で分かったことで、発見された鉱物資源としては鉄鉱石、銅、コバルト、金、それに、今脚光を浴びている電気自動車やハイブリット車のリチウムイオン電池を作るのに必要なリチウムということだ。

 ペンタゴンの内部資料によると、アフガニスタンはこのたびのリチウムの発見で「“リチウムのサウジアラビア”になれる」と述べてあるそうだ。そして、説明を受けたハミド・カルザイ大統領も大喜び、早速ペンタゴンが支援して来年の秋までに採掘権益の国際入札を行うという。

 米政府高官も、「これで近代産業に欠かせない数々の鉱物資源を保有するアフガニスタンは世界の最も重要な資源センターの1つに変身することができそうだ」と語った。

 本件、日本の新聞にも載り、NHKのBS放送ではエネルギー経済研究所の人の解説で紹介していた。

フロントランナーとしての中国の存在

 筆者はニューヨーク・タイムズの記事やそのほかの報道に強い違和感を持つと同時に、また“資源は呪い(resource curse)”の罠にかかる国が1つ現れたと思った次第である。

 まず、なぜ違和感を持ったかと言うと、当コラム「アフガンで米国は戦争、中国は銅鉱山を取得」(2009年12月17日)を読んでいただければお分かりになってもらえると思う。

 アフガニスタンでは、既に資源争奪戦が行われており、2008年には、880億ドルの価値があると言われる世界最大級のアイナック(Aynak)銅鉱床の国際入札で、米国・ロシア・豪州・カナダ・インドと争って中国が採掘権益を鉄道・発電所などインフラ付きの35億ドルで落札している。中国がもう先取点を取っているのである。アフガニスタンの歴史上、最大の外国企業の直接投資ということだ。

 従って、このほど鉱物資源が発見され、権益の国際入札を来秋に初めて実施することになるというような発表はおかしいのである。大規模鉄鉱石鉱床についても、既に入札実施中ということである。

 そして、2009年11月19日には、中国の国有企業である中国冶金集団公司(China Metallurgical group=MMC)がアイナック銅鉱山の採掘権益を取得した際に、当時のアフガニスタン鉱山大臣ムハンマド・イブラヒム・アデル氏にドバイで3000万ドルの賄賂を渡したということをワシントン・ポストが報じている。その賄賂の効果があってか、中国はカブールの西方にある大規模鉄鉱石鉱床の開発案件の入札についても今フロントランナーであるという噂が飛んでいるのである。

 なにしろ「腐敗にまみれている」と言われるカルザイ政権である。世界の腐敗防止のために活動している、国際NGO(非政府組織)の「透明性インターナショナル(Transparency International)」による、世界180カ国政府の腐敗度ランキングで、アフガニスタンはソマリアに次ぐ堂々の第2位である。ちなみに第3位はミャンマー、日本は163位になっている。

 ヒラリー・クリントン米国務長官も、今年になってアフガニスタン訪問時、カルザイ大統領に腐敗防止を強く迫った。なにしろ、以前にも紹介したが、こんな笑い話があるそうだ。「ある時、政府高官がカルザイ大統領に『汚職撲滅の妙案が大統領にはおありだそうですが、その妙案を教えていただけないでしょうか』と問うたら、大統領は『教えてやるが、金をいくらくれるかと言った』」とか。それほど腐敗が激しいということか。

「日本に開発の権益を与える」と言うが・・・

 要は、今回の豊富な鉱物資源発見の報道はあまりに唐突であるばかりでなく、政治的意図を感じるのである。アフガンに資源があることはずっと以前から分かっていた。そして、なぜいまさらペンタゴンの発表か。それは、アフガンで米軍はじめ多国籍軍の兵隊たちが反政府勢力タリバンやアルカイーダと命をかけて戦っているところで、中国に資源を横取りさせるとは何事かという米国の怒りの結果であろう。

 カルザイ政権の腐敗ぶりに業を煮やした米国が、クリントン長官を派遣してカルザイ大統領に対して汚職蔓延を叱責し、早急な改善を要求していることが新聞に報道されたのも、資源の権益をめぐる中国との不透明な取引が関係していると言えよう。

 資源の権益をめぐっては、透明性ある取引によって鉱物資源を適正かつ公正に開発して、発展途上国の順調な経済発展を目指さなければならない。

コメント2

「資源ウォーズの世界地図」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック